2006/06/27

蝶ヶ岳~常念岳縦走(3)

前回までのお話はこちらから。

さて、前日疲れきってたためか、明け方前にとなりのテントが撤収で騒いでた
(3時半位?。この時間に山屋さんがおきだして動くのは常識の範囲内。)
のもあまり気にならず眠り続けます。
ご来光も拝まず、朝5時半に起こされるまで爆睡してました。(自爆)

心配してた天気はなんとか大丈夫そう♪
sumP1060002.jpg


なんと、朝ご飯はフォー(ベトナムの米の麺)なのです♪
さすがEちゃん。持ってくるものが違う。\(^o^)/
sumP1060003.jpg


出来上がり!!(゜Д゜)ウマー!!
sumP1060004.jpg


朝食が終わったら撤収。
sumP1060005.jpg


最後に常念小屋のご主人とお話をして、小屋前で記念撮影♪
sumP1060007.jpg


さて、朝一番から、昨晩降りてきた400mを登り返さなければいけません。(;´Д`)
まぁでも今日はこの登りだけで、あとは全部下りなので、
昨日のことを思えば楽勝なのですが、疲れがたまってるせいなのか、足運びが重いです。

途中、ライチョウがいるのをしっぷさんが教えて下さいました。
jounen-raicho.jpg


だいぶ登ってきました。後ろは大天井(おてんしょう)岳、
そして眼下に先ほどまでいた常念小屋。
sumP1060011.jpg


常念の8合目の分岐で三股方面にむかって前常念岳の尾根を降ります。
sumP1060020.jpg


尾根から常念岳を振り返る。
sumP1060021.jpg


昨日歩いてきた蝶ヶ岳からの縦走路。
sumP1060024.jpg


この前常念の尾根はボリュームがあってどっしりしてて、
急で立派ななかなかイケてる尾根です。(どんなやねん^^;)
sumP1060026.jpg


途中、通行止めのトラバースルートの出口に出ました。
今年すでに死者が出てるらしく、ルートを仔細に観察すると、
急な雪渓トラバースが3本、そしてガレ場がいくつかあるようなので、
なるほど(今年はとくに雪が多いし)危険なのでしょう。
sumP1060027.jpg


さて、前常念からは、急な岩尾根を降りたところで、木が生えてきます。
そしてあっという間に森の中へ。
そのあとはずっと樹林帯をひたすら降りる、降りる、降りる。
エアリアの行程では、今日は6時間20分の歩き。(;´Д`)
前常念からでも4時間20分も歩かなければいけません。
ので、飛ぶように降りる降りる!

途中いろんなお花を見ては写真を撮ったりしながらも、ガンガン降りていったら、
ついに!三股駐車場の上の常念への分岐まで戻ってきました♪
sumP1060043.jpg


そしてそこから20分の林道下りで、ついに三股駐車場に到着したのが12:20。
常念小屋を出たのが7:16ですから、5時間4分で降りてきた計算。
まずまずのピッチだったと思います。

そのあとは、麓の温泉に入る予定でしたが、
中央道が渋滞しないうちに都内に戻りたいということで、
コンビニで昼ごはんを買って車中で食べて
渋滞しないうちに都内に戻りました。
そして恒例となった「ガオカ」(爆)で温泉に入り、反省会。
皆疲れてるからベロンベロンに酔いました。w

いやーほんとにしんどくてつらくて一生忘れられない山行となりましたが、
めっちゃ楽しかったです。
同行してくださったしっぷさん、Eさん、有難うございました。\(^o^)/

おまけの高山植物編も見る?

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント