2005/12/21

金時山から明神ヶ岳(箱根)

今日は1ヶ月と20日ぶりぐらいで山に行ってきました。
最後に山に登ったのが10月末の瑞牆山で、かなりのブランクがあり、忙しいのもあって年内はもうムリかなーと思っていました。
そこへお友達のニシさんからお誘いがあり、2つ返事で行かせていただくことに。2人とも体調が本調子じゃないのでのんびりハイキングのつもりで出かけました。
行き先はニシさんの好きな金時山で、案内していただくことに。

天気は晴れ。行きのバスの中からすでに富士山がくっきりと見えました♪
乙女山のバス停ですでにこの視界。\(^o^)/
Mt.Fuji

乙女峠まではすぐでした。
そこには富士山を見る展望台?があり、気のせいかさっきの場所よりよく見えるような?
Mt.Fuji

そこから金時山の山頂まではすぐです。
Mt. Kintoki

ほどなく到着!
普通山頂の看板はヤなものですが、この看板は非常にマッチしていていいです。(笑) 撮影用に斧まであります。^^;
Mt.Fuji

茶屋に入り、かけうどんを頂きました。
おうどんを待ってる間、室内を拝見。
この山には何度も繰り返し登る人が多いらしく、
一番多い人が2800回!!の女性でした。
茶屋の主人(おばあさん)に聞くと、その2800回の方は、なんともう79歳のご高齢らしいです。Σ(゚Д゚)

Kintoki-chaya

山頂では山旅メーリングリストのわちみさんとランデブーして、しばし歓談させていただき、その後、本来ならまっすぐ下山という予定だったのですが、天気もよいし(なにしろ快晴で雲1つない)時間も早いということで、急遽予定を変更、明神ヶ岳へ縦走することにしました。

これが明神ヶ岳への道。
箱根笹が独特の味を出していて、みるからにおいしそうです。(笑)
sumP1040606

中はこんな感じ。
sumP1040608

振り返ると笹の道のついた金時山と、稜線に富士山がちょこっと顔を出しています。
Mt.Kintoki

笹の背丈が高い場所ではまるでトンネルのよう。
sumP1040612

尾根上に出てまた振り返ってみると、富士山がもっと多く見えます。
sumP1040614

日陰には雪が残っています。気温が低かったので溶けずにいてくれて、スパッツをつけないで済みました。
sumP1040615

やっと明神ヶ岳が見えてきました。
この写真に見える一番右端が山頂です。
実はこの真ん中の何かが建ってるところが山頂だと思っていたので、最後のきつい登りにぜいぜい言いながら到着してそれが偽ピークだとわかったときはかなりショックでした。(笑)
sumP1040616

やっと頂上に到着。
Mt.Fuji viewed from Mt.Myojin-gatake

ここは富士山の絶好の撮影スポットで三脚を担いで登ってくる写真家も多いらしい。
Mt.Fuji viewed from Mt. Myojin-gatake

冬至近くで一番日が短い時期だったので、
山頂で写真を撮ったら速攻で降ります。
写真:天に帰るナマハゲ(違)
sumP1040624

超人的なスピード(2人の間では「ロボっぽい」と言う言葉で表現w)で飛ぶように駆け下りました。

山麓の宮城野へ下山後は温泉にゆっくりと浸かって疲れを癒しました。
sumP1040625

しかしそのあとバスが来たといってはバス停までリュック背負って全速力で走ったり、箱根湯本の駅ではまたロマンスカーが発車間際だということで全速力で走ったりもして、すっかりくたびれました。(笑)
無事に乗車したあとは、ニシさんビール3本、私2本、笹かまぼこに牛タンスライスをつまみにあんなハナシやこんなハナシでおおいに盛り上がり、あっという間に新宿に到着したのでした。

ちなみに今日見えたものは、
金時山からは、愛鷹連峰、富士山、北岳、間ノ岳、鳳凰三山、甲斐駒ケ岳、箱根の山は当然として、駿河湾、相模湾、伊豆大島、伊豆半島
kintoki1

明神ヶ岳から見えたのが、富士山、丹沢山系、新宿高層ビル、幕張高層ビル群、海ほたる、房総半島、伊豆半島、伊豆大島、神津島、相模湾、駿河湾、東京湾、関東平野全部、、、

kintoki2


ってな感じです。
多分遠くに大菩薩とか雲取山も見えてたと思うのですが山座同定が出来ない人が2人揃ったので、写真判定をしてもらうしかないかも。

とにかくとっても晴れた1日の、とっても楽しい山行でした♪ニシさん、そしてわちみさん、有難うございました。

累積標高差742m
新宿駅7時10分集合、新宿駅18時45分解散
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント