2006/01/06

飯盛山(長野県、1643m)

息子が野辺山で開かれる東京都中学生スキー大会に出るため、
野辺山まで送ってきました。
その野辺山スキー場の真上に広がる山が飯盛山です。
先日行った入笠山と同じく、ハイキング気分で楽しめる山で、
たとえばスノーシュー入門とか、初アイゼンとかに最適な山です。
自分個人としては入笠山よりこっちのほうが好きだったりします。
というのも冬場は落葉松が落葉して見晴らしがとてもよく、
360度の視界を保ちながら登れるからです。
(入笠のほうが山頂の視界はよいが、登る途中は視界がない)

野辺山スキー場のすぐそばの道を上がったところにある獅子岩のPに車を停め、
(冬季はトイレ閉鎖のためトイレは使えません。よって水場もありません。)
すぐに登山道に入ります。
すでに駐車場が十分すぎるほどの視界を保ってるのですが、
登るにつれ、今度は浅間方面や南アルプス方面が開けてきます。
左側に野辺山スキー場のレッドリフト下り場(息子の試合のコース^^;)を見て、
少し行くと平沢山1653mへの分岐がありますが、私は直進して
平沢山を巻いて南アルプスや富士山を眺めながら飯盛山を目指しました。


P1040765.jpg



P1040763.jpg


P1040786.jpg



程なく今度は野辺山スキー場のブルーコースの下り場のある丘に到着、
そこからは清里駅に下りるルートもありますが、目指す飯盛山はすぐそこ。
最後の上りを上りきると飯盛山です。

P1040785.jpg


文字通り360度の眺めで、何より嬉しかったのがすぐそばに昨年10月に登った、
金峰山、瑞牆山が見えたことです。(^^)

P1040770.jpg



写真を撮ってすぐに取って返し、帰りは平沢山のピークを踏んで帰ります。
P1040788.jpg


浅間がきれいに見えます。麓には野辺山の電波望遠鏡が。

P1040796.jpg



八ヶ岳はいつも西側から見てるけど、東側から見るとこんなんなんだなぁ。(クリックで拡大)
P1040793.jpg



ほどなく平沢峠の先ほどの駐車場へ。
時間は往復で1時間半ほどでした。
スノーシューもアイゼンも必要がない状態で、またスノーシューは出番がありませんでした。^^;
なお、平沢峠のPへは現時点ではスタッドレスかチェーンでないと登れませんので念のため。

パノラマ写真1
これは途中から撮ったもの

meshimoripanorama1.jpg


パノラマ写真2
これは山頂から撮ったもの
野辺山で滑ってる子たちがプラブーツのまま登ってきてました。(笑)
meshimoripanorama2.jpg

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント