2013/06/30

根羽沢大薙沢(尾瀬)

6月30日(日)

日曜日は尾瀬の沢に行ってきました。
今回は私が隊長の5人パーティ。

当日朝現地集合だったのですが、私がダラダラしてしまい、
10時22分に入渓となりました。すみません。(^_^;)

ナメや釜、ナメ滝や小滝など、楽しく遡行していきます。

途中、大滝が3つ。
最初の3段20mは、フリーで登ったけど、
トラバース後の最後の1手が怖かったです。
そのあとは全員TRで登ってきてもらいました。

続く2段15mは滝の真右の泥付きを慎重に登り、
最後に出てきた倒木のある10m滝は、右側のリッジ部分を登り、
落ち口の真上に出るのですが、この最後の1歩が、
ほんとに本の通り「いやらし」かったです。

この1歩を踏み出すまでに何分かかったか。(^_^;)
なんとか落ち口の上に出て、皆にはお助け紐を出すことに。

あとからわかったのですが、その前日に、沢本の執筆者、宗像さんが入られたようです。
そこに「ガイドブックに記した右のルートは、落ち口に向かうトラバースルートにあった
枝が折れてなくなり、一歩がさらに難しくなった。」とありました。


あーやっぱり。。。これはお助け紐レベルじゃないよなぁと思った感覚は合ってたのですね。

そのお助け紐をセカンドに渡しに行こうとして、
あろうことかツルッとスリップ!
左手で細い灌木2本を掴んでいたので、その灌木に片手で完全にぶら下がる形に。
しかも灌木がメリッとか言ってるのが聞こえました。。。
((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル

あの灌木がなかったら今私はここにはいないでしょう。
死んでたかもしれない。
もうほんとにそのあと灌木にお礼言いまくりでした。(T_T)



びびりまくったその滝が終わると、突然源頭部の雰囲気に。
そして奥の二俣あたりで伏流し、その後はガレを詰めていきます。
ガレ上部をヤブが塞いでいたので、左側の支尾根に乗り、
針葉樹の原生林の中をメイン尾根に向かって登って行きました。

が、途中でGPSを出してみると、思ってた方角と全く違っている。Σ(゚Д゚)
大樺沢左俣右沢のさらに右俣を詰めれば、
目的地のコルにすんなに出られたはずなのですが、
どうやら最後の奥の二俣を間違って左に行っちゃったらしい。
ということで、そこからトラバースしていくと、ドンピシャで目的の尾根に出た♪

稜線到着は15時30分。(^_^;)
出発遅いのにちょっと遊びすぎました。(^_^;)
遅い昼ごはんを食べて16時12分に稜線を出発。
目標2時間で右俣を下降します。

右俣は左俣と違いまったく滝がなく、下降も驚くほどラクチンで、
途中、黄色いナメが延々と続く場所は高速道路のようで、皆小走りで降ります。w
沢を走って降りたの今回が初めてかもww

18時7分、入渓点到着!2時間切れたヽ(^o^)丿
明るいうちに入渓点に戻ることができ、
そのまま明るいうちに駐車場に戻ることができてホッとしました。

0630根羽沢大樺沢

水温は途中で測ったら10度だったけど、水が好きな人たちは
喜んで泳いだり突っ込んだりしていてなかなかやるなぁと思いましたw
ナメ沢なのでボルダーチックな滝は少なかったけど、
きれいな水にきれいな景色で和みました。

ご一緒していただいた皆様、ありがとうございました。(^^)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント