2012/06/29

北岳(1)

北岳(1泊2日テントボッカ)に行ってきました。


6月29日(金)

出発直前まで沢か山か迷っていましたが、
寒いと沢でお腹壊すのでw、今回は山(北岳)に決めて夜遅く出発。

工事渋滞に巻き込まれ、萎えながらもなんとかAM2:30位に芦安のPに到着。
保冷材で冷やして持ってきたビールも飲まずに即就寝。


6月30日(土)

7時30分のバスに乗るからゆっくりおきるつもりが、
異様にテンション高い集団が私の車の前で輪になってしゃべくりまくってたので、
5時台に目が覚める=寝不足によるバテ決定。Orz

7時30分発のバスは、7時10分に「満杯になったから」と出発して行きました。Σ(゚Д゚)
当然後続でバスが来るものかと思いきや、まったく来ない。Σ(゚Д゚)

乗り合いタクシーのほうも、8時まで1台も来ず、
やっとタクシーに乗れたのが8時10分。
芦安のPで実に1時間も無駄な時間を過ごしたのであります。

後からわかったことですが、山梨交通バスからのクレームにより、
今年から、乗り合いタクシーは「時刻表通りの発車」以外出来なくなったそう。
時刻は1時間おき位に定められていて、それ以外の時間帯は、
9名集まろうがなんだろうが絶対に発車できないそうです。

これは下りにも適用されるので、広河原発でも気をつけて下さい。
私は今回、往路1時間、帰路50分、待たされました。Orz

時刻表はこちら
http://www.city.minami-alps.yamanashi.jp/kanko/yama/files/bus_taxi2012.pdf


てなわけで、とんだ出だしになりましたが、

8:49 広河原出発。
aDSC03242.jpg


広河原山荘で登山届に記入して、ゆっくり歩きます。
本日のザック重量は多分14kg位。
昨晩飲めなかった350mlのビールもボッカしております。w

広河原から大樺沢を通って二俣に行くルートは今年もこの段階ではまだ通行止め。※
そのため、全登山者は、広河原から御池小屋に向かうことになります。
そのせいなのか、御池小屋へのルートに補修個所が何か所も増えていて、
どんどん階段&ハシゴ化されてきていて、非常によろしくない&楽しくない。Orz

(※友人が私の一週間後に登ったら大樺沢ルート、開通してたそうです。)

マイヅルソウ
aDSC03244.jpg


サンカヨウ
aDSC03250.jpg


御池小屋到着は11時13分。所要:2時間24分(CT3時間5分)
aDSC03251.jpg


ミヤマキンポウゲ
aDSC03252.jpg


バックカントラーがいる♪
aDSC03253.jpg


小屋で二俣から上部の様子を聞きます。
大樺沢はアイゼンあればいけるけど、ピッケルあるほうがいいらしい。
また、右俣コースは左岸を行けば雪なしで歩けるらしい。
当然、一般の人には草すべりコースを勧めてるとのこと。

御池まで来るまでに、八本歯経由だとバテる予感がしてました。
そこで今回は素直に、草すべりから登って、北岳山荘に重い荷物をデポし、
空荷で軽々山頂へ行き、キタダケソウを見ればいいじゃまいか♪

と、方針を決定し、小屋を出発すると、
後ろから、朝のタクシー待ちの時に列の後ろにいた
「ダメ出しお喋りオバサン」がついてきます。(^_^;)

このオバサン、ダンナさんに向かってずーっとノンストップで喋り続けるのですが、
その内容はすべてダンナのダメ出しという、驚異的なお人です。(^_^;)
しかも声が甲高いし声がよく通る。。。Orz

もしかして、このオバサンの声ずっと聞きながら登ることになるのか私、、、。
そう思った瞬間、私の足は左に向き、二俣方面に向かうルートを選択していました。w


ま、二俣から右俣のルートがあるから、それで行けばいいや、と思ったのです。

ミツバオウレン
aDSC03258.jpg


シナノキンバイ
aDSC03262.jpg


二俣に到着すると、
aDSC03261.jpg


先ほど、御池に居たバックカントリーな人達が居ました♪
aDSC03263.jpg


アイゼン(今回は6本爪)を装着し、ゆっくり登り始めます。
aDSC03265.jpg


すぐに右俣への分岐なのですが、右俣はかなり急傾斜で上に突きあげていて、
右俣ルートを行ったことがない私は、どこから夏道に入ればいいのかよくわからず、
トレースもないことから、右俣に行くのは諦めました。

結局、最初に「バテるかも」と思った八本歯ルートで歩くことに。www (^_^;)

aDSC03266.jpg


雪渓はひたすら我慢の登りですが、
雪好きな自分としてはゆっくりだけど気持ちよく登れたつもり。
雪渓上は涼しいし♪

途中、そのBCチームのテレの人と話したり、またべつの4人組のパーティと話したり。
特にこの4人組とは抜きつ抜かれつしながら色々話して楽しかったです。

上部二俣の少し下でシャリバテになったので休憩。
aDSC03267_20120710132724.jpg


この上部二俣で夏道に上がる階段が出てくるので、アイゼンを外します。

(つづく)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント