--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/05/01

GWは涸沢で(1)

しばらく山を休んでいましたが、また復活!ということで、
さっそくGWに残雪のアルプスを楽しみに涸沢に行ってきました。

ネットのオフ山行で、私にとっては初の雪山テント泊になります。
装備が重くて担げるかが気がかりでしたが、
涸沢まで行けばあとはサブザックになるので、
とにかくがんばって参加しました。
ネパールのあとだったので高度順応はできてるため、その部分は心配なし。
心配だったのはひたすら歩くスピードでした。w


【4月30日金曜日】

金曜夜、東京発、単独、自車で。
GWの恐ろしさで、高速が相模湖まで全線渋滞。(^_^;)
八王子で乗るつもりだったのに、結局相模湖まで下道で行きました。w

そこからは高速ですいすい。
松本ICで降りてすいすい。
セブンに寄って買い出しして、
そして沢渡到着3時ぐらいかな。
思ったより時間かかりました。
仮眠。

【5月1日土曜日】

沢渡発5時40分の始発のバスで上高地へ。
そこで待ち合わせてたメンバー全員と合流。
本当は私は一足早く行くつもりだったのに皆早く来すぎ。w

そして出発。
横尾まであっという間で疲れもなく元気に到着。

横尾から本谷までもあっという間。
本谷から涸沢までは雪の積もった沢の上を遡上するので、楽しいし早い。

途中で2パーティにわけて早い組がテン場を押さえにダッシュで登り、
亀さんチームはゆっくり登って到着。

テン場到着後、テント村設営。
私はYちゃんの隣の「文化住宅」に入居。w
Yちゃんが二重壁を作ってくれたおかげで快適!

↓M君撮影
93_large.jpg

準備ができた人からヒュッテのテラスに集合して乾杯。
しかしこの日は恐ろしく寒くて、買ったビールを1口飲んだだけで、
L氏にあげてしまった。
震えながらご飯を食べて、すぐに撤収しました。
hさんと「10月の涸沢の吹雪鍋思い出すよねえ」と。
(今回、あの時のメンバーは私とhさんしかいなかったらしい)

今回、冬張りも持ってないし、フライだけのテントで、
テント内防寒装備的には3シーズン用の400gのシュラフを2本。
さらに使い捨てカイロも持ってきて、ウレタンマットもあるし、
さらに腰の下にエアマットもしいたのだけど、寒がりの私には厳しかった。
なかなか寝つけず、カイロを追加して4枚使用してやっと寝つけた。
(もちろんシュラフの中ではダウン上下着てます)

ところが、L氏は、暑くて仕方なかったという。
これはもう体感(耐寒)温度の差ですね。
ほんとにこればっかりは個人差がありすぎて、
人の感想は参考にならない。
なので、私はつねに寒がりであることを念頭に置き、
腰を冷やすとやばいので防寒具は多めに、これがマイ鉄則。
カイロ15枚持ってきてよかったです。w
(2日目の晩からはコツをつかんで暖かく眠れるようになりました)

※初日と2日めの穂高岳山荘までの写真が、
SDカードの書き込みエラーで消失してしまいました。(T_T)
なので写真がありません。<(_ _)>
(2日目は前半、同行の友人たちの写真を借りています)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。