2008/09/28

セドノ沢左俣(丹沢)

はじめての沢登り、しかもはじめての丹沢です。

山友達で山岳会所属のUさんが初心者と沢登りにいくというので混ぜてもらいました。
メンバーは、同じ山岳会のUさん、しっぷろっくさん、Kさんと、Kさんの教え子2人。

選ばれた沢はセドノ沢左俣でした。

渋沢駅の北の県立公園で待ち合わせ、
そこから未舗装のかなりヤバそうな道を車で登っていきます。
ここは車のアンダーを擦るということで、タクシーが入ってくれないらしく、
自家用車がなければ1時間半歩くしかないそうです。
(イメージとしては、美濃戸口から美濃戸小屋までのあの感じ)

終点に、戸沢山荘があり、駐車場があるのでそこで支度。

そこからちょっと歩くとすぐに沢に入ります。
今回、はじめてだったので、(そも、丹沢自体がはじめて)、
ルーファンからなにからすべて彼らにお任せで登らせてもらいました。
ガイドツアーの無料版といったところです。(爆)


基本的に濡れることを極度に嫌う私なので、雨の登山は苦手です。
なので、今まで沢登りをする人の気持がわからないでいたのですが、
(それでいてラフティングやキャニオニングは大好き)
今回、「気分はキャニオニング」で、最初から全身濡れる覚悟で支度、
ウェットスーツこそないものの、その覚悟で臨んだところ、
実は沢登りはとても楽しいということに今更ながら気づきました。(爆)

お誘いを受けたのが直前だったため、
神田のICIに行ったりほかの店に行ったり、
足の小さい私は沢靴を探すのに必死。
(シーズン終了時期だったので端サイズは品薄)
果ては渋谷のモンベルまで出かけてやっと「最後の1足」をゲット。

行くと決めてからなぜか急激に気温が下がったため、
アドバイスに基づいてネオプレンの靴下を用意したり、
雨具を着込んだり、雨具の下には多めに着たため、
最初、濡れるまでは暑くてしょうがなかったのですが、
シャワークライムで袖口から中に水が入ってきてからは温度は快適。
一度濡れてしまえばもう怖いものはないので、そのあとはイキオイで。(笑)


しかし、最初に出てきた大きな1つ岩のボルダーが、
沢靴はじめての私には滑って乗り込めず、とても怖くて、
なさけないことにしっぷさんに手を引張ってもらって登ったのでした。

↓この岩。 高さ2m。手足のホールドが遠くて背の低い私には届かない。・゚・(つД`)・゚・
P9281228.jpg

返す返すもあれだけは悔しかったです。・゚・(つД`)・゚・


しかし、それ以降、次第に沢靴にも馴染み、
初心者むけの沢だけあって怖いところもなく、
楽しく順調に登っていけました。

ガバだらけなのでボルダームーブ多発(笑)
P9281251.jpg

大きな滝は2つしかなかったけど、
115_large.jpg

楽しいなぁと連発しながら登っていきました。
104_large.jpg

山岳会のお3方。頼もしいです。
P9281296.jpg


どうです、この満面の笑み。実に楽しそうです。(爆)
sumP9281276.jpg


まだまだ続くと思ってたのですが、あらら???
あっという間に沢が涸れ始め、
あっという間に終わってしまいました。・゚・(つД`)・゚・

ちなみに途中にダブルストックを持って休憩してる人がいましたが、
なんでここにストックで来るんだろうと思いながら通過。
今思うと、あれは沢を横切る書策新道との交差場所だったらしいです。
途中登山道と交わるはずだとはわかってたのですが、沢の中にいると、
どれが道でどれが沢なのかの区別がつかず、全部沢に見えます。(爆)


あとは、乾いた沢を登り詰め、
最後、草つきのところを急登して尾根に出ますが、
これが沢靴慣れしてない私には非常にしんどかったです。

P9281328.jpg

っていうか、今回、しっぷさんがペースメーカーでしたが、早すぎ!!!
尾根上に出て靴を履き替えたあとも、下山は全部トレランでした。(;´Д`)

着替えてる時に、蛙が登場。トノサマ蛙かしら?
P9281329.jpg

皆について走ったらこんな山頂に出ました。
P9281330.jpg

尾根に乗った場所は「大体目標どおり」とのことで、
沢登りってのは「そんなもん」らしいです。(笑)
GPS持ってきてたらまた違うのかなあ。(笑)
途中、「本来ここに出たかった」という場所を通りましたが、
確かにほんのちょっと(200mぐらい?)しかずれてませんでした。

そこからはとにかく走る走る、、、(;´Д`)

沢登りするとは聞いてたけど、トレランとは聞いてないっ!
と、いくら叫べど、みんなどんどん走っていって、
優しいUさんだけが辛抱強く私の後ろに。

私も可能な限りは走りましたけど、
左膝と足首の状況を考えると絶対ムリしたくない。
かくして、ついに目の前から同じパーティの人間が消え、
私は一人トボトボと歩きにくい丹沢の登山道を下山したのでした。・゚・(つД`)・゚・

とまあ、その部分はつらかったですが(笑)、
それ以外はとても楽しかったです。
またぜひ行きたい!と思いました。

今回は山岳会の方が3人もいらっしゃったので、
何から何までお任せしてお世話になり、楽をさせていただきました。
また機会がありましたらぜひよろしくお願いいたします。(・ω・)ノ

今回みかけたお花。

ツリガネニンジン
P9281281.jpg

ダイモンジソウ
P9281300.jpg

ヤマホトトギス
P9281302.jpg

タンザワヒゴタイ
P9281304.jpg

フジアザミ
P9281331.jpg


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント