2011/09/15

白毛門沢

9月11日(日)

谷川岳の正面に聳える白毛門の山頂に突き上げる沢が白毛門沢。
その沢に16名の大人数で行ってきました。

メンバーは16名と人数が多いですが、
皆さん沢経験者で、エキスパートもたくさんいるので
人数を感じさせませんでした。
前夜発で現地入りし、翌朝6時位に入渓。

しばらく歩いていくと、ハナゲの滝。
aDSC00928.jpg


この滝は斜度のついたナメ滝で、左側から滝のハシッコを登る。
aDSC00930.jpg


ハナゲ大滝は上までずっと続いており、そこからずっと緩いスラブになってます。
そして、このあたりがウォータースライダーのポイントらしく、
水上にあるガイドカンパニーがこぞってここにキャニオニングに来るらしい。

さっそく全員でかわるがわるウォータースライダーに挑戦。
大人が子供になる瞬間です。
aDSC00945.jpg

このスライダー最後にバンプするところがあって面白かったw

さんざん遊んだあと、白毛門沢に入って入っていきます。

ずっとスラビィなナメ小滝が連続して面白かったです。

スラブがイヤなら泳いで取り付く。
aDSC00956.jpg


結構ヌルヌルw 
aDSC00961.jpg


滑りますw
aDSC00966.jpg


高度感が出てきた
aDSC00967.jpg


こうして見ると結構な高さあるんだなぁ。
ホールドがしっかりしてるので怖さはなかったですが。
125_large.jpg


三平岩の横の登り
203_large.jpg


途中、蛙がいたので肩に載せて遊んでました。
かわいいなぁ♪
101_large.jpg


最後の二股を越えると、水量が減り、だんだん乾いたスラブに。
aDSC00983.jpg


そして稜線が近づいてきていよいよ詰めです。
aDSC00986.jpg



そして笹をかきわけて突然ポーンと頂上に出ました。
登山道じゃなくほんとに頂上に出るのが面白い。
218_large.jpg


頂上でゆっくり昼食休憩を撮ったあと、下山開始。
aDSC00999.jpg


ジジ岩だっけ。インディアン的風貌。
aDSC01002.jpg


長くて急でいやだ~と聞いていましたが、
皆でおしゃべりしながら下りたのであまりしんどくはなかった。
でも確かにあんまり道がよくないし飽きますね。(^_^;)

途中、13時45分に松の木沢の頭で、アミ○ーズの御一行約20名とすれ違う。
10時に出発してあそこに3時間45分かかってたどりついた面々は、
さらにあそこから数時間かけて山頂を目指すらしい。
(CTは登山道入り口から山頂まで3時間30分。)
年配者が多く、歩く速度も遅い。
帰りのCTは2時間25分だが、そんなに早く降りられるはずもない。
てことは、帰りは真っ暗に違いない。
幸い雷雲はなかったけど、あの会社は、本当にまったく懲りてないようだ。
トムラで亡くなった人達が気の毒でならない。(T_T)
腹が立ってしょうがなかった。
大体朝10時スタートって、、、。

彼らの無事を祈りつつ、どんどん降りていくと、
途中からハナゲ大滝が見えてきました。
aDSC01007.jpg


そして、スライダーに向かうキャニオニング組が見えました。(写真左の赤い列)
aDSC01008.jpg


そろそろ「まだぁ」と思うころ、無事に登山口に到着。
沢で靴を洗い、上牧温泉「風和の湯」へGO。
初めて行ったのだけど地味ながらよい温泉でした♪
温泉の後は赤城高原SAでご飯を食べて解散。

楽しかったです♪
メンバーが健脚揃いなので体力的についていけるか心配でしたが何とかなってほっとしました。
リーダーのYさん、SLのSさん、O君、ありがとうございました。
またご一緒していただいた皆さんもありがとう。
とーーーーーっても楽しかったです♪ヽ(^o^)丿
(文中に一部同行メンバーが撮ってくれた写真を使用してます。ありがとうございます。)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント