2013/01/06

初滑りで初BC

1月6日(日)

昨年、尊敬する大好きなBCガイドTさんを亡くして以来、
今シーズンは12月から雪がザンザン降ってるのに全くモチがあがらず。
人生で初めて、都内の自宅でお正月を迎えました。
このまま雪無しでもいいやと思える位、モチが上がりませんでした。
完全に雪鬱の状態です。

ツイッタ雪クラスタのMさんは、亡くなったTさんともよく山の中で遭ってたし、
同じテレマーカーだったので、色々通じるものがあったんでしょうね。
亡くなった直後も、直接彼を知るMさんのメッセに相当励まされました。

で、そんなMさんからいい感じで、ポーンと、空いた日にゆるい企画のお誘いがありました。
ここで行かないとマジで一生行かないかも、と思ったので、ご一緒させていただくことに。
滑るルートはTガイドがよくビギナーツアーで使ってたルートです。
そのことも、行くきっかけを作ってくれました。(Mさん誘うのうまいなw)

シーズン初滑りが初BCでいいのかと思いつつも、行ってみると、
幸か不幸か、一番上のリフトが動いてない。
そこで時間潰しのためにゲレンデ滑走を数本やることに。
1本がかなり長いバーンなので、いい足慣らしになりました。

そしていよいよBCへ。(登山届はベースで出してます。)
装備を整え、ビーコンチェックを経て、いよいよスキー場外エリアへ。
ほんとに久しぶりの感覚でしたが、シューで1歩ずつ雪を踏みしめる感覚。
あの無心になれる感覚、ああ、これが私のやりたかったことなんだなぁって実感。
(本来は滑ることが主眼のはずですが(^_^;))

あっという間に前武尊山頂について、日本武尊(やまとたけるのみこと)と記念撮影。
今日はここから滑り降ります。
支度して、(久しぶりすぎて色々モタモタした。(^_^;))いざ、GO。

天気予報等でパウダーはないものと判断してましたが、
どうしてどうして、群馬にしては水分多めながら、良質のパウダーがあちこちに。Σ(゚Д゚)
おかげで、ノーマル板にぼーっと真ん中乗りしてた私は時々こけたり刺さったり。(^_^;)
BCだとザックが重くて一度こけるとなかなか立ち上がれないのも思い出し大汗をかく。

20c38247-51a2-4a3d-96d5-2547a685c2e6wallpaper.jpg
(写真は全てMさんから頂いたものです。有難うございました。)

終了後ボトムに降りて来た時には、もう右足(後ろ足)が終わってました。
やっぱ、初滑りでパウダーBCは無謀すぎたようです。(^_^;)

皆さんは昼からゲレンデでテレ練だそうだけど、足が終わってる私はそそくさと退散。(^_^;)

お誘いいただいたMさん、辛抱強くご一緒いただいた皆様に感謝いたします。
やっぱりBCは楽しいです♪
また行けるといいなヽ(^o^)丿
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント