2009/08/16

剣沢ふたたび(3)

翌朝3時40分出発。

剣山荘についた4時すぎ、稜線が赤く萌えはじめました。
きれいだなぁ。
そのうち稜線が真っ赤に。
P1000338.jpg

剣山荘からいよいよグイグイと登っていきます。
遅い人がたくさんいて、特急のTさんが抜かしまくり。
私たちも必死でついていきます。

一服剣を過ぎて前剣に来たあたりで、
私には明らかなオーバーペースなのが影響しはじめ、
本隊との切り離しをお願いしました。
これも無線機があるからできるワザなのですが。

L氏に本隊で行くように勧めても、
彼は私のお守りをすることに決めたようで、
私と一緒に歩くと言い張ります。
ので、Tちゃんと<Mちゃんの関西チームだけ先に行ってもらいました。
(元から登山届けは、2隊別で出してるんで問題はなかろう。)

5時10分ごろ、日の出。
P1000341.jpg

トレーニング不足の身では、いくら空荷とはいえ、
剣のように垂直登行が連続する山は息があがります。(;・∀・)
可能な限り速足で歩きましたが、筋肉的にも疲れた。(笑)

5時49分、難所といわれるカニのタテバイ。
P1000353.jpg

普通はここで渋滞してるので休憩できますが、
朝早いせいもあって渋滞しておらず、
休憩なしで通過。(笑) しんどい!w
P1000356.jpg

6時10分ごろ、シャリバテでかなりフラフラしてきたので、小休止。
ムシャムシャ食べて血糖値をUPさせる。

頂上稜線から剣沢方面を振り返る。
この景色はいつみても最高。
P1000359_20091101131540.jpg

あれが頂上 (^-^*)♪
P1000360.jpg

6時27分、山頂到着。
P1000363_20091101131749.jpg

先に到着してた2人と合流します。
彼らは6時に到着してたらしい。やっぱ早いわ。(;´Д`)

写真を撮って、ちょっと休憩してからすぐに下山。
どんどん人が登ってきてるので、
早く降りないと渋滞に巻き込まれる。(;・∀・)

下山も、Tさんたちに先に行ってもらい、
ゆっくりのんびり、花の写真を撮りながら下りました。

ちなみに、カニのヨコバイ、岩に穴あけてステップ作ったみたいで、
1歩目の恐怖がまったくなくなってた。(;・∀・)
もうあそこは難所でもなんでもないですねえ。

ダラダラ歩いて帰ってきて、新築の剣沢小屋を見たりもしました。
P1000394_20091101132011.jpg

基本的に構造は一緒で、あの立て看板も一緒でしたが、場所が。。。・゚・(つД`)・゚・
昔の剣沢小屋の位置に戻ったといえばそれまでですが、
剣沢の野営場利用者からしたらつらい位置です。
多分、ビールとかカップラーメンとかの売上も落ちてるのでは、と思います。

9時45分、テン場に戻りました。
M夫妻は一足先に帰路についてて、
無線で別れの挨拶をしました。
お留守番のMさんは足慣らしに、別山までM夫妻と同行。

まさかこんなに早く戻るとは思ってなかったので
(でもCTでいえばこんなもんだ)
なんか1日丸まるヒマになってしまいました。(笑)

しょうがないので、まずはとにかく昼寝をしました。
皆さんもビール飲んだり昼寝したりしてたらしい。
テン場のお昼寝って(・∀・)イイ!! です。
皆の話をウツラウツラ遠くに聞きながら、
鳥のさえずりや風の音を聞きながら、、、♪

で、起きて昼ご飯食べてまたビールのんで談笑して、
夜ゴハン食べてまたビール飲んで談笑したり、
今後の山行計画を立てたり。。。

この日はそんな感じでダラダラと過ごしたのでした。

夜半、何度か雨が降りました。
明日雨の撤収だけはイヤだなぁ、、
とか思いながらぐっすり寝てました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント