2006/06/04

外岩へ行ってきたΣ(゚Д゚)

今日は2回目の外岩だった。
今回は前回とは違う場所にある隠れ家的外岩。
人がいなくてとてもよい場所にあった。
(ので場所は書きません。w)

お誘いくださったのはしっぷろっくさんで、
彼の同僚Hさんも来られるとのこと。
ニシさんもお誘いして4人で行くことになりました。

先週のPUMP2でビレイできるようになったので
(早速ハーネス、ヌンチャク、ATC、カラビナは買った)
今回2ペアで活動できてとても良かったと思います。
こんな私でもちょっとは役立てるかと思うとちょっとほっとしました。

ビレイ中のニシさん
NEC_0086.jpg



この岩場はアルパイングレードがついてるので、アルパイングレードとフリーのグレードの関係について教えてもらったり、いろんなことを教えていただきました。

Hさん
NEC_0092.jpg


私はHさんのビレイをしたあと、最初に左端のルートを登ることになったのですが、
なんだか怖くてチムニーに体を入れて「体ジャミング」みたいにして登ったりしてました。(自爆)
結果、登ったルートは通常ルートにあらずってことで、なんじゃこりゃーみたいな。(笑)

次に真ん中あたりで簡単なのを1本。

わたくし
NEC_0093.jpg


その次はⅤ級に挑戦するも、最後のところが越えられず、横にトラバースして簡単なほうから抜ける。

わたくし
NEC_0094.jpg


登攀中のニシさん
NEC_0087.jpg


そして場所を変えて、ボルダー岩に挑戦。
高さは低い岩なんですが、全体にうすかぶり。
足のかかりがほとんどないつるっとした岩で、
なかなか面白かったです。
何度やっても出来なかったんだけど、「猛烈に燃える岩」(悔しさが募る岩)でした。
あそこは絶対いつか落としたいです。

・・・というように、私はやっぱりボルダーがすきみたい。
ロープつけて登るのも面白いことは面白いけど、
ボルダーみたいに「チクショー」って何度も挑戦するのが大好きなようです。(笑)
そのうちマット買うのか?>ぢぶん^^;

左しっぷさん、右ニシさん
NEC_0090.jpg


いろんなことを教わりました。
セカンドだとどうなのか、とか。
これはアルパインクライマーならではですよね。
ビッグウォールでもない限り、フリーにはセカンド(2番手)は存在しないのだから。
セカンドは「ゴボウ」でもいいから登ってこなければいけない。
セカンドが登ってこないと2人とも上に進めないから。
なるほど~~~、目からウロコです。
ゴボウとはザイルを握ってそれを頼りに登ることです。
(アルパインクライミングに対抗して生まれたフリークライミングでは「岩」とか「木」とか以外のものに指や手や足をかけたりそれに頼ることは反則行為として禁止されています)
ジムでは、登れなければテンションコールをし、
さらに登れなければ「降ろしてください」コールが出来ます。
が、これは本番ではアリエナイ行為だというのですな。
確かにそうだ。ずっとジムだけでやってるとそういうのがわからないのですが、
2人で交代で尺取虫のように長い壁を登るとき、1人が降りたいと言ってもどうしようもないもんなぁ。。。

Hさん
NEC_0091.jpg


技術面以外にもそういうことを教えていただいて、
なるほど!!目からウロコ!!の面白さでした。


そして、この岩場が良かったんでしょうねえ、
高所恐怖症の私が、今回はじめて「怖い」って思いませんでした。(;´Д`)
そして今回はじめてソトイワが「楽しい」と思ってしまった。(自爆)
あと、今回の岩場は、はじめて「ムーブ」について意識できた気がしました。
ジムでやってるムーブ(練習)が、やっと少しずつ生きてきたというか。

あ、でも私はジム専クライマーですから!
山は稜線歩きがすきであって、バリエーションなんぞで苦労して登る人の気持ちがまったくわかりませんから。(;・∀・)
クライミングはボルダーが好きであって、ロープつきとかエイドとかそういうのキライですから!(;・∀・)

しっぷさん。この写真結構好き。
NEC_0085.jpg


参加された皆様、ありがとうございました。&お疲れ様でした!
またぜひこの岩場には行きたいです。w
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント