--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/10/01

温泉沢

9月28日

平日に休みがとれる人が集まって、
温泉が流れる沢に行ってきました。
場所はヒ・ミ・ツ♪です。 
沢の本にも載ってないし、遡行図もないので、
地形図だけを見てのお楽しみ沢行でした。

集まったのは車2台、合計9名。
朝8時半集合。
車を1台ゴール地点にデポしてから入渓地点に向かいます。

支度をしてさっそく入渓しましたが、最初は水も冷たく普通の沢でしたw
沢の相はあかるく、快晴の天気、紅葉の気配とあいまって気分がUPする。
aDSC01321.jpg


適度に面白いボルダー的な沢です。
へつり、
aDSC01337.jpg

ボルダームーブでの滝登攀などが続々。

aDSC01338.jpg


ただし、岩質は小川山並みw
水に磨かれている部分はツルピカですが、
そうでない部分は非常に尖っていて指皮がすぐに持っていかれる感じ。

スライダーもありました。
滝壺が深いからと調子こいて本気バンザイ加速型で滑って行ったら、
aDSC01351.jpg

滝壺に深くダイブしすぎて体が反転し、
水中で後ろ回りに「でんぐりがえし」にw
一瞬慌てましたが、サーフィンの時を思い出し、
自然に浮上してくるまで待って息つぎ。
aDSC01352.jpg

見てた仲間いわく「靴の裏が見えたのちしばらく見えなくなったので心配になった」そうな。(^_^;)

大きな滝もある♪
aDSC01366.jpg

そしてその後も良さげなスラブ滝が続き、
aDSC01371.jpg


そして大きなプールのあるところに出ました。
aDSC01375.jpg

このプール、水温が結構高くて「ぬるめのお風呂」みたいです。
ということは、その上にお湯の出るところがあるはず!

よく見るとありました!
湯の花が目印!
aDSC01378.jpg


そして、こちらは源泉が洞窟からポタポタと湧いています。
aDSC01379.jpg


ということで、早速ここで温泉に入ることに。
まずは土木工事です。
aDSC01383.jpg


雪山用スコップが沢で役に立つとはww

完成した温泉。
aDSC01399.jpg

大きなプール(ぬる湯)で泳ぐ人も。w
aDSC01385.jpg


皆充分浸かったところで遡行を再開。

ちょっと登ると、うぉぉ、また湯気が出てるw
しかもこっちはなかなか本格的ぽい♪
aDSC01413.jpg


ということで、各自、思い思いの場所に陣取って
ゆっくり温泉に浸かり、ここで各自昼食休憩。
かなり長時間滞在しました。
本当にいいお湯で離れがたい。。。
aDSC01417.jpg
aDSC01419.jpg
aDSC01421.jpg
aDSC01424.jpg


のんびり過ごした所で、さらに遡行再開。

いきなりボルダーチックな滝が出てきたり、
aDSC01428.jpg


またぬるゆ温泉があったり
154_large.jpg


またボルダーチックな滝があったり
208_large.jpg


温泉で滝行してみたり
199_large.jpg


後ろを振り返るとなんてすてきな景色♪
280_large.jpg


最後まで沢から湯気が出ています。
281_large.jpg


詰めも明るく苦労もなく、
しかも車を停めてあるので下山もラクチン♪
1台で2回のピストン輸送で全員無事下山。
沢から出た後は外気温が低くてさすがに寒かったので、
車の暖房全開で移動して、温泉にドボーン!
ゆっくり温まりました。

その後サービスエリアでご飯を食べて帰京。
ご一緒していただいた皆様、ありがとうございました。
とっても貴重で面白い体験でした♪ヽ(^o^)丿

※デジカメの電池が途中でなくなったので(スペア忘れた)
文中の写真、一部、参加メンバー撮影のものをお借りしています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。