2015/12/06

雪無しの毛無山

リハビリ企画で、山と「よしう(吉田うどん)」ツアー。

まず、昼しかやってない店「みうらうどん」へ。
(いつも山か沢の下山後=夕方なので、
昼しかやってない店には縁がない( ;∀;))

食後は、腹ごなしに、毛無山(河口湖畔のほう)をハイクアップ。
雪がついてない時に来るのはじめてだけど、
まっすぐの急登(標高差600m)で、振り返れば富士山どーん!
なので手頃で気持ちが良いお山です。
2015けなし

登りも下りもCTマイナス10分程度でしか歩けてないので、
お互いまだまだ完全な状態に戻ったとは言い難いですが、
まずはこうやって歩けるようになって良かった。( ;∀;)

下山後は、お腹がすいたので、また「海の家」でよしうを。w
楽しかった。gちゃん、ありがとー&復帰おめでとう♡
2013/05/05

百蔵山&扇山

今年のGWは前半はボランティア、
後半は数年ぶりに風邪をひいて遠出はしませんでした。
だいぶ良くなったので5月5日、ハイキングに出かけました。
晴れの予報だったので、秀麗富嶽12景の百蔵山と扇山へ。
生徒のKさんを誘って始発で猿橋駅待ち合わせ。
駅からのんびり歩いて登山口へ。
ここでうっかり違う方向へ歩いて行ってしまったので、
途中、仕切り直して、登山口に戻り、気軽な気持ちで登り始めたら、
これが結構登りごたえのある急登で驚きました。
一汗書いて百蔵山に到着すると、すでに富士山は雲の中。Orz
でも山頂の八重桜がとてもきれいで、うっとりと眺めました。
ここでしばらく休憩。
その後、隣にある扇山へ。
この縦走路もアップダウンが結構あって、想像より登りごたえがあります。
扇山までは静かな山道でしたが、扇山には人がたくさん。
ツアーで来ている若い人たちもいるようでした。
山頂に50人位はいたんじゃないでしょうか。
少し下がったところで昼食休憩。
そこから隣駅の梁川まで下りましたが、これまた結構距離があり。
富士山は結局見えなかったし、
「富士山が見える軽いハイキング」という誘い文句は大ウソに(^_^;)
累積標高差1000m超、歩行距離13km、と、
なかなか立派な日帰り登山だったようです。笑
ご一緒していただいたKさん、ありがとうございました。
7ee77bcab54b11e299ae22000a1f9c95_7.jpg

2008/11/19

岩殿山(ピストン)

午前仕事で夕刻から仕事となれば、あいてるのは午後しかなく、
本当なら秀麗富嶽12景の山のうち、
岩殿山以外の大月周辺の山を狙っていたのですが、
高速を降りたあとの国道が工事渋滞していたせいもあり、
時間切れとなってしまいました。

結局、岩殿山、それも岩殿山ピークだけを往復するという
なんだかすごく味気ないハイキングに。・゚・(つД`)・゚・
P1030972.jpg

P1030989.jpg

兜岩や稚児落としまではせめて行きたかったのになぁ。・゚・(つД`)・゚・

でも、いつ来ても富士山は壮大できれいです。

P1040008.jpg

今回は紅葉も見ごろでゆっくりこれたらどれだけいいかと思いました。

P1030977.jpg

P1030988.jpg

岩殿山はこじんまりとしてるけど、ほんとにいい山ですね。(^^)

2008/10/04

乾徳山

日帰りで乾徳山に行ってきました。

5時に自宅を出て、7時に登山口の駐車場を出発。

目標として、
「AM中に下山して中央道の上り渋滞が始まる前に帰る」、
というのを設定しました。

7時14分 登山道入り口

フシグロセンノウ
P1020697.jpg


7時37分 最初の銀晶水(湧き水、飲めるらしい)
P1020699.jpg

8時16分 2つめの銀晶水
P1020701.jpg


8時22分 国師が原

開けていて先がよく見えます。
P1020702.jpg

目指す山頂
P1020703.jpg


8時47分 月見岩

富士山が見えました!
P1020709.jpg

P1020717_20081004222955.jpg

ウメバチソウ
P1020716.jpg

8時51分 扇平

富士山
P1020725.jpg

アザミ
P1020721_20081004223011.jpg

トリカブト
P1020728.jpg

扇平のあとは急に岩っぽくなり、岩の峰にとりついていきます。


黄色いお花が群生してました。
P1020746.jpg

鎖、ハシゴ、岩の繰り返しで高度を上げていきます。

P1020743.jpg

P1020741.jpg

P1020735.jpg

景色は最高です。

P1020737.jpg

南アルプスも全部見えます。
P1020739.jpg

あと1山です。
P1020747.jpg

そして、山頂直下の鎖場

P1020762.jpg

P1020748.jpg

9時45分 山頂

CTでは3時間35分ですが、2時間45分で到着。
まずまずのペースです。

P1020759.jpg

P1020755.jpg


ちょっと休憩して、10時に山頂を出発。
その頃には、きれいに見えてた富士山もすっかり雲の中でした。

扇平から山頂を振り返る
P1020766.jpg

扇平で見つけたミヤマラッキョウ
P1020764.jpg


帰りに発見。マムシ草の実。
きれいなので、名前は気持悪いけど好きです。
P1020767.jpg


11時41分 駐車場着。
目標どおり、AM中に終わったのでほっとしました。


着替えて、勝沼ICに向かう途中、果樹園に立ち寄り、葡萄を買いました。
P1020774_20081004224033.jpg

そりゃ勝沼ですもんね、素通りはできません。(笑)
P1020773_20081004224026.jpg

14時までには都内に到着。
午後はゆっくり昼寝をしました。
こういう半日日帰り登山だと翌日に負担がなくていいなぁ♪
2006/11/12

塔ノ峰⇒明星ヶ岳⇒明神ヶ岳縦走(箱根)

きのうの雨にリベンジすべく、今日は風の強さを逆手にとって、景色のいい山に行くことにしました。
箱根にある金時山は有名ですが、その横にある明神ヶ岳、そしてその横にある明星ヶ岳を狙ってみたのです。
同行のEちゃんと私の電車の時間を勘案して、箱根登山鉄道の塔ノ沢駅から塔ノ峰に登り、そこから明星ヶ岳⇒明神ヶ岳に縦走、
景色のよい明神ヶ岳で昼ごはんをのんびり食べて下山、という計画に。

新宿発7時(始発)のロマンスカーで箱根湯本へ。
こういう特急に乗るのはワクワクする♪
湯本で乗り換えて1駅で塔ノ沢駅。
駅でEちゃんと合流して(となりの車両だった)歩き始める。
この時点でわかったこと。
なんと、この塔ノ沢駅の標高は165mだったということ。
つまり、今日登る明神ヶ岳は標高が1169mあるので、
実質の標高差が1000mもある、という想定外なことに。(笑)
金時山周辺だからってナメてたら、まるでこれじゃ夏に行った三股から蝶ヶ岳(北アルプス)だよ、と笑いあう。(三股から蝶ヶ岳の標高差は1200m)

塔ノ沢駅からあじさい寺である阿弥陀寺を通っていくのだけど、道がわかりにくい。2つのパーティに道を不安そうに尋ねられた。
尾根に乗るまで道標がほとんどなく、これは迷うだろうなぁという印象。
尾根に乗るまでは急登。
バテない程度に負荷をかけて登るけど、しんどかった。

塔ノ峰(566.3m)に到着。
sumP1010077.jpg


小休止してすぐ出発。
そこからいったん車の道に出て、またすぐに山に入る。
またもや急登で、休みながらなんとか登っていく。
この登山道は面白いというかトリッキーだ。
というのも、「あとちょっとでテッペンだ」と思わせる斜面が目の前に開けてるのです。
なのに、そこに到達するとまた別のデッパリに向かってどんどん道が登っていく。
何度も何度も騙されました。^^;

箱根の町が見下ろせ、大涌谷の湯気が見える尾根でちょっと休んでからすぐに、明星ヶ岳の頂上(923.9m)に着きました。(このように、どこが山頂なんだかわからないなだらかな傾斜が続くのです。)

sumP1010078.jpg


しかしこの山の山頂は狭く展望がまったくきかないので素通り。

そして本日の最終目標の明神ヶ岳〔1169.1m〕に向かいます。

目指す明神ヶ岳。(右の山)
sumP1010080.jpg


が、それまでにいったんかなり高度を下げなければならない。細かいアップダウンを繰り返しながら882mまで下げ、そのあと「鞍部」といわれる913mの地点まで到達します。

そこでシャリバテ気味だったので富士山や大涌谷を眺めながら食料補給。

富士山
sumP1010087.jpg


大涌谷方面
sumP1010086.jpg


雲のかかってた富士山から雲が剥がれていき、大分見えてきました♪
逆ルートで歩いてきた人から何度か羨ましがられます。
「私たちが上にいたときは富士山まったく見えなかったのよ」と。
そりゃぁもうEちゃんと私だもの。
行いがいいんだもの。w
だから絶対に富士山は見える。無欠の姿で見える!と自信を持ってました。w

ちなみにこの登山道、11月だっていうのにやたらと花が咲いてるのが印象的でした。
ツリガネニンジン(写真なし)
リンドウ
sumP1010083.jpg


マルバタケブキの白いやつ?
sumP1010088.jpg


そして最後の苦しい登りが45分。
もくもくと登り、ついに頂上到着!
sumP1010090.jpg


この山は本当に360度展望がよい山で前に来たときもこんなに見えたのですが、
今日も、富士山以外は見事な展望でした。

東京湾方面
sumP1010091.jpg


あとは富士山が見えるのを、食べながら待つことに♪

今日のお昼ご飯はEちゃんが用意してくれてました。
肉団子鍋です♪
加熱調理済みの肉団子と人参、スープをコッヘルにいれ、
そこに生の白菜、ネギ、シメジを追加、グツグツやってハフハフ食べます。
sumP1010094.jpg


そして具が半分ぐらいになったら、マロニーを追加♪
マロニーが煮えたら、ハフハフ言って食べて、
そしてその次が感動しました。
なんと、ご飯と卵にポン酢、それに芽ネギがありました。Σ(゚Д゚)
残ったスープにご飯を入れ、
sumP1010097.jpg


卵を割りいれ、ネギを散らし、おじやに。
sumP1010098.jpg

ポン酢を垂らしてハフハフ言って食べるシアワセな気分といったら!!!

超シアワセなお食事をいただいて満腹♪
日差しも暖かく、ほんとにシアワセな瞬間でした。
食後にコーヒーを沸かし、まったりと撤収。

写真を撮って下山します。
sumP1010103.jpg


富士山、見事に晴れ上がりました♪

sumP1010099.jpg

sumP1010100.jpg


黄金に輝く駿河湾
sumP1010104.jpg




下山は90分で最寄のバス停まで。

東京湾を見ながら歩く。
sumP1010106.jpg


なぜか途中でアジサイが狂い咲いていた。
sumP1010107.jpg


あっという間に下山しちゃいました。
ついた場所が最乗寺というお寺さんで、
かなり由緒がありそうな、樹齢がすごそうな杉がたくさん植わってました。
sumP1010111.jpg


そして、ここのシンボル?が天狗らしい。

実は私たち、天狗を見たんです。
明神ヶ岳への登り、狭い登山道(足場の悪いところ)を、
上から駆け下りてくる人がいました。
耳にはヘッドホン、Tシャツ、膝丈の短パン、袈裟懸けのカバン。。。
道を譲ると「どうも!」といいながら、飛ぶように(実際岩から岩へ飛んでた)駆け下りていきましたが、その彼の足元は、100円で売ってる安いビーサン。
ビーサンで岩がゴロゴロしている泥の道をパーンパーンと飛び降りていくのでした。
すれ違いざま「天狗か?!」と言ってしまったのですが、今にして思えば彼は天狗だったんだと思います。
もう1度会いたいなぁ。。。。

お寺のバス停のみやげ物屋で売ってた「巨大ユズ」
グレープルルーツぐらいの大きさがありました。
sumP1010112.jpg


バスで大雄山駅まで出て、そこから小田原まで電車。
小田原でEちゃんと別れて私は小田急ロマンスカーで帰途に。
待ち時間に小田原駅のみやげ物屋で買った「丸う田代」(店名)の「ちぎりあげ」(8個700円)が、 信じられないほどおいしくて、家に帰ったら瞬時になくなりました。Σ(゚Д゚)
こんなことならもっと買っておけばよかった!!!

Eちゃん、有難うございました。
そしてご馳走様でした。
とっても楽しかったです。(^^)

コースタイム
塔ノ沢駅8:55---9:55塔ノ峰10::00---11:46明星ヶ岳11:46---13:09明神ヶ岳14:33---15:55最乗寺バス停
累積標高差1291m