2006/01/06

飯盛山(長野県、1643m)

息子が野辺山で開かれる東京都中学生スキー大会に出るため、
野辺山まで送ってきました。
その野辺山スキー場の真上に広がる山が飯盛山です。
先日行った入笠山と同じく、ハイキング気分で楽しめる山で、
たとえばスノーシュー入門とか、初アイゼンとかに最適な山です。
自分個人としては入笠山よりこっちのほうが好きだったりします。
というのも冬場は落葉松が落葉して見晴らしがとてもよく、
360度の視界を保ちながら登れるからです。
(入笠のほうが山頂の視界はよいが、登る途中は視界がない)

野辺山スキー場のすぐそばの道を上がったところにある獅子岩のPに車を停め、
(冬季はトイレ閉鎖のためトイレは使えません。よって水場もありません。)
すぐに登山道に入ります。
すでに駐車場が十分すぎるほどの視界を保ってるのですが、
登るにつれ、今度は浅間方面や南アルプス方面が開けてきます。
左側に野辺山スキー場のレッドリフト下り場(息子の試合のコース^^;)を見て、
少し行くと平沢山1653mへの分岐がありますが、私は直進して
平沢山を巻いて南アルプスや富士山を眺めながら飯盛山を目指しました。


P1040765.jpg



P1040763.jpg


P1040786.jpg



程なく今度は野辺山スキー場のブルーコースの下り場のある丘に到着、
そこからは清里駅に下りるルートもありますが、目指す飯盛山はすぐそこ。
最後の上りを上りきると飯盛山です。

P1040785.jpg


文字通り360度の眺めで、何より嬉しかったのがすぐそばに昨年10月に登った、
金峰山、瑞牆山が見えたことです。(^^)

P1040770.jpg



写真を撮ってすぐに取って返し、帰りは平沢山のピークを踏んで帰ります。
P1040788.jpg


浅間がきれいに見えます。麓には野辺山の電波望遠鏡が。

P1040796.jpg



八ヶ岳はいつも西側から見てるけど、東側から見るとこんなんなんだなぁ。(クリックで拡大)
P1040793.jpg



ほどなく平沢峠の先ほどの駐車場へ。
時間は往復で1時間半ほどでした。
スノーシューもアイゼンも必要がない状態で、またスノーシューは出番がありませんでした。^^;
なお、平沢峠のPへは現時点ではスタッドレスかチェーンでないと登れませんので念のため。

パノラマ写真1
これは途中から撮ったもの

meshimoripanorama1.jpg


パノラマ写真2
これは山頂から撮ったもの
野辺山で滑ってる子たちがプラブーツのまま登ってきてました。(笑)
meshimoripanorama2.jpg

2005/12/31

入笠山(長野県)

数年前の真夏に登ったことがあるが、
ギリギリまで車でいけるのでずいぶんと手軽な山だと思った。
それにしては人が多いのはこれが百名山に入っているせいなのか。
眺望の良さと、昔は蝶の多さで有名な山だったらしい。

この入笠山に先日登ってきました。
ネットの山仲間であるニシさんのお誘いがあり、
ニシさんのほかの山仲間の方々と、もう1人のネット山仲間と
ご一緒させていただくことになりました。

皆さんは東京から電車で来てタクシーで登山口まで来られ、
下山ルートは富士見パノラマスキー場のゴンドラとのことだったので、
長野から車で参加の私は麓のスキー場に車を置き、
下山ルートからのピストンで登りました。
マナスル山荘で待ち合わせてそこからはほんの30分ほどの登りです。
sumDSC_1531.jpg

(でも結構最後は急なので息がハァハァしちゃうんだけど(笑))
sumDSC_1534.jpg


山頂からは噂にたがわぬすばらしい景色を堪能することができました。

sumDSC_1535.jpg

sumDSC_1536.jpg


正面に八ヶ岳連峰をはじめとして、霧が峰、美ヶ原、志賀の山々、
たぶん苗場山と思われる山、(浅間は八ヶ岳の影になってみえない)、
白馬連峰、北アルプス、乗鞍、中央アルプス、甲斐駒ケ岳、鋸山、富士山、
と、本当に文字通り360度さえぎるもののまったくない展望を楽しみました。
sumDSC_1537.jpg

sumDSC_1539.jpg



雪が少なかったので、アイゼンもスノーシューも必要なかったのですが、
下りはせっかくだからとスノーシューを装着。
今回は同行する友人に見せるため、MSRのアトラスを持っていきました。
私はTSLのヒールロックシステムが好きなので普段TSLを使ってるのですが
やっぱり下りにヒールロックできないアトラスはストックがないと歩きにくいなぁ、
というのが感想でした。
ただ、携行するにはアトラスはとってもコンパクトなので便利です。
今回もザックのバンジーコードに軽く収まったので楽でした。

