2011/09/30

唐松~五竜~鹿島槍~爺ヶ岳縦走(4)

9月25日

最終日。
起床は3時。
食事は今朝はパスタ+グリーンカレーでした。
aDSC01280.jpg


しかし、ついにパスタがダメになってしまったのか。
それともグリーンカレーとの組み合わせの仕方が悪かったのか。
吐き気との戦いで、なんとか必死で全部を流しこみましたが、
かなり脂汗をかきました。
絶不調です。。。
北岳とまったく同じ症状やん。Orz

気を取り直して、撤収。
ゴアテンなので中は結露しません=霜が張りません、が、
フライはすごかったw 
フライ単体で自立するぐらいバリバリに凍ってたから、撤収の楽なこと!
簡単に折りたためてどんな造形でも可能w
グランドシートも板みたいになってて簡単にパキパキ折りたためる。w

三日月のきれいな、まだ薄暗いうちに出発。
aDSC01282.jpg


下のほうに町の灯りが見える。
aDSC01283.jpg


赤岩尾根の分岐を過ぎてちょっと登ったあたりでご来光。
aDSC01300.jpg


鹿島槍も朝日に染まる
aDSC01299.jpg


今じゃ珍しい感じになってしまった霜柱。
(昔はよく踏んで遊んだものですw)
aDSC01301.jpg


爺は北峰とか中峰をすっ飛ばして、南峰のみ。
aDSC01306.jpg


遠くに槍が見える。
aDSC01304.jpg


種池山荘到着
aDSC01313.jpg


種池の外トイレは清掃中だったので中のトイレを借りました。
とってもきれいでクレゾールのいい匂いがしてた。
小屋の人も感じが良くて、この小屋好きかも♪

少し休憩して下山します。
残りはCTで2時間30分なので楽勝!
1時間半で降りてやる!と思いきや、
実はここが私にとっては最大核心だったのでした。Orz

最初は快調に駆け下りていたのですが、
数十分ぐらいしたあたりから、足裏、ふくらはぎ、ハムストリングスに異常を感知。
今回、岩場のアップダウンが多いからと、
ソールの硬いハイカットのドタ靴ではなく、
ソールの柔らかいミッドカットの靴で来てました。
それがここへ来て完全にネックとなったようです。
ザックの荷重がなければ問題なかったんでしょうけど、
疲れてる上にザックが重い+小走りで下山(足先着地)となると、
着地の衝撃が普段以上に足裏アーチにかかるみたい。
(どうやら私は横アーチが弱く開帳足気味らしい)

結果、足底筋膜~下腿三頭筋~ハムストリングスの3つが連鎖して痙攣し、
硬直気味になり、ゆっくりしか歩けなくなってしまいました。Orz
足裏への着地のたびに衝撃が走り、自分でも信じられない展開に。(T_T)

駅見岬を過ぎたあたりで、L氏に、
先に行って車を取ってきてもらうようお願いし、
なんとかやっとこさっとこ登山口に到着。
靴を脱いで地面に座り込んでストレッチをしていたところへ
L氏が車を運んできてくれて助かりました。

本日のタイム(すべての休憩時間を含む)

冷池山荘~種池山荘 (2:08/CT2:20 CT比91%)
種池山荘~登山口 (1:46/CT2:30 CT比70%)



その場で着替えて車に乗り込み、出発。
美麻村の道の駅で産直野菜をしこたま買いこみ、
温泉に入り、お蕎麦を食べて、長野ICから高速に乗り、一路練馬へ。
途中事故渋滞等少しありましたが、無事に3時間後には練馬に到着し、解散。
3日間、ご一緒していただいたL氏、ありがとうございました。

ちなみに、足裏はその後数日腫れたのち、
現在は両足の第二指第三指に痺れが残っていて、
短時間でモートン病にかかってしまったようです。
痺れてるだけで幸い痛みはないので、
今後、テント泊の時はドタ靴を履いて登るようにして、
普段の生活でも横アーチサポートをつけて様子を見ようと思います。

長々とした日記をお読みくださいまして有難うございました。

最後に、ビデオ作ったやつを貼っておこう。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

通りすがりのものさん

コメント有難うございます♪
ヘタレの記録ですが参考になったのなら嬉しいです。
もう稜線上は寒いので冬仕様でお出かけくださいね。(*^^)

はじめまして。通りすがりのものですが、今週末五竜~鹿島槍縦走を考えていたので大変参考になりました。ありがとうございます。

p.s. ビデオNiceでしたv-218