2016/06/25

【沢】笛吹川西沢

6月25日

前日から雨だったので、西沢渓谷を遡行してみました。
普段だと観光客多すぎて遡行できませんから^^;

前夜現地泊で朝早くスタート。
夜通し雨が降ってたけど、幸い増水はわずか。
午前は雨の予報なので幸いにも誰もいない

最初の三重の滝は後回し。
三重の滝の上から入渓して、竜神の滝まで遡行。
竜神の滝は本気トライになるので今回はパス。
貞泉の滝の上まで遊歩道を歩き、また入渓。
そして、目的の七つ釜五段の滝に到着。

しかし、なんと、そのF1の釜のところで、
釣り人がイワナを釣っていました。(;・∀・)
ので、先に進めず、後まわしに。
F1を登らないとF2も登れないので、
とりあえずF3から入渓することに。

西沢1

F3
つるつる。
登れず右からへつる。

F4
つるつる。
隊長がフラットソールに履き替えて10回目ぐらいでやっと登れた!
1時間かかったが、超面白かったw 
フリクションオンリークライミングです。

F5
つるつる。
ここはどんなに頑張っても人工じゃないと登れない。
隊長がカムを差し込みながら人工にトライするも、腕がパンプして退場w 
薄被ってるのか、見ててもかなりしんどそうでした。(;・∀・)

西沢2

その後、F1の取り付きに行ってみるが、滝身を登ることはできず、
右の灌木帯を登る感じで、面白くなさそうなのでパス。
(F1登らないとF2登れないので、2つまとめてまた今度に。)

下部に戻り、最初に見た、三重の滝のゴルジュに行きました。
堰堤まで戻って河原に降りて暫く行くと、魚留めの滝。
魚留めの滝→三重の滝ゴルジュ→三重の滝、
という順で突破して行き、最後にご褒美の大釜を堪能しました。

西沢3

ゴルジュの中にいた時は気付かなかったけど、
大釜に上がって振り返ったら大勢の人が見物してました。^^;
普段だったらもっと多いかと思うと、雨でよかった。(;・∀・)

つまみ食い的な遡行スタイルだったので、
やりとげた感が足りない気がしますが、
水中ボルダーの課題を次々に片付けてると思えば
こういうのもアリなのかなと思いました。

しかし、いかんせん、昨今のクライマーや沢屋を取り巻く環境は
かなりの逆風気味で立場が弱いので、色々と気を使って気疲れします。
今回も誤解を避けるためにハーケンは使わないとか色々と気を使いました。
まあ有名な場所だし国立公園だからやむを得ないのでしょう。

帰りはいつもの白龍館(源泉掛け流し露天つき500円、家族経営でアットホーム)
で温泉に浸かり、初狩PAで吉田うどん(冷)を食べて帰りました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント