--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/10/12

紅葉の裏剱(1)

連休が雨で計画がつぶれたので、その直後の平日晴れ間に出かけました。
大阪の友人と東京から私1人で平日だったので、バスを利用して富山入り。
料金は大阪からだと富山まで往復8000円台、
東京からだと高いところは往復13000円位、安いところで往復11000円ぐらい。

●月曜日

各地発→車中泊

ギリギリに席をとったため、一番前のシートしか空いておらず、
3列独立ではあったものの、足が伸ばせず熟睡できず、睡眠不足に。

●火曜日

→早朝 富山駅で合流。
7時半発の立山行き直行電車に乗る。
室堂着8時50分。
室堂発9時15分。

室堂駅構内で警備隊の人が山岳情報を更新してたので、
これから歩くルートについて色々話を聞いた。
剱沢小屋は営業してないとのことで、真砂も営業してないのはわかってたので、
つまりは、営業してる剱御前小屋がファイナル水場に。
次の水場は池ノ平または仙人池ヒュッテまでないということで、
今回は水をたくさん担いで歩く旅となりそう。

出発直前に室堂の湧水を汲んでると、声をかけられました。
同年代とおぼしき、しかし若々しい感じのペアに「どこ行くのか」といわれ、
ルートをこたえると、「同じ!」との反応。
「ではこれからよろしくお願いします」ということで、彼らとはほんとに最後まで、
抜きつ抜かれつしながら一緒でした。
旅は道連れ世は情けという言葉がよく理解できた旅となりました。

一ノ越から立山三山
aP1030993.jpg

雷鳥沢。誰もテント張ってません。
aP1030994.jpg

雷鳥坂。
aP1030995.jpg

大日方面から登ります。
aP1030996.jpg

空の青と紅葉がきれい。
aP1030997.jpg

奥大日
aP1040008.jpg

槍が見えたよ~
aP1040010.jpg

室堂~雷鳥沢&地獄谷を見下ろす
aP1040011.jpg


CTちょうど位で剱御前の小屋到着。
小屋で水を買う。2リットルで900円。(^_^;)
剱沢でまだ水が出てるとの情報はあったのですが、アンパイをとって水を買いました。

小屋前から見る剱
aP1040016.jpg

小屋クローズの注意書き
aP1040019.jpg

で、結果、剱沢の警備隊の前のホースからはまだ水が出ていました。
(よく皆がスイカとかビールひやすとこ)
なので、そこでさらに500mlのペットボトルを満杯にして、水は3リットル。
これで2日は大丈夫でしょう。
その水場にイワヒバリが居ました。
aP1040025.jpg


警備隊はもうおらず、テントもは3張りしかなかった。
aP1040026.jpg

剱沢小屋に立ち寄ってみれば、ほんとにまったくもって撤収完了。
aP1040027.jpg


そこからは真砂沢に向かって剱を左手に観ながら、
紅葉や黄葉に歓声をあげながらのガレガレの下りとなりました。

(つづく)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。