2011/08/08

栗駒山(2) 登山の巻

8月1日

前夜泥湯温泉から移動し、須川温泉の公営Pでの車中泊。
夜中、ものすごく寒かった。。。
車内目張りを、夏なのに銀色を内側(冬仕様)にしたぐらいです。
夏用化繊シュラフを使用してたのですが、
ダウンの3シーズンシュラフにすればよかった。
天気が悪いせいもあるのでしょうが、ちょっとびっくりしました。

須川温泉のPは、トイレも水洗で水道もある。
けど、水道は空気中の温泉成分のせいか少し金気臭いです。

早朝からガスが晴れるのを待っていたのですが、
ぜんぜん晴れる気配がないので、諦めて9時出発。
濃いガスによる視界不良で周囲がぜんぜんわからないままに、
地図から登山道の入り口を判定して近づいてみると、
露天風呂の横に遊歩道があり、そこから行けるらしい。
aP1070539.jpg



遊歩道は温泉の源泉が流れていて源泉硫黄臭が大好きな私は
( ・∀ ・)モエッとした気分になったのでした。
aP1070540.jpg


帰りにこの川に手を入れてみると、
適温よりちょい暑めな感じでなかなか良さそうでした。
(帰りにみると、その下部は足湯になってました。)

遊歩道を抜けるといくつか分岐があるのだけど、
最終的にはすべて名残ヶ原に抜けるとガイド本に書いてあったため、
最短と思われるコースで行ってみた。
aP1070542.jpg


名残ヶ原は湿原で、ガスがかかっていて風情があった。
キンコウカが咲き乱れていました。
aP1070555.jpg


ここでモウセンゴケと初対面。
aP1070553.jpg

イワショウブ
aP1070557.jpg


ネバリノギランかと思ったけどちがうぽい
aP1070558.jpg


その後、地獄谷に沿って上に登っていきます。
この地獄谷には例の硫化水素ガスが出てるらしく、
入ると文字通りの地獄になってしまうらしい。
ガスってるのでなかなか臨場感が。(^_^;)
aP1070560.jpg


と思ってるとちょっとガスが晴れてまわりが見れた。
きれいなコントラスト。
日光とかみたいな空の色だなあ。
aP1070572.jpg


そして前方に爆裂火口ふうのものが見えてきた。
aP1070571.jpg


昭和湖。
aP1070575.jpg

昭和19年にガス爆発して出来た穴に水が溜まったらしい。Σ(゚Д゚)
水は例によって強酸性。

あざみ。こうしてみるととてもきれい。
aP1070576.jpg


ちょっとした登りがあって、天狗平の分岐に到着。
そこから山頂はすぐです。

10時48分、山頂到着。
ガスガスです。
aP1070593.jpg


神社。
aP1070592.jpg


ガスの中で霧雨ぽかったので、おやつを食べてすぐに退散。
予定では産沼経由の笊森コースで帰るつもりだったけど、
このルート、入ってすぐにヤブコギになってしまい、
雨ガスの中を突破するのに困難を感じて引き返す。

結局ピストンになってしまった。

帰りは賽の碩を通って帰りました。
aP1070607.jpg


登山口着12時28分。

外来露天があったのだけど、なぜか入る気にならずにそのまま退散。

途中、栗駒神水という湧水ポイントがあったので、
水をたくさん汲んで帰りました。
秋田の焼酎や地酒にも使われてるそうで、
ここの水は癖がなくておいしかった♪
aP1070614.jpg


その後、一路東京へ。
東北山をめぐるプチトリップはこれにて終了。
今度はブナに会いに行きたい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント