--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/07/25

北岳~間ノ岳(2)

(つづき)

北岳から、眼下に見える北岳山荘のテン場を目指します。
aP1030043.jpg

りんどうが咲いてました♪
aP1030045.jpg

13時40分ごろ? 北岳山荘テン場 到着。
大好きな山友達Mさん夫妻が来てました♪
久しぶりの再会にとてもうれしかったです。
人数分のシフォンケーキを焼いてきてくださり、差し入れて下さいました。
本当にありがとう♪ヽ(^o^)丿
aP1030049.jpg

とりあえずテントを設営し、昼ごはんを食べます。
私は食糧計画がなぜか狂い、一食不足気味になったので
小屋メシを食べようと小屋に行ったら、そんなものはなかった。w
北アと南アの違いはここ、ということらしい。(^_^;)
仕方なくカップヌードルとパン、ジュースを買ってきました。
(それでも売ってくれるだけぜんぜんマシです。
全国の山小屋の中には売り物の全くない小屋もあるらしい。
事前の情報収集は大切ですね~。実感しました。)

aP1030051.jpg

しばらく休んだ後、間ノ岳に向かいます。
明日の朝という選択肢もあったのですが、天気予報が今一つで、
どうせなら晴れてる今日中に行くことになりました。

14時40分 北岳山荘テンバ出発
北岳山荘と北岳を振り返る。
aP1030052.jpg

そしてここからが本日の核心だったかも。w
見えているポコポコしたピークの上にそれぞれ山頂標識のようなものが立っており、
「ああ、あれが山頂ね。」などと思っていると、それは道案内の標識であり、
いつになっても「←間ノ岳 北岳→」の標識ばっかりだったのでした。

aP1030053.jpg

そして次第に事実に気付き始めます。
コースタイムからして、いくら速足で歩いても(たとえCTの半分で歩いても)
そこから逆算すると、あれが山頂のわけがない。

aP1030054.jpg

つまり、、、もしかして、あの遠くに見えてる山が間ノ岳???
まじっすか???
あそこまで行くんすか???

aP1030055.jpg


って感じで。(^_^;)
aP1030056.jpg

でも、このことは全員が内心で思ってたらしいんだけど、
誰も口にしませんでした。w
ひたすら速足で歩いていきます。

aP1030057.jpg

そして、もうええわ、この山頂もどきが山頂じゃなきゃ帰る、ぐらいの疲労度になった、
15時45分、やっと山頂到着。
(CT1時間40分のところ1時間5分)
aP1030059.jpg

多分景色が見えてればもっと素晴らしかったのかもしれないけれど、地味な山頂だった。(^_^;)
風が強く寒かったので、リーダーの許可をもらいOさんと先に飛ぶように下りました。
後から降りてきた本隊はライチョウの親子を観たらしい。しまった!ヽ(`Д´)ノ
山荘の上までM夫妻が出迎えてきてくれていました♪

17時ごろ? 北岳山荘テン場到着。下りは1時間
皆の帰着を待って、宴会&晩御飯。

今回はまったり山行なので、出るわでるわ。w
26cmのフライパンで鶏ちゃん焼きを作ってふるまう人やら
牛肉のステーキをふるまう人やら、ソーセージやら、生のきゅうりやら。
M夫妻からもカルビやチョリソー、フランスパン、きゅうりサラダ等、
超豪華晩御飯となったのでした。ヽ(^o^)丿

少し早いですが、まだ日の落ちる前の19時に終了。

私は今回はアメリカから通販で取り寄せたAurora Bivyのお試しも目的でした。
(テントは同行のYちゃんに貸した。彼女も「テントを背負って歩けるか」のお試し。)
60023b24-c685-4cc4-ac33-b9c7ab339e06.jpg

testimonialは読んでたので、問題点もわかってたのですが、やはり、指摘通りでした。
ゴア製なので通気性はあるはずですが、開口部(顔の上)に空間を作らないと、
呼気でビショビショになる、というのが1点。(入口は少しあけています)
(上の写真では、顔の前に空間があるように見えますが、実際にはヘタヘタの布なので、
中に入って寝ると、顔の上に布がかぶさるようになってしまいます。)
あと、北岳は風が強いので、顔の上に空間を作らないと
風が吹くたびにBibyが顔をこすって目が覚める、という事態になりました。(^_^;)
ただ、寝心地は思ったよりはるかに良く、しかもものすごく暖かい。
テントよりはるかに暖かいです。
なので、今後は、ハンガーの針金を伸ばしたものを2本持っていって、
顔の上に空間が作れるように工夫してみようかと。
Aurora Bivyの上級モデルのAdvanced bivyは、開口部にワイヤが入ってるので自立するんですが、
それだと高いし重いし、なので、しばらくはオーロラ改造計画に励みます。w

寝ている私。(SLのOさん撮影)
245_large.jpg


そんなこんなで、夜中何度も寝たり起きたりしたのですが、
暑いからと顔をザックから出して星空を眺めたりして、
満点の星を堪能したりもしました。(コンタクト入ってないのであまり見えませんが(^_^;))
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。