2010/11/06

表妙義・主稜線縦走(白雲山~中ノ岳)(2)

前篇はこちら

ホッキリから先は、いよいよ危険地帯に入ります。

まずは有名な鷹戻しです。
最大難所の1つらしい。
ホールドはあるし、鎖もあるが、、、
長い。。。
登りはまだいいけど、これ下りは手力だけでやってたら間違いなく落ちるでしょうね。
そして、ものすごい高度感です。
足元は麓まですっぱりきっぱり切れ落ちてます。

これは一番下の段を撮ったところ。(まだまだ上に続きます)
aP1040370.jpg

登りきったところ(友人撮影)
a323_large.jpg

そして、続くは、最大難所その2の「ルンゼ内2段鎖30m」と「山と高原地図」に記されているところです。
先行パーティ(山岳会)が懸垂下降していたので、順番を待ちましたが、
我々もせっかくロープを持ってきてるので懸垂下降で降りることとし、
ソロやら2人組やらのパーティを、いくつか先に通しました。

その中の、ジーンズ+スニーカーのソロハイカーのおじさんは怖かったです。
上から降りてきたのですが、2段鎖の1段目(上の段)で2回滑落しました。(^_^;)
完全にゴボウ(手力のみ)で降りてるので、もう握力が入らないらしい。
滑落はいずれも数mだったのでなんとかなりましたが、
とりあえず、2段目と1段目の間にいた私は彼をしばらく休ませました。
その間につい色々注意してしまいましたが、心底懲りてるみたいで、素直に謝っておられました。(^_^;)
謝らなくてもいいから、無事に下山してほしい。心からそう思いました。
男性でしたが、女性なら泣いてるかも。全身からそういう後悔のオーラが出ていました。
よくここまで来たなぁ、と思いましたが、多分引き返そうにも引き返せなかったのでしょう。

そして上から仲間が懸垂で降りてくるのを指導している最中に、
先ほどの彼が下の段で滑落するズリズリズリズリズドーンという音が聴こえました。(^_^;)
「大丈夫ですか!?」と叫ぶと、「なんとか大丈夫です。」との声。ホッ(^_^;)
ほんっとに見てるだけでも生きた心地がしませんでした。
彼が無事に下山したことを祈りたいです。

というわけで、前にも後ろにも誰もいなくなったので、
ゆっくりと1人ずつ懸垂の練習です。
上の段と下の段でピッチを切って2回楽しむことができました。

トップで私が降りて~
a189_large.jpg

仲間が降りてくる様子をみてあれやこれや言うw(友人撮影)
a193_large.jpg


昔はこの鎖が太いの1本だけだったので、女性にはとくに握りにくく、滑落が絶えなかったそうな。
aP1040386.jpg


やっとそのルンゼ内が終わって尾根筋をトラバースしてる時に仲間が名付けた「熊岩」
まさにプーさんそのもの。
aP1040393.jpg

そして、そこから回り込んで先ほどのルンゼを正対で見ると???
aP1040397.jpg

なんと、あんな恐ろしいところを降りてたのか!

aP1040399.jpg

改めて見ると恐ろしいところです、ほんとに。

そしてこの後は、最後の難所「こぶ岩」ですが、
ここは今年5月、亡くなられた方がいて、そのせいなのか新しい鎖が張ってありました。
(仲間が言うには前に来た数か月前にはなかった鎖だそうです。)
確かに、ここに鎖がないと、落ちる人はいるだろうなと思わせる場所でした。

そして15:40、中ノ岳に到着。
名残惜しいけど、ここから下ります。

最後までこんなのがあったりして、妙義ってほんとに面白い。
aP1040418.jpg

神社上の展望台で、中間道の石門群を見ました。
ここも楽しいらしいので今度行ってみたいな。
aP1040429.jpg

そして16:31、無事に中乃岳神社に下山しました。

出口でびっくりしたのがこの大国様。w
aP1040444.jpg

ちなみにここの神社のトイレはきれいで感激でした♪


デポしておいた車に乗って、登山口に戻り、そのまま隣の「もみじの湯」温泉に突入。
のんびり浸かって、麓のコンビニまで買いだしに行って、そして車の横で宴会しました。
久しぶりに逢えた仲間もいたのでおおいに盛り上がりました。
そして車中泊。
明日は高岩山です。

おやすみなさい~♪


※山と高原地図のCTは8時間5分。
我々は8時間30分かかった。(途中休憩合計1時間、+ 懸垂下降で1時間半=2時間半のロスタイム含む)

※最後に、表妙義の稜線縦走は、初心者、初級者はNG。
中級者であっても、岩場歩きが得意な人でないと難しいと思います。
高所恐怖症ではない、岩場大好きな人のみが楽しんで歩ける場所ですが、
たとえ楽しくてもそこが非常に危険な場所であることには変わりはなく、
落ちたらケガどころか即死の危険性が常に付きまとっています。
ですので、不安があるうちは行かない、不安だけどどうしても行くという人は(^_^;)
必ずガイドさんにロープで確保してもらって行くことを強くお勧めします。
要所要所についている鎖は、補助的なものではなく、それに頼らざるをえないものばかりです。
また、垂直に切り立ったり、一部ハングしているところもあり、
クライミングの心得がなければ、手の力だけでぶらさがることとなり、大変危険です。


と、今回、ほんとに怖い遭難予備軍な人を見たので書いておきます。
皆さまどうか事故なきように。(祈)


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント