--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/12/18

地図読み間違いの検証

2010年12月17日の地図読み山行の下見山行で間違えた場所を
翌日再検証してみました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1641163588_204.jpg

昨日なぜそういうことが起きたかといえば、
現在位置をSだと勘違いしていた。その場所は本当はRだった。
現在位置がSだとすれば、右の尾根に行かねばならないという意識があった。
Rにも右に行く尾根があったので右に行った。
しかしその時点でコンパスは、行くべき方向は「左側の尾根」(正しい尾根)というふうに指していた。
しかし現在位置がSだと完全に思いこんでいたので、
コンパスが間違ってると、コンパスを悪者にして右に行ってしまったw

ではなぜ現在位置をSだと思い込んだかといえば、
その直前、Qから降りてきて軽い傾斜の緩やかなピークぽい場所に出た時に、
右に落ちる尾根があったので、そこでコンパスを当てた。
コンパスは右に落ちる尾根の存在を正しく指したので、ではここはRだと思い込んだ。
しかし、道迷いが発覚してからよく見ると、Qの先、右下あたりに同じような場所(ニセR)があり、
同じく右に降りる尾根が同じ角度で発生していて、両者は極めて似た地形であることがわかる。
そのことに気づかず、このニセRの地点をRだと仮定してしまったために、
次に来る地点をSだと無条件に思いこんだ。
RとSは、両方とも、尾根が左右に分岐しているため、これまた似ているのである。

このことを防ぐためには、地形図から、地形と標高以外に、距離を掴む練習が必要と思われる。
地形図は、250mが1cmで示される。
山行中に使ってる地形図は、2倍に拡大したものであるから、125mで1cmである。
※山行中に使う図にそういうメジャーがついてるといいなと思った。
QからニセRまでが1cm、そこから本当のRまでが1cmである。
このことから、QからRまでが250mの水平距離があることを事前に読みこんでおけば、
Rの位置を間違える可能性は少し減ったと思われる。

また、もしもQからRに降りる時に注意深く観察していれば、
ニセRで、右に降りる尾根があっても、
そこがRではないことを証明できたはずである。
なぜならば、そこがRであるならば、その手前に、
ニセRの、右に降りる尾根があったはずだから。
それを見逃したために、「最初の分岐=R」と思いこんだ。

つまり、今回の尾根間違いは、
1.RとニセRを間違えた(直接原因)
2.ニセRをRと思いこんだために、次に来たRを、Sだと思い込んだ
3.コンパスの針は正しい方向を指したのに信じなかった
4.1の原因として、QからRに向かう間の観察不足
5.水平移動距離の感覚の欠如

の5点からなったものである。

とくに3は致命的で、たとえ1と2があったとしても、
3の段階で、「おかしい」と、検証し直しにならなかったのが、
自分でも呆れてしまう。
少し前に帯磁して自分のコンパスが信用できなくなったせいか?

今回、講師は、完成したルートの案内が目的だったのでコンパスなし。
もしも講師がコンパスを持参していたとしたら、
講師のコンパスの針も私のコンパスと同じ方向を指しているはずであり、
この時点で、「おかしい」ということになった可能性は大。

このことは、リーダーがいる山行であっても、
全員がリーダーについていくのではなく、全員が地図にコンパスを当てる、
ということが非常に重要であることを示唆するものである。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。