2010/09/18

霞沢岳(2)

10時30分出発。
小屋から45秒で見晴らし台。
そこからみても明神も穂高も穂先をガスに隠したまんま。
見晴らし台から横に伸びる道が登山道に繋がっています。
登山道と合流後、まずは1つめの目標であるジャンクション・ピークを目指します。

ガスが出てきたー。
aP1030814.jpg

往路はなんとも思わなかったのですが、結構急な登りだったらしく、
よく考えると途中ジグザグに道を切ってあるところもありました。
aP1030815.jpg

11:02、スタジオ・ジャンクション。
aP1030816.jpg

そこだけ木を切って穂高方面が見えるようにしてありました。正面焼岳。
aP1030818.jpg

そこからさらに登っていくと、11:22ジャンクションピーク到着。
aP1030819.jpg

残念ながらガスで眺望(松本方面)は開けず。
aP1030820.jpg

ジャンクションピークから次なる目標ポイントの「湿地帯」まで。
小ピークのアップダウンを繰り返しながら木の根道をグイグイと進みます。

稜線上はこんな木も。
aP1030822.jpg

北アルプスというより近所の里山に近いような印象を受けるのは、
森林限界を超えていないからでしょうか。
また、土や岩の質がが槍や穂高と明らかに違っています。

aP1030825.jpg

登山道は最小限の手入れしかされていないので、非常に野趣にとんでおり、
よく言うと 風 情 の あ る 静 か な 山 なのですが、
反対の角度から見れば、

歩 き に く い こ と こ の 上 な い 。です。w

とくに、土の質が粘土質なため、雨の溜まったところのヌルヌルヌチャヌチャぶりは
筆舌に尽くしがたいカオス状態で。(笑)
ここでこけたら百年目と思いますから、
絶対こけないようにイヤでもゆっくり慎重に歩くようになります。
この歩きにくさは、たとえて言うならば、
3月下旬の八ヶ岳南沢のつるつるに凍った下山道みたいな感じ。

秋の気配が少しずつ。ゴゼンタチバナの実
aP1030824.jpg

も、もしかして、あれが山頂? と、遠くない???
aP1030826.jpg

ま、間違いない、あれが山頂(右側)だ。げーっ、、、遠い。(T_T)
aP1030827.jpg

ヌチャヌチャと戦いつつ、11:53「湿地帯」に到着。
aP1030828.jpg

ここはまたコル部になっていて、とにかくこの稜線はアップダウンが多い。
似てるとすれば、日光の金精山から奥白根までの道に似ているかも。

次なる目標ポイントはK1です。
K1は頂上稜線なので、まずはとにかくK1を目指してスタコラ。
ほんとに近所の藪山みたい。(笑)
aP1030829.jpg

途中、左側の沢(霞沢の支沢)の上が完全に切れ落ちてるポイントがあり、
(写真雲がかかってるのが頂上です)
aP1030835.jpg


眺めがいいですが、よく見るとナイフリッジ状になっていて左に落ちると命の危険が。
aP1030830.jpg

(帰りにここでメンバーが一人こけて冷や汗をかきました。(^_^;))
ここで立ったまま食料補給。
(考えてみれば霞沢岳は、座ってご飯を食べられるようなところは
ジャンクションピークと湿地帯、頂上稜線以外にはなかったのであります。)

食後すぐに出発。
aP1030833.jpg

秋の気配。オオカメノキの実
aP1030834.jpg

※ここからカメラのモードが間違ってISO1600になってしまい画質が粗くなってるので画像サイズを下げます。(T_T)

さあ、まずはあのK1を目指そう。(真ん中のガスがかかってるピーク)
aP1030836.jpg

秋の気配。マユミの実。
aP1030837.jpg

やたら急登が出てきます。
aP1030839.jpg

上高地側に回り込んでみると、ちょっと晴れてきた?
aP1030840.jpg

六百山側のトラバース。木をまたいで乗り越えます。
aP1030842.jpg

そしてこの直後が有名な?(悪名高い?)K1のガレルンゼ。
ルンゼというか、沢の最後の詰めみたいな感じのガレザレなところです。
落石当たり前で掴みどころがあんまりないため、トラロープが張ってあります。
aP1030843.jpg

ピーク直前にシラタマノキの群生
aP1030845.jpg

ゼィゼィヒィヒィいいながら直登して登りついたのがK1ピーク。
感動的な景色を期待していましたが、ガスで視界ゼロ。(^_^;)
・・・しかも、ピーク表示板がない。Orz
なので写真割愛。

視界ゼロにつき、GPSで慎重にピーク確認をするが、間違いなくK1であることを確認。
ちなみに今回、Junkjewelさんが持参されたGPSはオレゴン300
私のVistaTreckに比べるといかにも新世代と言う感じでタッチスクリーンが非常に使いやすく
画面も大きくて、大変羨ましかったです。

(つづく)

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント