2012/10/14

妙高&火打(2)

10月14日(日)

3時45分起床、朝ご飯ののち撤収。
案の定、フライはバリバリになってました。
テントもバリバリのままそのままぐるぐる畳んで撤収。
幸い、この時間だと、地面のヌチャヌチャがカキーンと凍ってるので、
撤収時、泥にまみれることがないのが救い。

凍った感じのテン場。
aDSC04337.jpg


5時50分、出発。

湿原も凍っています。
aDSC04340.jpg


茶臼山からの朝日。
aDSC04345.jpg


妙高側はナナカマドがきれいだった。
aDSC04355.jpg


黒沢池あたりも格別な雰囲気。
aDSC04356.jpg


黒沢池に到着し、ザックをデポって、軽荷になり、
6:54 黒沢池を出発。

ダケカンバ♪
aDSC04364.jpg


07:13 大倉乗越
aDSC04365.jpg


ここからいったん下って中腹をトラバースしつつ、妙高山へ。
aDSC04368.jpg


トラバース道で、gちゃんがカメラを拾い、持って歩いてると、
そのカメラを取りに戻ってきた人がいた。
昨日もすれ違ったにぎやかな中高年の大人数の団体で、
カメラを落とした人は、なんと今日が百名山達成の日だったそう。(^_^;)
良かった良かった。
(その後、山頂でその人の百名山達成にも立ち会ってしまいましたw)

水場で休憩したあとの妙高への登りがしんどかった。
沢筋で展望も利かず、夏場は暑くて地獄だろうなぁ。

やっと稜線に登ったところの岩。(熊岩と命名w)
aDSC04372.jpg


ひぃこら言いながらやっと山頂へ。

山頂の下の神社でお参り。
aDSC04373.jpg


08:53 山頂。
aDSC04375.jpg


登山道はアレだったけど、山頂からの眺めは素晴らしかった。
aDSC04376.jpg


妙高山神社の御本尊がある最高峰のほうへ移動し、
aDSC04381.jpg


パンなどムシャムシャ食べながらぼーっとする。

aDSC04380.jpg


うーん、白馬ってのはこうやってみるとかっこいい山だなぁ。

aDSC04385.jpg


近所で見るとのべーっとしてていまいちカッコよさを感じないのだけどw
そして剱はやっぱり王者の風格。

去りがたい素晴らしい景色で随分長く山頂に居ました。
aDSC04397.jpg


そして下山。

黒沢池から富士見平もなかなかすてきな道だった。
aDSC04403.jpg
aDSC04405.jpg

きのこ発見
aDSC04411.jpg


有難いんだか有難くないんだかよくわからない木道にいい加減飽きた頃、
やっと笹ヶ峰に到着しました。
お疲れ様でした。

下山届に記入していたら、こんな注意書きが。
aDSC04412.jpg

mixi某コミュの論争を思いだす。w

その後は温泉へ。(赤倉の「滝の湯」)
ちょい温度がぬるかったけど、お風呂上がりはいつまでも体がポカポカしてた。。

新蕎麦の季節なので蕎麦も食べて帰ることに。
相方が学生時代居候してた宿に寄ってみると、もう今日は売り切れらしく、
池ノ平で見かけた芭蕉庵という蕎麦屋へ。
(新潟だけどヘギじゃなく更科でした)
aDSC_1860.jpg

お店や盛り付けの見かけに反して、お味はなかなかよろしゅうございました♪

そこから見上げた妙高さん。うーむ、やっぱり立派。
aDSC_1857.jpg


そして高速に乗り、一路東京へ。

関越に入る直前に「藤岡~本庄児玉、事故、渋滞7km 通過に170分」
という恐ろしい表示が出たので、藤岡で一旦降りて、
本庄児玉から乗り直したら、事故ゾーンが栓の役割を果たしてるらしく、
本線は渋滞がまったくない。(^_^;)
お陰様で練馬まで渋滞知らずで到着しました。ヽ(^o^)丿

まったりゆるりの紅葉狩りのはずが、
思ったよりきつくてゼィハァしちゃいましたが、
なかなか楽しい2日間でした。
同行してくれたお二人、ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント