2012/03/17

ヒーローの死

3月14日。

BC(バックカントリー)の師匠が亡くなりました。
新聞記事を読んでも、人から話を聞いても、
どう頑張っても、その人の死を受け入れることができませんでした。


考え続けて、2日目にようやくわかったのは、
彼が私のヒーローで、ヒーローは絶対に死ぬことはない、
と、私が思いこんでいた、ということでした。


きのうお葬式に行ってきました。
顔を見ないと亡くなったことが納得できませんでした。

だけど、顔を見たけどやっぱり納得できなかった。。。


お坊さんが、諸行無常について話してくれました。
残された私たちは、今日を一生懸命生きるしかないって。
昨日と今日は違うし、今日と明日はまた違う。
何一つ同じものがない、流転。
皆、失ったものが大きすぎて、明日に向かって転がって行けない。
だけど、生きて行くしかないのですよね。


きのうの水上(みなかみ)はいいお天気で、
あなたの命を奪った天神尾根がよく見えました。
JAN(日本雪崩ネットワーク)の人達はお葬式直前まで山に入って、
あなたの命を奪った原因を調べていたそうです。


ねえ、タカさん、
いくらタカさんがおっちょこちょい(失礼w)だからって、オウンゴールはないでしょ。
そりゃあんまりダサすぎだよ。。。(T_T)

楽しかったです。本当にありがとう。
今度から誰を師匠にしたらいいか悩むけど、
やっぱりBCは止めないで続けて行こうと思います。

お父さんは「心の片隅に置いておいてやってください」っていうけど、
忘れるもんですか。忘れられるわけがない。


あのつぶらな大きな目で、ニカーって笑って、
そう、あなたはまるで、三歩みたいな人だった。
ちっちゃい体で三歩みたいに強かった。

どうかもう苦しまないで安らかに眠って下さい。

ありがとう。そして、さようなら。
takasan2.jpg



雪崩で山スキーの男性死亡=谷川岳、同行2人は無事-群馬
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012031400986
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re: タイトルなし

那須の師匠

おっしゃる通りだと思います。
が、理屈ではわかってるんですが、
まだそういうふうに言葉にしてしまうことができません。

きっと時間をかけて少しずつ自分なりに消化していくんだと思います。
1つ1つの山を、板を担いで彼の足跡を追いかけて、登って滑って、
帰ってくることを積み重ねて、消化できていくんだと思ってます。
今シーズンは鳥海山で終えましたが、また次のシーズンも。
その次のシーズンも、彼のこと、彼の教えを忘れることはないと思います。

うまく言えませんが、今はそんな気持ちです。



> 残念な事故です。
> けして人事ではありません。
> 雪山、特にBCでのリスクは高いです。
> 彼が最後に教えてくれた事、「死」。けして無駄にしな事です。
> そうでなければ彼は報われません。
> ご冥福をお祈りいたします。

残念な事故です。
けして人事ではありません。
雪山、特にBCでのリスクは高いです。
彼が最後に教えてくれた事、「死」。けして無駄にしな事です。
そうでなければ彼は報われません。
ご冥福をお祈りいたします。