あっという間に下山して山麓のゆーとろん温泉に入り、富士見の駅でお別れしました。
ご一緒させていただいた皆様、楽しい1日を有難うございました。(^^)
2005/10/25

烏帽子岳(長野県:2066m)

日曜日に、上信越道の東部湯の丸ICから30分ほど峠を登った
地蔵峠(湯の丸スキー場)から烏帽子岳に登ってきました。
湯の丸山とあわせてお気軽縦走するつもりでしたが、
実際には湯の丸山に登らずピストンしたので標高差は300m、
ほんとにお気楽なハイキングになっちゃいました。(笑)

地蔵峠からリフト横の林道を登るとすぐにキャンプ場、そして湿原が見えてきます。
そこから気持ちのよい落葉松(からまつ)林の中へ。
おりしも落葉松が黄金色の葉をおとしてる最中♪

DSC_1296.jpg


落葉松林を抜けると、熊笹の生い茂る眺望のいい巻き道に出ます。
ほとんど斜度がなく、熊笹のガサガサの言う中をガシガシと歩きます。
昨日初雪があったため、路面はぬかるんでいました。そろそろスパッツが必要な季節ですねぇ。

左手の眺望はこんな感じ。もちろん富士山も見えています。(^^)

DSC_1299.jpg


しばらくすると右手から湯の丸山の道をあわせます。
さらに快適に歩いていくと(このへんほとんど斜度がない)
行く手に烏帽子岳が。(右手のピークです)

DSC_1301.jpg


このコルからは登りです。
熊笹が逆光に光るというのに弱い私です。
うっとりして時間を忘れてしまいます。

DSC_1308.jpg


すぐ横には四阿山と根子岳です。
写真では見えませんが志賀は真っ白でした。
北のほうは今日もちょっとお天気が悪そう。

DSC_1309.jpg


烏帽子岳の上からは強い日差しが降り注ぎます。
光の稜線に到達すると

DSC_1315.jpg


そこは絶景。360度が見渡せる世界でした。
佐久平と塩田平

DSC_1318.jpg


そこから見える塊を目指して最後の一登りをがんばります。
「やったーー!ついた!!」と叫んだら、先に到達した息子がorzになっています。
「ピークはあそこだってよ。orz」と。
見ると、あんなところにホンモノのピークが!!
しまった!ここは偽ピークだったのか。侮りがたし烏帽子岳。(爆)

DSC_1324.jpg


気を取り直して、本モノのピークに向かいます。
稜線上は結構風が強く、途中のコルに、
xx君ここに眠るという昭和40年5月の遭難慰霊碑が建っていました。
思うに残雪の山を楽しんでいたら突如猛吹雪というやつかなぁとか想像しました。
この稜線、結構雪庇が張り出しそうだから怖いなぁとかいろいろ。

そのコルを過ぎたら最後の岩の塊があり、あっという間にピークに到達しました。

47750496_149.jpg


ピークは岩ゴロゴロの狭い場所で、風がかなり強いので
風下側で崖の下を見下ろしながら急いでお昼にしました。
なにやら非常に気持ちの悪い「巨大シラミ」みたいな4cmぐらいの白い多足類が大量発生していて、
それらが生きてるのでひじょーに気持ち悪かったです。^^; 
あれはなんなんだろう。
「なにかの幼虫」というより、あれが最終形態のような気がします。

寒いのでお昼を食べたらすぐに下ります。
山頂直下から偽ピークを見下ろす。
そのむこうに富士山、右手に八ヶ岳連峰を望む。

DSC_1332.jpg


コルまで降りる道。丸くて優しい山は湯の丸山。
(今回は渋滞にはまりそうなので湯の丸山は諦めてピストンで帰ることとしました。)

DSC_1336.jpg


途中であったキラキラ光るミズナラ

DSC_1341.jpg


紅葉の赤とシラカバの白と青空。これぞニッポン!
DSC_1343

あっという間に下ってきたら、落葉松が黄金色のシャワーを降り注いで出迎えてくれました。
あっけないほどの短いハイキングでしたが、いい山だったなぁ。
また今度湯の丸山やほかの近隣の山と結んで縦走してみたいです。

D70