2009/04/29

久しぶりにPUMP1

今日は午後からPUMP1に出動しました。
レベルアップ講習があると思って行ったのですが、
祝日なので講習はないそうです。(爆)
でも、講習会メンバーのKさんとAさんを発見。

講習会とは別に今日はミクシの仲間の練習会がP1であったので、
コミュメンバー5人と顔合わせ。

それ以外にもやたらと知り合いだらけな1日でしたが、
平日常連のうまい人たちは誰も来てなくて、
みんな外岩行ったんだなぁって感じで、ジムもガラガラ。
Pが混んでるかと思って電車で行ったのに、Pもガラガラ。(爆)

そうですよねえ。休日で外は晴れてるもんねえ。(´・ω・`)


さて、練習です。

私はまだ本格的には登れないので、
コミュメンバーとか、講習会メンバーの間を渡り歩きながら?、
おもにビレイヤーとか「ガンバコール担当」の仕事を。(爆)
20本ぐらいビレイしたでしょうか。

皆にゲキを飛ばしてると、だんだんムラムラしてきたので、
TRで5本登らせてもらいました。

富士山奥(つきあたり)の赤×5.9(足限)。
富士山正面の10Aピンク(足限)を足自由で。
富士山正面の10A緑(足自由)。
富士山左の10A黄色(足限)。
富士山奥(つきあたり)の10Aピンク(新作、足自由)。

TRだとぜんぜん腕が疲れないので、何本でも登れちゃいます。
というか、足が使えず全行程フラッギングだと腕も疲れるんだけど、
この3週間しっかり休んだおかげで足がずいぶん回復し、
ある程度は使っても(左足は裸足)問題がないため、
かなり左足を使えたっていうのが大きいのでした。
やっぱ足は大事!


で、最後にどうしてもリードがしたくなって、

富士山奥(つきあたり)の赤x5.9(足限)をリードで。

やっぱ、リードになると話は違ってきます。(笑)
クリップしようと最適な体制をとると、
行程の半分ぐらいは左足荷重のスタンスが出てくる、、、

それを左足を使わずにクリップするとなると
なかなかアタマ使うというか、ああでもないこうでもないとやってて、
なんか別のゲーム(ボルダーに近い)をやってるみたいで楽しい。(笑)

で、気づいたのが、「クリップするために保持してる側の腕が張る」。

なるほど、ルートの腕の張りは、
クリップする(ロープ持ってる)側の腕の張りじゃなくて、
保持側の腕の張りなんだなぁ、って実感しました。

張らなくするためにはいかに早くクリップするか。
いかに保持時に最適な持ち方するか。
ってことですかねえ。
色々勉強になった1日でした。

ところで、PUMP1には現在、私のほかに左膝の負傷者が2名いるそうな。
私と同じ講習メンバーのAさん(ボルダーの着地失敗で半月板)、
そして、スタッフの角田君(外岩着地失敗により脛骨骨頭を損壊)です。

全員左足なので、「チーム半月板」とか「チーム左足」とか言われ、
昨日は3人勢ぞろいして膝見せてました。w
そのうちの2人の負傷者を出したリンさんの講習は「ハヤシ病棟」という別名が。(笑)

それにしても、角田君は全日本に出るようなレベルの高い子ですが、
片足なくても全行程フラッギングで12台(リード)を登ってるから恐ろしい。 ( ゚Д゚)ポカーン
聞けば「ボルダーでパワー系練習した成果です」て言ってたが、
君、片足なくても十分いけるじゃん。。。

Aさんも全行程フラッギングで10A(こちらはTR)登ってたし、
負傷時には負傷時の練習方法というものがあるんだな、と。
やはり努力は辞めてはいけないのですね。
私ももっとフラッギングの練習しなくちゃ。。。


ってわけで、ジムに5時間も居たわけですが、
大満足な1日で、大ゴキゲンで帰ってきました。\(^o^)/
やっぱクライミングは超楽しいです。\(^o^)/
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント