2009/06/07

古賀志山

日曜日は栃木県の古賀志山に外岩クライミングに行ってきました。

メンバーは、UさんとSちゃんです。

岩質はチャートで、インターからもほど近く、Pからも近い。
こじんまりしてるけど、地元山岳会の人たちがとても良心的で親切で、
「お客さん優先なのよ~」と、ルートを譲ってくれたり、アドバイスしてくれたり。
とてもアットホームなゲレンデで感激しました。

左フェースから右フェースを見た感じ
miniP1010253.jpg

2月に改訂版が出たばかりの「日本の100岩場関東」
をガイド本として利用して行ったわけなのですが、
古賀志に関する限り、相当ルートが変わってて(減ったり増えたり)
本はアテになりませんでした。(;´Д`)

たとえば、不動滝左フェース。
どんどん開発されてるらしく、ルートの総数がかなり増えてる上、
「スーパー粉屋(10C)」などはルートが廃止されています。
自分たちが一番最初に登ったルートがあまりに悪いので、
まじにこれで5.8?(T.T)と驚きながら登り、
次に登ったのが5.9のはずでしたが、イレブンな感じのルートで、、、
とても太刀打ちできませんでしたが、
後から聞いてなるほど謎が解けたわけでした。
<我々が登ってたルートは、本には出てないルートで、
本に出ているルートは廃止されていた。(笑)

あと、レーティングも本と地元山岳会のレーティングが違ってて
地元山岳会のレーティングのほうが体感に近いと思いました。
たとえば、「粉屋の娘さん」は、5.8と本にありますが、
地元のレーティングでは5.9。
自分が登っても核心の難しさからして5.9はカタイと思いました。
ウルトラマンフェースは本では5.9だけど、地元では10A。

とまあ、そういうわけでルートには面食らいましたが、
朝から夕方まで居て、都合7本ヨジりました。

●不動滝左フェース
ブラックレイン(5.8)と思ってたルート リード
リーフレイン(5.9)と思ってたルート TR
ウルトラマンフェース(10A) リード
粉屋の娘さん(5.9) リード

●不動滝右フェース
凹状フェイス(5.9) リード
凹状ハング(5.9) リード
ドライアイス(10A) リード

凹状フェース ヨジ中
miniP1010265.jpg

ドライアイス ヨジ中
miniP1010289.jpg

自分的には不動滝右フェースのほうが
ボルダーチックなムーブが多く、
マントル返したりプッシュがあったりして、
左フェースよりも楽しく登ることができました。

OSは1つもありませんが(自爆)
右フェースの5.9は全部RP出来そうです。
今度来たら「新人クラック」とかもやりたいし。

久しぶりの外岩は怖かったけど、
前ほど高さに対する恐怖心がなかったのがよかったです。
しかし、インドアジムに比べるとやっぱり必死になりすぎるらしく、
左膝をかばう余裕がないので、傷んだ靭帯酷使しまくり、、、
ここんとこだいぶずいぶん良くなってたのに、また痛みがぶり返し、
症状にして1ヶ月分ぐらい後退してしまいました。(自爆)


右フェースは2ピッチあるところがあるので、
そこでアルパインの人がダブルロープの練習をしていました。
それを真横で見ながら勉強させてもらってました。
ちょうど「全図解クライミングテニニック」を読み終えたばかりだったので、
なかなかいい勉強になりました。
わからないところはUさんに聞いたりとかして有意義でした。
(でも時間がなくて実際にダブルロープの練習とか、
懸垂下降の練習はしませんでしたが。)

帰りは宇都宮だしってことで名物のギョーザ食べてから
東北道は35kmの大渋滞だったので、下道をSちゃんに運転してもらって
(Sちゃんありがとう!)21時ぐらいに都内に戻りました。

久しぶりの外岩、お天気にも恵まれ、のんびりとしたいい雰囲気で良かったです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント