2012/06/30

北岳(4)(番外編、山と高原地図のCTについて)

普通、泊まりで北岳だけ登る人は、御池小屋から、肩の小屋経由で行くと思います。
そのほうが、荷物を肩の小屋にデポして軽荷で山頂に行けるからです。

広河原から御池小屋経由で北岳山頂に行く場合、下記の3通りが考えられます。

DSC_0027.jpg

1.御池小屋~草すべり~肩の小屋~北岳
2.御池小屋~二俣~大樺沢右俣~北岳
3.御池小屋~二俣~大樺沢左俣~八本歯のコル~北岳

山と高原地図のCTを見ると、

1は7時間25分
2は7時間25分
3は6時間35分

これ、あきらかに3番がおかしいですね。
同じ場所を出発して、しかもハシゴ場があるのに50分もタイムが短いというのはヘンです。

細かく地図のCTを見て行くと、

【御池小屋~二俣=0:30】
【二俣~八本歯のコル=2:00】

↑この2つはまあ納得できます。
問題はここから先。

八本歯のコル(標高2870m)に出ると、稜線に乗ります。
山頂までの標高差は323m。

地図上でのCTは、
【八本歯のコル~吊尾根分岐=0:40】
【吊尾根分岐~山頂=0:20】

つまり、八本歯のコルから山頂までは1時間ということになります。

ところで、この標識をみてください。

八本歯のコルの標識。山頂まで1時間20分とあります。
aDSC03273.jpg

トラバース分岐の標識。山頂まで50分とあります。
aDSC03276.jpg

私は、この標識の時間が正しいと思います。
地図がおかしいと思う。
この標識、今までの区間でも大体合ってたので、
ここだけ大きく地図とずれるということはないと思います。

※思うに、地図上にある、「八本歯のコル~トラバース道=1:10」という数値が、
実は、これトラバース道のことでもあるけど、吊尾根分岐までのタイムでもあるのか。
それか、トラバース分岐に「。」を入れ忘れたために、八本歯のコルから、
トラバース道分岐までのタイムを記載漏れしてるのか。
そのどちらかではないかと思っております。

私が持ってるのは2006年度版の地図ですが、
マイミクさん二人にそれぞれ2009年版と2011年版を調べてもらったところ、
記載内容は変わっていないようです。

※ちなみに、今写真のEXIFデータから調べたところ、
八本歯のコルから吊尾根分岐までかかった時間
(すべてテン泊装備でのタイム)

2年前にかかった時間→0:57
去年かかった時間→0:53 
今年かかった時間→1:03

吊尾根分岐から山頂までは+0:20です。
普段テント背負ってる時のスピードは平均でCTの9割位なので、
これがCTが1時間20分とか1時間10分だと話が合います。
が、CTが40分だと、CT比が150%とかありえん数字に。w

また、もしもCTが1時間20分とか1時間10分だとすると、
広河原~八本歯~北岳山頂~北岳山荘のCTは、7時間45分~55分となり、
ほかの2つのルート経由とタイムが合ってくるので納得の行く話になるかなと。

まあ、本当は、あまりにもバテてしまったために、山荘到着が17時という、
ありえない時間になってしまい、ものすごく凹んでたのでしたw
で、やっぱり北岳山荘経由で来ればよかったよな~ってシミュレーションしてたら、
なんかCTの合計が合わない!おかしい!ということに気づいてしまったのでした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント