2003/10/11

茶臼岳

連休はゲキコミだろうから連休前ということで行ったのですが、
やっぱりゲキコミだった。^^;

目的地直前に到達したのが朝の9時前ぐらい。
朝あまり早いと、写真が青かぶりするので、
もうちょっと時間がほしいと思いました。
ちょうど前から行きたいと思っていた美術館が近くにあり、
ちょうどいいやとゆっくり美術館を鑑賞。

・・・で、美術館を出たのがもう10時半ぐらい。
那須の茶臼岳ロープウェーに乗ろうと思ってたのですが、
このロープウェーへの道が駐車場まちの大渋滞。
1時間待ち、ちょっと不機嫌になってしまいました。^^;

が、ロープウェー山麓駅でうどんを食して(゜Д゜)ウマー!! 
一気にゴキゲンになった私です。(笑)600円なり。

20031011-1.jpg


ロープウェイからは、見事な紅葉が眺められました。
高速道路からも見えていたもので、
山が部分的に真っ赤になっている♪
土の色かと思いきや、見事な紅葉なのでした。

20031011-2.jpg


山頂駅から朝日岳の写真など撮ってから歩き始めました。
20031011-3.jpg


茶臼岳の山頂へは岩がゴロゴロしてて歩きにくいし、
裸山なのでつまんない、ということで登頂はせず、
牛の首、姥ケ原方面に出かけることにしました。

シーズンですし、著名な場所です。
たくさんの人に出会いました。
ヤマノボラーもいれば、ハイカーもいるし、
ヒールはいた観光客もがんばっています。

一番印象的だったのは、80歳以上の背中のまがったお婆さんが、きちんとした皮の登山靴をはいて、同じ年代のお爺さんに手をひかれて歩いてた、というシーンでした。微笑ましかった。でも、足場が大変悪いので、こけたらどないすんねん、という心配をしてしまった。^^;

牛ヶ首の手前の谷で、一箇所かなり紅葉がきれいな場所があり、そこで写真を撮ったり、そのそばの噴煙の出る場所で写真を撮ったりしていると、背後の山から鹿の鳴き声が。そのうち、向がわの谷からも、「けぇ~~~~~~ん、くぅわ~~~~~~~ん」という、甲高い鹿の鳴き声が聞こえてきました。谷全部にこだまして、それはそれは物悲しい、すてきな声で、もののけ姫を思い出してしまった。

谷を歩いていると動物の気配がして、谷が生きてることを実感することがよくあるけど、ほんとにそういう感じでした。
ああ、いいなあ、って素直にヨロコビを感じました。(^^)

牛ヶ首に到着すると、信じられない光景が広がっていました。
右上に溶岩ドームがいまにも崩れそうに聳え立っているのですが、その眼下には、錦のような、すばらしい紅葉の風景が。
その先には、山やまが幾重にもシルエットをなしており、しばらく呆然と立ち尽くしました。

20031012-1.jpg


神はこういうものを時々おつくりになって、人間を驚かせる。
人間にはマネのできない、すばらしいスケールと計算力です。(笑)

引き込まれるように姥ヶ原に降りました。
写真を撮りながら降りていきましたが、プロっぽい写真家はもとより、シロート風の人だって、誰だってため息と歓声をあげながら紅葉に引き込まれていきます。

姥ヶ原は、茶臼岳から雨天時に流れ落ちる沢の堆積地のようでした。
そこにベンチとか置いてあって、休めるようになっています。
そこから見上げると、茶臼岳は白い噴煙をもうもうとあげており、噴煙の噴出音までハッキリ聞こえます。

20031012-2.jpg


生きてる谷、という感じです。
夕方に近かったので、ちょっと怖い感じがするぐらいでした。
一人でここを夕暮れに歩くのはちょっとイヤだなあ。(笑)

最終のロープウェイの時間もあるので、そろそろ登り始めなければいけません。
登りながら振り返ると、谷から霧があがってきて、これがまた遠い山やまにいい雰囲気を与えている。
あっちこっちで足を止めながら写真を撮って登っていきました。

牛ヶ首まで登ってきて、先ほどから音をたててる噴煙の口を見に行きたくなりました。噴煙口は地面も熱く、あまり近くに寄るとまじでヤケドします。

20031012-3.jpg


途中、先ほどの姥ヶ原を見ると、これまたアングルが違っていい感じ。(笑) それでまた時間かけて写真撮って、ってやってると、牛ヶ首に戻ってきたときにはすでにかなり乗り遅れそうな時間になってました。^^;

飛ぶように尾根をを駆け下り駆け上りして、やっと最終の人たちに追いついたんですが、彼らにきくと私が記憶していた時間より、最終のロープウェイは20分も早かったらしい。(;・∀・) そこから彼らを追い越してまた駆け下りていきましたが、彼らには「ロープウェイに待ってくれといってくれ」と頼まれてしまった。^^;

結果、出発の10分前ぐらいには到着してたんですが、いやもう焦った焦った。(;・∀・) 写真を本気で撮ってると時間忘れるから気をつけないとアカン、ということを学びました。(自爆)
先ほど追い越した彼らも無事に時間内に到着したので、一安心♪

ロープウェーで下山後、食事をしてから帰途につきました。

機材:FujiFinepix150z
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント