2014/10/26

真名井沢

10月25~26日(土日)
真名井沢に行ってきました。
初・単独の沢でした。

土曜日に真名井、日曜日は別の沢にしようと
車中泊の予定で出かけましたが、
沢の帰りの林道でカメラを落としてしまい、
翌日それを回収するためにまた同じ沢へw

親切なバイク乗りのおかげで
無事にカメラを回収し、下山。
早めの帰宅でご機嫌にビールぷっしゅうなう、
20141025-6真名井沢

・・・のはずが、下山後の林道で
車のタイヤがパンクしてしまい、
ロードサービスを呼ぶはめに(;・∀・)
(「ビールの代わりにタイヤぷっしゅう」と言った友人。
悔しいけど座布団3枚!ww)

てなわけで、2日間盛りだくさん!
大変充実した沢となりました\(^o^)/

メモ:
1.二俣あとの核心6m直滝は、巻きは右側(左岸)から。
  二俣をいったん右俣に入り少し登ったところから明確な踏み跡がある。
2.その後の5m直滝。巻きは2ルートある。
  ・滝のすぐ右側をトラバースするルートはクライミング経験のある人じゃないとフリーは厳しい。
   かといってトラバース用の中間支点もとれないのでフリーで抜ける以外ない気がする。
  ・もう1つ、滝のずっと手前から右上の尾根に乗って大高巻きをするルートがある。
   途中まで行ったのだが、中途半端にトラバースに入ると危険だった。
   私は引き返してしまったが、思い切って右奥まで登ってから巻くようだ。
   踏み跡が途中から薄くなるので注意。
3.脱渓点はわかりやすい。2条の滝が終わってすぐ。植林帯に明確な踏み跡がある。
  ただしその後平たい広場のような所に出てから踏み跡はなくなるので、左側の尾根に取り付き登る。
  詰めあげた所に登山道がある。脱渓点から登山道まで20分位。
4.最初の堰堤4つはどれも明確な巻き道あり。


ビデオはこちら。(2分54秒)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント