2012/09/01

倉沢谷本谷~塩地谷(F2で雨天敗退)

マイミクさんの企画により、6名で、奥多摩の倉沢谷本谷~塩地谷へ。
計画では、本谷遡行、塩地谷に入り、その後林道を戻り、本谷をまたクライムダウン、
の予定でした。短い沢なので2本組むと長くて楽しめる、と。

倉沢谷本谷は簡単なのに色んな要素があって面白い谷でした。
私は瀬や小滝などの遡行はお腹いっぱいだったのと、
寒かったせいもあって、もっぱらヘツリの練習wをしておりました。
やっぱ淵や釜が緑色の沢はウェットスーツいるなぁと再度実感。
て、いつもそう思うんだけど、なかなか実行に移せません。w

ボルダー的に見て面白い、登りがいがある小滝が2つありましたが、
どっちにもお助けスリングのかかったハーケンが打ってあって、残念な感じ。。。
まぁ、しょうがないのかな。。。
全ての沢をフリー化するっというようなプロジェクトがあれば参加したいですww

さて、本谷遡行を終えたら(6人だとやっぱりかなり時間がかかる)
休憩ののち、倉地谷へ。
とても美しい2連爆であるF1の魚止の滝を林道で巻いて
林道から沢床へ降りるところで、念のための懸垂下降。

F2である地蔵の滝の釜に到着したあたりで猛烈な雨に遭いました。
ゲリラ豪雨だったということは後で知ったのですが、
そういうわけでそこで遡行打ち切り。
釜で色々遊びました。<修業ごっこ、泳ぐ、飛びこむ、シャワクラ、など。

撤退は、滝からちょい上に登った所にある作業道をたどって林道へ。
車まで簡単に帰ることができてラクチンでした♪

帰りの林道で今年初のカントウヒキ(蛙)を見ました♪
コウガイヒルと戦ってて面白かったw
ほかに土蛙も居て、蛙フリークにはたまりませんでした。

駐車した車のところで着替えましたが、
なんと、「お着替えテント」なるものを持参されており、びっくりしました。Σ(゚Д゚)
(簡易式折り畳みテントで、ハセツネのトイレテントみたいなやつの背の高いやつ。)
女性にもてる男てのは基本こういうマメさが必要なんでしょうねぇ。w

その後、温泉→駅まで送っていただき、解散。

車出してくれたお二人、ありがとうございます。<(_ _)>
ロープやスリングをたくさん、お着替えテントまで用意してくれたCさん、ありがとうございました。<(_ _)

塩地谷はぜひリベンジしたいです。

(カメラが電池切れしたので、写真はすべて同行者が撮影したものを使わせていただいています。)

4c76ff76-fde4-47c9-b432-23591ca2d180wallpaper.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント