2008/09/23

甲斐駒ケ岳・黒戸尾根(日帰り往復)(2)

さて、七丈小屋で一休みしたあとは、さらにまた頂上目指して登っていきます。
小屋を登ってすぐに見えた景色。
鳳凰三山がよく見えます。オベリスクもはっきり見えました。
P1020579.jpg

山頂をはるかに望む。(遠い。。・゚・(つД`)・゚・)
P1020580.jpg

このあたりから紅葉が目につきはじめます。
甲斐駒は紅葉が美しい山だと聞いていましたが、
これら低潅木だけじゃなく、山裾の広葉樹が全部色づいたら
さぞかしきれいだろうなぁ♪とワクワクしました。

P1020581.jpg


2,3分登ると、テン場が出てきます。
P1020583.jpg

北穂ほどじゃないけど、結構小屋から離れているので、
夜のトイレとかは不便そう。(;・∀・)
でも、とてもきれいに整地されてる上、砂地なので
無料レンタルの大型ペグがたくさん用意してありました。

このあたりからは時たま尾根をトラバースしながらも、
ほぼ直登に近い感じでぐいぐい高度を上げていきます。
しばらく登ると、一気に視界が開ける場所がありました。

鳳凰三山と富士山
P1020584.jpg

八ヶ岳
P1020590.jpg

岩の上には神様が。
P1020588.jpg

P1020587.jpg

ナナカマドの紅葉が美しいです。
P1020586.jpg

さらに、そこからまたグイグイ登りますと、
ますます景色がよくなってきます。

もうここからは、良い景色、神様、山頂、
良い景色、神様、山頂、
の繰り返しで目線を移しながら登り続けます。

八ヶ岳
P1020590.jpg

鋸岳と北アルプス
P1020598.jpg


だんだん森林限界が近づいてきてるのがわかりますが、
いったん完全に樹林がなくなったと思っても、また木が出てきたりして、
南アは北アと違ってそういうところが面白いです。

先ほどの神様と黒戸尾根
P1020599.jpg

山頂がちょっと近くなってきた
P1020609.jpg

草紅葉
P1020610.jpg

そしてやっと、「8合目御來迎場」に到達しました。

P1020611.jpg

鳥居は壊れちゃったらしいけど、立派な神様がおわします。

P1020616.jpg

まずは丁寧に神様に手をあわせてから、しばし休憩、そこからの景色を楽しみます。

鳳凰三山と富士山
P1020615.jpg

山頂
P1020623.jpg

(つづく)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント