--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/07/03

霧ヶ峰散策

今日は雨が降らなさそうだったので、
裏山に登って足の調子を見ることにしました。

ゆっくり登れば痛くないんでは、という疑問?を実証すべく、
デジイチと水と雨具を持って出掛けたのであります。

隠れ家は標高1500m
裏山は1800m
標高差300mをゆっくりゆっくり歩いて山頂へ。
花を見つけてはしゃがみこんで写真を撮ってたので、
えらく時間がかかってしまった。w

ここは冬場、スノボの板を担いでくることが最近多かったので、
それに比べるとあっという間、近い!という印象。
やはりボードの板は重いな~<テント装備担いでるのと変わらない

あたりは咲き始めたニッコウキスゲと、まだ咲いてるレンゲツツジの競演。
まだツツジのほうが優勢のようです。

冬場なら裏山から滑り降りて帰ってくるのですが、
今日はいくら足のリハビリといっても、あまりにも手軽すぎて、
そのまま帰る気にならず。。。

かといって、いつものロングコースを歩くと10kmになっちゃうので、
困ったなぁ、とかいいつつ、ロングコース方面へ歩き出してしまいました。

(ロングコースというのは、裏山からホームゲレンデの上部をまわりこみ、
隣のスキー場の上まで行ってから、ホームゲレンデに降りてくるルートで、
その後ゲレンデを突っ切り、別荘地内を突っ切って戻るルートです。
別荘の住民はよく知ってるルートですが、実はこのルート、
霧が峰の裏街道というか、マイナールートでして、人がおらず、花が多い、
というなかなかゴールデンなルートなのでした。)

結果、ロングルートを歩いてしまったわけですが、
ゆっくり歩くとあまり痛くないっていうことがわかって安心。

いろんなお花の撮影も出来たし、夕方から降るはずの雨も
残り1kmぐらいになるまで降らないでいてくれたし、
降ってもパラパラだったので、とても満足なお散歩となりました。

帰ってきて、久しぶりに湖畔の温泉へ。
貸し切り状態で、のんびり漬かって帰ってきました。(^▽^)V
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。