2013/02/17

刈田岳

2月17日(日)

aae66c43-cd05-4aa3-b1c6-a2e164b4e70bwallpaper.jpg

前日夜の予想天気図ではイケそうだったので、
この日は単独で行動することに。
yちゃんちをおいとまして、ライザワールド(スキー場)へ。

ライザに到着し、トイレ行ったり支度したりして出発はは10時半すぎ。(^_^;)

天気図は本州上空に移動性高気圧が覆ってくる予想だったけど、
上空高いところに居座った猛烈な寒気と
依然強い冬型が残ってる北海道あたりの影響で、
雪雲がひっきりなしに襲来してました。

リフト2本乗りついで、降りたところでBCの支度。
今日はテレです。

今日はGPSがない(故障してるから置いてきた)のでコンパスナビで。
最初のうちはトレースがあったのでトレースを頼りに行きます。
トレース以外に、道をマークする棒がささってるので、
晴天時はこれに頼っていけると思います。

IMG_20130219_000231.jpg

リフト線沿いに登って、稜線へ。
すでにホワイトアウトしてるので、過去に来た時の記憶が非常に役立ちました。
歩いてると、突然右にドーンと言う感じで建物が見えてびびりましたが、
その大きさからして、これって刈田岳のレストハウスとちゃう???
と思いながら歩いてると、ふと前が見えるようになり、
思ったよりもずっと近くに、鳥居と御本殿が見えました。

やったぁ。あれが刈田岳だぁ♪

思ったよりもずっと早くに刈田岳到着。
しかし風が強く天気は悪いので売店の陰に避難。
地図とにらめっこしてたら、突然、青空が!
慌ててパチリ!
ちょっとだけお釜も見えた感じ。

シールを剥がして稜線まで滑り降りましたが、
その先がホワイトアウトで3Dがうまく認識できずこけまくり。(^_^;)
しかもツルツルで実に滑りにくい。(^_^;)

稜線から下に入ったところでいよいよホワイトアウトが激しくなり、
道標の棒は1本も見えず、完全にコンパスナビに頼る状態となりました。
そして足元が植生の上のシュカブラ等でボコボコ+ツルツルなので
到底まっとうに滑ることはできません。。。
というわけで、リフト線のところまで辿りついた段階で、またシールを装着。(^_^;)
なるほど、下って来た人でシールつけてた人がいたのはそのせいか。

ずっと風速15m位の風に吹かれて(気温マイナス10度位(^_^;))
体が冷えきって寒冷アレルギーが出てきたため、
リフト線の下にあるリフトの機械小屋に突入。
小屋の中は無風で、暖かく感じる位でした。

そのあとは一直線にゲレンデトップまで。
14時9分、ようやくゲレンデトップ到着。
ようやくシールを外し、かっこよくテレマークターンを決めてボトムまで。
といいたい所ですが、残念ながら昨日の筋肉痛でそれどころではないwww
アルペンターンも交えつつよろよろと降りてきて、なんとか生還。(^_^;)

このスキー場はスキー場の近くに温泉がないのがネック。
結局入りそびれたまま都内に戻り、帰宅してから熱いお風呂に入ったのですが、
あれ位冷えちゃうと、やはりその場で解凍した方が良さそうです、
その後しばらく風邪気味で、10日位は寒冷鼻炎が治らず難儀しました。

天気が良ければ熊野岳とかも思ってましたがそう簡単ではありませんでしたw
でも今回は完全コンパス頼りのホワイトアウトナビが実践できてちょっと嬉しかった。

この蔵王連峰、何度来てもなかなか味わい深いものがあります。
東北や北海道の山は標高+1000mと言いますが、ほんとにそんな感じ。
1700mの山だと舐めてたら即死するなぁと思った次第です。
また来年も別ルートからチャレンジしに来たいです。
楽しかった。ありがとう♪
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント