2012/06/29

北岳(2)

(つづき)

ここから、八本歯のコルまで1時間という看板があるのですが、
確かにほぼ1時間かかりました。
なんだかバテてます。Orz
足が上がらなくなってしまった。
階段とかハシゴが多いのがとてもしんどかった。
どうしても足が上がらないので、階段とかもう四つんばいです。(^_^;)

バットレスがちょっと見えてたけど、どれが何尾根かわかんない。
aDSC03272.jpg


14時44分、なんとか八本歯のコルへ。
aDSC03273.jpg


間ノ岳がチラリ。
aDSC03274.jpg


時間が時間なので気分は猛烈に焦るのだけど、体が動きません。
どころか、眩暈までしてきてフワフワします。
気持ちが悪いし、これは寝不足と高山病が出てきたな~という感じ。
不思議と頭痛はしませんが(私はいつも一番最初に頭痛が出る)
ヨガの全呼吸をしながら登ります。

もしかしてビバークもありえるかも、という考えが頭をよぎります。
この場所は次の小屋が遠い。(^_^;)
北岳山荘に行くにしても肩の小屋に行くにしても、あと2時間以上は歩かないとダメ。
雪渓を滑り降りて御池小屋に戻りたいがあいにくピッケルがないので上部の急傾斜部分が厳しい。

つまり、登るか、ビバークするか、しかない。
なら、登れるところまで、倒れるまで行くしかないな、と腹をくくり、
ビバーク適地をチェックしながらノロノロ進みます。

このあたりで、CTに対する私の疑問というものが生じはじめます。
そして、それはその夜、テントで落ちついてから地図を見て確信に変わったのでしたw
(結論的には、「山と高原地図の「北岳」に記載されているCTは、
八本歯のコルから、トラバース分岐への約40分の分の記載が抜けおちている。」
分岐の部分に○をつけ忘れたせいなのかどうか知りませんが。)

ものすごく見事なイワカガミの群生があったけど、
かがむ気力がなくて上から撮るだけ。(笑)
aDSC03275.jpg


15時20分 永遠につかないかと思ってたトラバース分岐に到着。
aDSC03276.jpg


ここで、先ほど雪渓上で話した4人組に再会。
その4人組もバテてるおじさんがいて、お互い励まし合いながら、
それでもむこうは小屋泊装備なので私よりは早い。(笑)
でも、少し話しただけで随分と元気が出ました。(*^^)

トラバース分岐から上は、ざれた道なのですが、
ついに今年は木の棒で囲まれるようになり、
(うまく表現できませんが、谷川の天神尾根の肩の小屋の下みたいな感じ)
なんとも景観がアレですが、まあ登りやすくはなってました。
で、このゾーンは大々的なお花畑。

ようやくここでキタダケソウに会えました。
ほかにもいろんな花があったけど、もうキタダケソウだけでいい。
かがんで写真を撮ることもしんどいので、目線の高さのやつだけ探して、
ちらっと写真を撮らせてもらいました。
aDSC03280.jpg


15時47分。ようやく吊尾根分岐。
aDSC03281.jpg


長かった。。。(T_T)
ここで北岳山荘に向かう4人組とお別れ。とても有難い4人組でした。

北岳山頂に向かってまたヨロヨロ。
このあたりはお花畑そのものですが、もう写真はほとんど撮ってません。

オヤマノエンドウ。
aDSC03283.jpg


ハクサンイチゲ
aDSC03286.jpg


ハハコグサ系の何か
aDSC03287.jpg


16時22分。山頂。長かった。。。(T_T)
aDSC03288.jpg


山頂滞在5秒。(笑)
通りかかりに看板写すだけでさっさと退場。
aDSC03289_20120710134353.jpg


「山頂なう」なんてやってる余裕もありませんw

このあたりでふと気付いたのですが、呼吸がウジャイ呼吸に切り替わっていて、
完全に自分の呼吸に集中していて、ヨガになってた。
極限まで追い込まれたせいなんでしょうか。面白い現象です。

そしてそこから1つだけ登り返したらあとは下りのみ!
16時50分。無事に肩の小屋に到着。
aDSC03291.jpg


この青い屋根を見た時は涙が出ました。
今日ばかりは、自分を「よくやった!」と褒めてあげたい気分でした。
なんつうか、自分に感動した。(笑)
私はマラソンとかやらないけど、
きっと初めてフルマラソンのゴールに飛び込んだ時の気分て
こんな感じなんだろうなあ、とか。

遅い到着なので怒られるかと思ったけど、
小屋は満員御礼でテンパってたので、御咎めなしでしたw
小屋泊の人はビール1本タダでもらえるらしい。いいなぁ。(笑)

北側のテン場は雪に埋もれていて使えず、
aDSC03293.jpg


南側のテン場は、遠いので、小屋前に設営。
aDSC03295.jpg


風の通り道なんでアレですが、よい場所を選定する気力がもうなくて、
ちょうどいい感じのベニヤ板が2枚あったのでそれ敷かせてもらったら最高w

とっととテント張って中に入って、着替えて、やっと人心地。
ふううう。。。
失ってた食欲もカレーなら大丈夫そうなので、夕飯を作り、テント内で食べました。
ボラの仲間からもらったグリコのPOTカレーにお湯をかけて、塩おにぎりを2つ投入。
なかなか本格的に辛くてイケてました。これはいいね、山で使える。(*^^)v
ほかにポタージュに茹で玉子。
ほんとはお腹すいてたみたいです。(笑)
aDSC03301.jpg


でも、せっかく運んできたビールは、信じられないことに、飲む気がしなかった(^_^;)
ので、これは、またお持ち帰り。まじか。www

少し落ち着いたので、テントから顔だけ出して写真を撮ったり。
(靴履いて歩いていく気力はなしw)

富士山が見えてた。
aDSC03306.jpg


仙丈ケ岳に
aDSC03303.jpg


甲斐駒に
aDSC03305.jpg


鳳凰三山も。
aDSC03307.jpg


そしてまだ明るいうちに寝ました。(笑)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント