2009/08/15

剣沢ふたたび(1)

8月14日~16日で、また剣に行ってきました。

今回のメンバーは関西のTさん、Mちゃん、Mさん、そして東京からはL氏。
直前に飛び入りでM夫妻も1泊2日で来ることになって、
全員で剣沢集合のワクワクプランです。

もう全員大好きなメンバーなので、テンション上がりまくりです。ヽ(´ー`)ノ

前夜20時ぐらいに練馬発。
富山ICまで関越、上信越、北陸道と乗り継ぐ。
深夜2時富山駅に着いて、駅Pでビバーク。
翌朝の直通バスに乗って一路室堂へ。


室堂に到着して、L氏とは別れます。
彼は立山三山を回る予定で、
私は室堂から剣沢までマッタリ直行の予定。

L氏を送り出して、室堂ターミナルを出て、
みくりが池のほうへ歩き出そうとした瞬間、
すごくタバコ臭いのですよ。

よく観ると、ガイドとおぼしきおじさんが、
歩きタバコしてるのです。

プカーとタバコをふかしながら、自分のお客に、
「ぜひあっちのほうへ行って、景色みてきたほうがいいですよ」
などとシタリ顔で言ってるので、

「あの。。。。すみませんが、歩きタバコ辞めてもらえますか?」

と言ってみました。


したら、ピタッと停まって、クルッと振り向いて、

「なんだとぉ?(#゚Д゚)ゴルァ!! 」

「てめーなんかに言われる筋合いねえんだよぉ。(#゚Д゚)ゴルァ!!」

と、ものすごい剣幕でまくし立てられたので、( ゚Д゚)ポカーン。。。。

火のついたタバコをこちらにむかって立てて迫ってくるような、
そういう行為をしながら怒鳴られました。・゚・(つД`)・゚・

そこで

「歩きタバコは辞めてくださいと言ってるんですが。」とつとめて冷静に言うと、

「なんだとぉ(#゚Д゚)ゴルァ!! 俺はそのためにこれ(携帯灰皿)を持ってるんだ!」
と、なにやらいまいちよくわからんことを言う。(;・∀・)
携帯灰皿はポイステ問題であって、歩きタバコ問題とは違うような。(;´Д`)

そのままタバコを消しもせず、逃げるように歩いていくので、
「だから~。歩きタバコをやめてくださいって言ってるんです。」
と言ってみました。
自分でもびっくりしたのだけど、殴られる覚悟でした。(笑)

したら、「テメェ、なんだこのやろう?」と、
タバコを押し付けるような仕草でこっちに向かってきたので、
胸にかかってる名札が見えそうになりました。
ナントカ取り扱い主任って書いてあって、某社のマークがついてました。

「あ。某社のガイドなんですね。お名前教えてください。本部に言うから。」
というと、逃げるようにして後ろを向き、手で名札を隠します。(;´Д`)

嬉しくなって「お名前教えてくださいよ。本部に報告するから。」
「ねえ、お名前は?」「なんていうの?」
「バスの運転手さんに聞いちゃおうかな」
などと言ってみました。ww

気づくと、私は彼を建物横の足湯の横のフェンスに追い込んでいました。

「わかったよ。わかった。
ここで止まって吸えばいいんだろ。
はいはい、私がわるぅございました。」

と、ついにそのガイドは敗北を認めたのです。

「そうそう。そうやって止まって吸ってくれたらそれでいいの。」

と言い捨てて立ち去ったのですが、
しばらくはハラワタが煮えくり返ってました。
某社にクレームを入れようと
文面とか考えながら歩いてしまったので、
途中、みくりが池に来るまでは、
景色に目もくれませんでした。(;・∀・)

美しい池にハッと目が覚めて、気分を切り替える。
P1000294_20091101130101.jpg

結局、その後、帰宅してから某社にクレームを入れました。
あまりに酷い対応だと友人がこぞってクレームすることを勧めたからです。
某社からは丁寧なメールが何度かきました。
該当するガイドを探し出そうとしたけど、該当する人は居なかったそうです。
が、このガイドの態度はケシカラン!と、担当者も怒っていたので、
まぁヨシとすることにして、一件落着としました。


ってことで、剣とは関係なく、
初日の最初の核心はこれだったのです。(;´Д`)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント