2009/05/25

弥山・双門ルート(奈良・大峰)

高速道路が1000円のうちに、いろんな山へ行ってみようシリーズです。

奈良の山奥も山奥、殺人事件なんかが起きちゃうような
(十津川警部シリーズの天川村殺人事件は隣村が舞台w)
秘境の山奥の、天然の鮎が泳いでるような沢沿いの、
破線ルートに行ってまいりました。
aP1010135.jpg

いわゆる「双門ルート」といわれるこのコースは、
日本百名瀑の1つ、双門の滝を間近に鑑賞できるルートです。
aP1010122.jpg

一言でいうと、「ミニ・黒戸尾根」な印象。

※この双門ルートは標高差が1500m近くあり、80本以上のハシゴや鎖場、岩場、渡渉の繰り返しにより構成されており、過去に死者も出ています。
ご注意下さい。


ハシゴだの橋だの色々あって
ほぼ垂直にガンガン高度を上げていくのですが、
岩やら渡渉やらもあって、完全なフィールドアスレチック状態。
ほんとにとっても楽しいルートでした。
aP1010115.jpg


到着したところはユートピアみたいなところで、
きれいなログハウスの避難小屋があって、まわりは芝生みたいな草地。
飲める水の川が目の前にあって、コケの生えた庭園みたいな丘がある。
aP1010170.jpg

ウソみたいな、夢みたいな場所でした。
aP1010164.jpg

トイレさえあれば完璧だと思うんだけどなー。
あそこで14人がトイレするんだから、相当環境に負荷かかったと思う。
てか、あんだけきれいな避難小屋作ってテン場も作ってあるならば、
トイレ設置は自治体の義務じゃないのか、と思うんだけど。。。
それだけは本当に残念でなりませんでした。(´・ω・`)


昼すぎに到着しちゃったもんだから、のんびり昼寝とかしたりして。
健脚4名がそこから30分登ったところにある小屋まで
ビール20本ぐらい買いに行ってくれたりして。w
行ってくれた4名の皆さん、本当にありがとうございました。m(__)m

で、明るいうちから宴会開始。
このメンバーなので当然鍋パーティになるわけでして。
で、みんなハラヘリだからあっという間に鍋完食!
まだ薄明るいぐらいの時間帯だったので、それからは大トランプ大会。w
山にトランプもって来る人初めてみた。www

14人でトランプなんて生まれてはじめてだ。w
ババヌキがなかなか終わらず、大盛り上がり!

トランプのあと20時すぎからは、山のまじめな話大会。
前夜ほとんど寝てない私は、そこで切り上げて、2Fのロフトへ。
一足先にオヤスミナサイ~♪


翌朝は雨。
山頂アタックはあっさり諦めて下山してきました。
帰りは一般の登山道を降りたのですが、
なかなか風情のあるよいルートでした。
秋の紅葉がきれいそうだなあ。
aP1010188.jpg

道の駅に戻って車をとってから、近くの温泉へ。
まだ12時なのであいてなくて、隣のレストランでまずゴハン。
名物のアマゴの釜飯を食べる。
2009052412430001.jpg

美味!

そして13時に温泉が開いたらそのまま温泉へGO!
温泉のあと、お開きとなりました。

私は三重の友人のところへ寄って松阪牛で焼肉大会。(笑)
しかし、松阪って脂多すぎて焼肉したらファイヤーになりすぎ。(;・∀・)
2009052417540000.jpg

その後、中央道経由で帰ったら
名古屋市内を抜けるのに余計に1600円もかかったけど、
東名よりずっと早かった。


ほんとに楽しい山歩きを楽しませてもらいました。
ルートも楽しかったし、メンツも楽しかった。
山であんだけ笑ったのは久しぶりでした。

それもこれもリーダーのMさん、SLのRちゃん、そしてJさんのおかげです。
参加者の皆さんもありがとう。(^^)
足の不安もなく快適に歩かせてもらいました。(^^)


次回は、私は沢登りであの界隈を訪れたいです。
ゴルジュだらけで泳ぎありで大変そうだけど、
本とか買って研究しちゃいそうでこわい。(笑)


※この双門ルートは標高差が1500m近くあり、80本以上のハシゴや鎖場、岩場、渡渉の繰り返しにより構成されており、過去に死者も出ています。
ご注意ください。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント