2006/01/30

初TELEMARK@エコーバレー

じゃじゃーん!
ついにテレマーク一式、買ってしまいました。
詳細はまた別途ご報告いたします。

で、その板をいそいそと履いて、(テレマーク教程のDVDを何度も見てから)、
ホームゲレンデであるエコーバレーでとりあえず滑ってみました。
アルペン歴は長いので、スキー操作自体に不安はないのですが、
ビデオで見る限り、テレマークの操作はアルペンの「まるで逆」な感じがして、
実際に滑った感じでも一筋縄ではいかない感じでした。

エコーの2番リフトに何度乗っただろうか。
こんなに2番ばっかり乗るのはスノーボードをはじめて履いた10ウン年前のあの遠い日以来。
あの頃は何mこけずに滑ったといっては一喜一憂していたなぁ。(とおい目)
2番は片側が谷みたいになってるから、よくそこに落ちそうになったものです。w

息子もGS用の新板を買ってやったので、イソイソと6番クワッドを含む上部ゲレンデをかっ飛ばしていました。

2番スローエリアのありがたみがしみじみわかった1日でした。

が、この日は何ひとつテレマークなことは体感できずじまい。
それどころか、斜滑降のときの足が、多分アルペンになってた。orz
(=山足が前に出てた。が、テレマークは山足が後ろなのだ!Σ(゚Д゚))

アルペンの弊害、この言葉が多分これからキーワードになりそうなヨカーン。(;´Д`)

sumP1040869.jpg

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント