2012/03/04

伊豆ヶ岳~武川岳~二子山

春を探しに~奥武蔵をゆるゆるハイクのはずが、
「里山で6本アイゼン着装長距離歩行トレ」となってしまいました。(^_^;)

赤岳敗退で(´・ω・`)ショボーンとしていたので、
気分転換で春を探しに奥武蔵へ。
梅なんか咲いてたら癒されるだろうなと思って出かけました。

この界隈は自宅から電車で1本で行け、
うまく繋ぐと意外に標高差があって歩きごたえがあるので、
よくトレに使っています。

今回は、正丸駅~伊豆ヶ岳~山伏峠~武川岳~二子山~芦ヶ久保駅の周遊。
ゴールの芦ヶ久保駅で、産直野菜を買って、ずりあげうどんを食べて帰る計画です。

このコース、人様のGPSデータを拝見するに、

総歩行距離13km
累積標高差1400m
(一部伊豆ヶ岳登り部分のルートが違うがまあこんなもんでしょう)
まあちょっとキツ目のハイキングって感じかな?

朝7時半ぐらいの電車に乗って爆睡して、起きたら正丸駅。
9時位に駅を出発し、春を探しながら伊豆ヶ岳まで。

民家に梅が咲いてないかなぁとか探しながら歩いてたのですが、
もう3月だというのに梅も何もまったく気配がなくびっくり。
唯一福寿草だけが春の気配を感じさせてくれてました。
DSC02668.jpg


まだまだ木の芽も硬くて、せいぜいネコヤナギぐらい。

男坂は完全に凍っていて前爪がないので今日はパス。
女坂には崩壊のためエスケープルートが出来てました。
DSC02672.jpg


このエスケープルートに乗るあたりから、
足元がツルツルのアイスバーンと化していて、
それでもアイゼンつけずに頑張って登っていったのだけど、
山頂直下の急登だけはどうしても登れなくなり、
狭い登山道の滑る斜面の途中で6本を装着することに。(^_^;)

教訓:タイヤチェーンとアイゼンは早めにつけましょう。w

10時30分頃、山頂到着。
なんだかんだで15,6人の人が入れ替わり立ち替わり来てました。
アイゼンは、4本が7割、6本が3割というところ。

DSC02673.jpg


女坂崩壊のお知らせ
DSC02674.jpg


ちょっと休憩してから山伏峠へ向かいます。
DSC02676.jpg

途中、土と氷が交互に出てくるけど、面倒なのでアイゼンを外しました。

11時10分ごろ、山伏峠到着。
祠があって、新しい御赤飯が添えられていました。

峠は「最低コル」みたいになってて、またここからは登りです。
登るにつれ、まただんだん雪が深くなってくるけど、アイゼンがいるような凍結斜面はない。

12時20分ごろ、前武川通過。

檜の葉に霧氷がついててグレーグリーンになっていて
とっても好きな色合い♪
aDSC02697.jpg


苔に雪。
aDSC02684.jpg


シャクナゲに霧氷。
aDSC02686.jpg


檜に霧氷。
aDSC02693.jpg


枯れ木に霧氷w
aDSC02695.jpg


とか写真撮ってるうちに、ついた~!
aDSC02698.jpg


12時40分ごろ、武川岳到着。
aDSC02700.jpg


結構雪が深い。
aDSC02699.jpg

ここから先は、小さなアップダウンの繰り返し。
わりあい急斜面なところもあるのですが、
登山道を外してまだ踏まれていない雪の中を降りれば
アイゼンなしでも行けました。

ドライフラワーも凍ってる
aDSC02706.jpg


が、しばらく行くとさすがにもうアイゼンがないと滑りまくり、
時間節約のためにもまたアイゼンを装着。
つけたり外したりほんとにめんどくさーww

振り返ると、左奥の伊豆ヶ岳からずっと歩いてきた稜線。
aDSC02707.jpg


シカも歩いてるらしいw
aDSC02708.jpg


14時ごろ 焼山。
武甲山のてっぺんは雲の中。
aDSC02711.jpg


14時45分ごろ 二子山(雄山) 到着。
aDSC02714.jpg


ここで小休止。
面白い看板を見ました。
aDSC02712.jpg


15時10分ごろ 二子山(雌山) 到着。
ここからはずっと下り。
このルートの道標はまじで丁寧だw
aDSC02715.jpg


途中で見た看板シリーズ。
どうやら先ほどのNo.7が最終のようなのですが、
7枚全部は撮ってません。
面白かったやつだけ。

aDSC02716.jpg
aDSC02717.jpg
aDSC02718.jpg
aDSC02719.jpg



途中アイゼンを外して、沢で洗って、
16時15分ぐらいに芦ヶ久保駅にゴール。

ここにも看板が。
aDSC02720.jpg


そして埼玉県警グッジョブ!
aDSC02721.jpg

早く全県で出来るようにならないかな~。
早速携帯にブクマしておきました。


で、せっかく楽しみにしていた「ずりあげうどん」ですが、
直通電車の時間が迫っていたので、食べれず。(^_^;)
産直野菜だけ買って帰りました。

しかし実は、池袋線は人身事故でダイヤが大混乱。
いつになっても各駅停車が来ず、ほぼ1時間のタイムロス。(^_^;)
「帰宅するまでが登山」の教訓だったようです。
うーむ、色々と予想外の出来事の多い山行でした。
2012/02/14

地図読み講習会

一昨年12月の第一回の講習に続き、
新しいコース(登山道率10%、残り90%は道なきルート)を使って
第二回の地図読み講習が行われました。

平日バージョンと休日バージョンにわけて行われましたが、
1回目の平日バージョンは、私がインフルでダウンしてしまい、行けませんでした。
大雪が降った後だったのでものすごく楽しそうでした。

2回目は2月11日(祝日)に行われ、4名が参加。
ところどころ雪があったり凍結してたけど、全然問題なし。
先日の大雪で、藪がなぎ倒されてて、ちょっと拍子抜け。w

急な尾根を直登したり、
aDSC02491.jpg


見晴らしのいいところで休憩したり
aDSC02498.jpg

迷いやすいところで真剣に地形図を読んだり
aDSC02503.jpg


順調に進み、最後の罠満載のコースでは、ほぼ全員が罠にはまり、
あーでもないこーでもない、と、色々悩んでくれました。
このコースを作った甲斐があるというものですw

コースの前半は講師が色々説明しながら、
コンパスの使いかたをマスターしながら登りました。
昼食休憩のあとは、1人ずつ、先頭に立ってもらい、
パーティリーダーとして地図を読んでもらいます。

指定された次のポイントまでパーティを導いてもらうんですが、
最初にリーダーになった人がまず分岐の尾根を行きすぎ、遭難。w
次にリーダーになった人は、「なんとなくここだろう」という同定はできましたが、
確証に欠ける。
次にリーダーになった人は(ここは罠満載の所w)予定通り、
標高差の少ない隠れピークの罠にまんまとひっかかり、
次にリーダーになった人は、罠に引っかからず、
きちんと指定地点まで行ったにも拘わらず、
地点同定の確証作業を間違えて頭が混乱し、
尾根を登り返して再同定しようとしたものの、
道迷いで実際によく起きる「完全に頭パニック」な状態に陥ってしまいました。
(それまで一番よく理解していた人なだけにこの落差が面白かったw)

というわけで、思ったよりたくさん「釣れた」w
ので、講師も私もニヤニヤを抑えるのに必死でしたヽ(^o^)丿

何度も遭難して死んだ我がパーティは、そうやってなんとかして生還w
訓練上の道迷いは何度あってもいいと思います。
迷えば迷うほど、失敗すればするほど経験値が上がる。
今回も、地形図に見入り過ぎて実際に目の前にある地形の
とてもわかりやすいポイントを見逃したりとか、
目がミクロな目になってしまうことによる失敗もあって、
かなり勉強になったのではないかなと思います。

終わったあとは、全員でつるつる温泉に浸かり、
お風呂上がりに軽く乾杯して解散。

皆さんお疲れ様でした。
講師のkeg君もお疲れ様でした。ありがとうございました。(*^^)

以下、参加者の感想です。
----------------------------------------------------------------
今日はありがとうございました

前回の地図読みでよく分からなかったところの復習ができたし、
罠に引っかかったおかげで分かったこともあり、とても勉強になりました。
藪こぎも楽しかったです。

楽しい一日をありがとうございました
----------------------------------------------------------------
ありがとうございました。
おかげさまでコンパスの使い方はマスターできました。
いかに自分の思い込みを排除して仮説を複数の事実で裏付けいくかが大切ですね。
今後は地形と地図をよくみて支尾根とか隠れピークとかを感覚的に捉えられるようにしたいなと思いました。
あと一番意外だったのが地図が100%信じてはいけないこと、でした。
また参加してみたいです。
----------------------------------------------------------------
ありがとうございました!
地図読み2回目、さらに1年以上ぶりの地図読みと、かなり不安でしたが、
コンパスの使い方の復習、そして覚えていて、さらに応用できたので、とてもためになりました。
さらに、ミス読みによる遭難、、、、
パニックになりやすいジブンと
間違えを正すことの大切さを教わりました。
実生活でも、仕事でも必要なことが地図読みにもたくさんありました。
地図を全て信用してはならない。
1つのことに縛られず、仮説を立て、多くの事実を積み上げる。
そして、なによりミスしたと思ったら、立ち止まり元に戻ればいい。
自分を過信してはいけない。疑え!
ということです。

ご一緒したいただいたみなさんありがとうございます。
次回は道迷いせずに、生還したいです。
--------------------------------------------------------------------

さてさて、次はもっと長くてもっと怖いルートを考えなくちゃw
2012/01/18

麻生山(地図読み講習下見)

昨年の12月にも下見した、地図読み講習の下見にまた行ってきました。

昨年、物足りなかった点をルート変更してもらって、一般登山道率10%、
90%はバリエーションルート、ヤブコギあり、急坂あり、
という激しいものに変更してもらいました。(笑)

そして、罠を満載しましたw
さて、何人がひっかかってくれるかな~♪

久しぶりの山だったのだけど、気持ち良いハイキングとなりました。ヽ(^o^)丿

今回下見した地図読み講習は、1月26日(木)と、2月11日(土)に行います。
参加費用は2000円です。
参加ご希望の方はお気軽にコメント欄に書き込んで下さいね。

2010/12/18

地図読み間違いの検証

2010年12月17日の地図読み山行の下見山行で間違えた場所を
翌日再検証してみました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1641163588_204.jpg

昨日なぜそういうことが起きたかといえば、
現在位置をSだと勘違いしていた。その場所は本当はRだった。
現在位置がSだとすれば、右の尾根に行かねばならないという意識があった。
Rにも右に行く尾根があったので右に行った。
しかしその時点でコンパスは、行くべき方向は「左側の尾根」(正しい尾根)というふうに指していた。
しかし現在位置がSだと完全に思いこんでいたので、
コンパスが間違ってると、コンパスを悪者にして右に行ってしまったw

ではなぜ現在位置をSだと思い込んだかといえば、
その直前、Qから降りてきて軽い傾斜の緩やかなピークぽい場所に出た時に、
右に落ちる尾根があったので、そこでコンパスを当てた。
コンパスは右に落ちる尾根の存在を正しく指したので、ではここはRだと思い込んだ。
しかし、道迷いが発覚してからよく見ると、Qの先、右下あたりに同じような場所(ニセR)があり、
同じく右に降りる尾根が同じ角度で発生していて、両者は極めて似た地形であることがわかる。
そのことに気づかず、このニセRの地点をRだと仮定してしまったために、
次に来る地点をSだと無条件に思いこんだ。
RとSは、両方とも、尾根が左右に分岐しているため、これまた似ているのである。

このことを防ぐためには、地形図から、地形と標高以外に、距離を掴む練習が必要と思われる。
地形図は、250mが1cmで示される。
山行中に使ってる地形図は、2倍に拡大したものであるから、125mで1cmである。
※山行中に使う図にそういうメジャーがついてるといいなと思った。
QからニセRまでが1cm、そこから本当のRまでが1cmである。
このことから、QからRまでが250mの水平距離があることを事前に読みこんでおけば、
Rの位置を間違える可能性は少し減ったと思われる。

また、もしもQからRに降りる時に注意深く観察していれば、
ニセRで、右に降りる尾根があっても、
そこがRではないことを証明できたはずである。
なぜならば、そこがRであるならば、その手前に、
ニセRの、右に降りる尾根があったはずだから。
それを見逃したために、「最初の分岐=R」と思いこんだ。

つまり、今回の尾根間違いは、
1.RとニセRを間違えた(直接原因)
2.ニセRをRと思いこんだために、次に来たRを、Sだと思い込んだ
3.コンパスの針は正しい方向を指したのに信じなかった
4.1の原因として、QからRに向かう間の観察不足
5.水平移動距離の感覚の欠如

の5点からなったものである。

とくに3は致命的で、たとえ1と2があったとしても、
3の段階で、「おかしい」と、検証し直しにならなかったのが、
自分でも呆れてしまう。
少し前に帯磁して自分のコンパスが信用できなくなったせいか?

今回、講師は、完成したルートの案内が目的だったのでコンパスなし。
もしも講師がコンパスを持参していたとしたら、
講師のコンパスの針も私のコンパスと同じ方向を指しているはずであり、
この時点で、「おかしい」ということになった可能性は大。

このことは、リーダーがいる山行であっても、
全員がリーダーについていくのではなく、全員が地図にコンパスを当てる、
ということが非常に重要であることを示唆するものである。
2010/12/17

麻生山(地図読み講習下見)

今日はkeg君と、読図講習の「沢コース」の下見に行ってきました。
コース開発はkeg君で、私がインプレとか改善点を具申するという形です。

沢ぞいに登って行くところはフツーな感じで、私からするとちょっと物足りない感じ。
沢から地形図見ると、尾根から見るよりはるかにわかりにくいというのがわかって、
なるほど山岳会の人と沢登りしてても、ツメで違ってるのはそういう理由か、と、
妙に納得したりして。
実に難しい沢からの読図なのでした。

そしてある程度沢を詰めたところで、初心者用に尾根に乗ります。
で、尾根に乗って、支尾根の鉄塔を確認してから、
ピークまで急登して今日の山頂へ。
10分だけ休憩してオニギリを食べますが、
今日の御岳山の気温がマイナス5度だったとか?
道理で寒いわけです。
雪はないけどとにかく寒いのでじっとなんてしてられません。

というわけでそそくさと退散。
ここからがメチャメチャ楽しい尾根下りとなりました。
もちろん道のない尾根ですが、これがもう迷い度満点でwww
ものすごくわかりやすいくせにものすごく迷いやすい。汗
いくつも罠があるのですが、1つめ、
keg君が一人で来た時に迷ったというポイントは無事に回避したものの、
2つめ、ここはリアルの見た目と地形図が違っていて(進行方向が45度違う感じだった)、
あろうことか「コンパスが不具合である」という結論にしてしまった私。汗
(実は初回の読図講習下見の時にコンパスが帯磁して正反対を指したことがあり、
それは治したものの、どうもイマイチ信用できてなかった。
シルバのコンパスですが、気泡も入ってるし、今日は気温低かったから動きが鈍かったのかも。)

てことで、コンパスがぶっ壊れたという仮説を立てて、
コンパスではなく、見た目を優先して尾根を降りていったら、、、

しばらくして、keg君が、いやここは違う。と。
なぜならカクカクシカジカだと、明確な理由を述べてくれて、
言われてみたら確かにそうだ、と。

え、では、コンパス合ってたんじゃん!ってことで登り返しw

先ほどの「コンパス間違いポイント」まで戻って落ちついてコンパスを当てると、
なんだやっぱりコンパス合ってるじゃん!汗
(確かに地形図を見た感じの進行方向は違うんだけど)

ということで、正しい方向に進みなおしつつ、
反省点をお互い述べながら下りました。

具体的には、コンパス壊れポイントの1つ前のポイントでの現在位置の同定が間違ってた。
全く同じ向きに尾根が出てたから、そこでコンパスは当てて「間違いない」と思ったものの。
現在位置が違うのではそりゃ間違うよねえ、と。

つか、「ソコが絶対にここである」という根拠をもっと示せ、探せ、と。
思いこみはダメだよね、ちゃんとその都度確認しないとね、と、
さっき沢から登ってくる時に前回の講習の反省を話していながら、
なぜたった今、思いこみをしてしまったか、というような点について。

いやなかなか面白かったです。
非常~~~~に集中して神経使った。

やっぱ読図は迷わないと学ばないですねえ。(^_^;)

ということで、たった3時間半位だったんだけど、
ものすご~~く満足して帰ってきました。
今回は登りが初級者向きになってたので、山慣れた人向きの沢詰めコースとか、
岩尾根直登コースとか色々調査依頼して戻りました。

実に面白かった!!!!ヽ(^o^)丿

ご一緒していただいたkeg君、ありがとうございました♪