2013/05/24

小川谷廊下

5月24日(金)

ドピーカンでゴキゲンな夏日。
噂にきく小川谷廊下を、ついに訪れる日がやってきましたヽ(^o^)丿

思う存分シャワクラして泳ぎたかったので、
サーフィン用のフルウェットスーツ(3ミリ)を着用w
温かくてシャワクラも泳ぎも全く問題なかったけど、
大リーグ養成ギブス並みに足の動きが制約されて困りましたw
(サーフィン用のスーツは膝部分が補強され分厚い=足が上がらないw)

実は沢の途中で鹿が死んでて、ちょっと難儀しました。汗
私は鼻が敏感なので最初から妙な匂いがずっと気になってて、
しかしある場所で懸垂下降して廊下に降りたあたりから、
もうその匂いは決定的となり、、、
でもまだ原因はわかってなかったのです。

そして、ふと見ると、リーダーのs君の足元に鹿の角が。
先日の沢でも鹿の角があったので、「あ、角だ!」と思ったら、
良く見ると、それは角じゃなくて、鹿の足の骨だった。汗
s君はその鹿の死体のたった30cm位そばに立ってて、
全く気付いてなかった。汗
思わず、女の子みたいな声をあげちゃいました。

「きゃあああああああああああああああああ」て。wwww

s君も「うわぁああああああああああああ」て言ってましたがw



私は写真を撮る余裕がありましたが、s君すごかった、逃げ足www

で、しばらくは2人とも、反射による嘔吐反応が止まりませんでした。
ウィキで見てみたら、心理的なショックによる嘔吐って書いてあったけど
違うと思う。純粋に匂い(生理的不快臭)による反射だと思う。

で、小滝を1段上ってから、少し落ち着ました。
釜を使って体を清めたりとかしましたw
なにしろ、1発目の滝から積極的に頭から浴びてきました。
そりゃ体とか服とか洗いたくなりますw

で、そこからは、じょじょにノーマルモードへ。
幸いなことに鹿が居たのは前半終了地点位だったので
後半は最高に楽しめました。

滑り台でドボンして遊んだり、無理な滝を無理やり登って流されたりw
後続パーティが1組だけいましたが、彼らも遊びの達人でした。(^^)

20130524小川谷廊下


やっぱ頭から大水量を被るというのは最高の浄化ですね。
サーフィンと全く同じ効果が得られ、
ストレスも疲れも完全に消えて、フルリセット!
心の奥深くまで水が洗い去ってくれたような感じです。

五十肩+大リーグ養成ギプスのせいで、ごぼうしまくり、
確保お願いしまくりの私に根気強く付き合ってくださった
s君に心から感謝いたします。

PS:ヒル、すでに出てます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント