2008/04/26

07-08 (35) 至仏山BC

4月26日(土)
滑走35日目
スノーボード
フィールド:群馬県 至仏山(尾瀬、2224m)(BC)
天候: ガス+霧雨+雪

冒険小屋さんのツアーに初参加してきました。
連休をフルに使いたいところですが、
なかなか仕事がそううまくは休めずに、
単発日帰りという形になってしまいました。

ガイドのTAKAさんに初めてお会いした瞬間から、
あ、これはいける!という感触でした。(笑)
こういうのって相性とかやっぱりあると思うので、
そういう直感とか、お客さんの層(年齢層、技術層)とか諸々、
まるで何回も参加したことがあると思わせるぐらいでした。
これほど最初からリラックスさせてくれるのは
やはりガイドさんたちのもつ雰囲気でしょうか。

天気はあいにくの霧雨状態。
寒いです。。。
予定では悪沢を滑るツアーなのですが、
ガスが晴れないならルート変更だそうです。

スノーシューをつけてビーコンチェックをして登っていきます。

P4260845.jpg


どこまで行ってもガスが濃く立ち込めています。
が、私はとってもゴキゲンでした。

P4260849.jpg


皆さんとは初めてお会いしたのに、とっても楽しい仲間と言う感じで
すぐに打ち解けてしゃべるのも楽しかったし、
ガイドさんが、ただ登るだけじゃなくて、尾瀬の植生、
たとえばブナの木についてのいろんなウンチクを教えてくれる、
そういうネイチャーガイドみたいなことをしてくれるので、
植物が好きな私としてはもうタマラン!\(^o^)/という感じでした。(笑)

最初に出てくる植生はブナ。
直径の3倍の樹齢なんだそうな。
たとえば直径30cmだと樹齢90年、
直径1mだと、樹齢300年だそうです。

P4260847.jpg


次に出てくるのはシラビソ。

P4260850.jpg


寒いのでハッパが凍ってました。
P4260853.jpg


ツアーのスピード的には、晴れ待ちをするのもあって、
かなり遅く歩いたので、ちょっと寒いぐらいで、息もはずまなかったのですけど、
でも、それに勝る良さがありました。(普段はもうちょっと早く歩くそうです。)

晴れ待ちの間に、TAKAさんがジャンブ台で飛んでるの図。

P4260854.jpg


結局、小至仏のピークまで来たのですけど、ガスは一時も晴れず。。。

P4260856.jpg


小至仏のピーク
P4260857.jpg


だんだん風が強くなってちょっと吹雪っぽい雰囲気になってきました。
そこで9人で4人用のツェルトに入って休憩したり。
中でもますます楽しい時間が過ごせました♪

ツェルトの中でソーセージを振り回す某氏。w
P4260864.jpg


そして結局、小至仏から、悪沢には降りずに、トラバースルートで下山したのでした。

ガスの中をトラバースしたり樹林帯を抜けたり、、、
途中から大粒の雪まで降ってきて、
もう4月の終わりとは思えない気候なのにはびっくりでした。

P4260874.jpg


スキー:ボード比は9名中(ガイド1名テレ、1名ボード)、
3名スキー、4名ボードだったのですが、
ボードの皆さん、ゲンテン乗りでいらっしゃるだけに、早くてうまい!!! Σ(゚Д゚)
ゲンテンの板ってすごいんだってこの目で見てびっくりしました。
パウダーボードだと聞いてましたが、樹林帯での小回りの効きのよさに驚きです。

こういうザラメの樹林RUNの時は、LIVERではなくカスタムXのほうがよさそうです。
Liverだと長くて硬いので急停止、急旋回がイマイチできません。・゚・(つД`)・゚・
何度かこけて、バディを組んだYさんにずいぶん気を使わせてしまいました。
すみません。もっと練習します。m(__)mm(__)m

到着した場所には沢が露出しており、水芭蕉のまだ小さいやつがチラホラ。
P4260878.jpg


ここを囲んでまたTAKAさんのネイチャーガイドです。
これが本当に興味深い。
冬眠から醒めた熊が水芭蕉を食べて下剤がわりにする、というものでした。
P4260879.jpg


そこから登り返して20分ほどで駐車場に戻り、解散です。

名残惜しいので、リベンジで29日行くことにしました。
今度こそ至仏山のピークを踏んで、ムジナ沢を滑ってきます。(・ω・)ノ


至仏山はこの時期行くもんだということがよくわかりました。(笑)
すっごい楽に登れるし、あのイライラする木道とかないし。(爆)
尾瀬もこの時期ならぜんぜん空いていてイライラしません。w



TAKAさん、ジンさん、ご一緒した皆さん、有難うございました。(^^)
またぜひご一緒させてください。楽しかったです。(^^)


帰りは、老神温泉の某旅館(前に泊まったことある旅館)にて、
日帰り入浴をさせてもらいました。
源泉掛け流しでたったの300円。
申し訳ないぐらいの安さです。
普通、老神は日帰りは大体1000円なので、
それに比べると3分の1ですもの、利用しない手はありません。

老神のお湯は実によいお湯で、、、
霧雨やら雪やらに打たれて寒かったのですが、
すっかり暖まってほっこりして、肌もスベスベになって帰りました。(^^)

山行データ
距離:9.7km
時間:6時間28分
shifutsu.gif

(地図上の黄色いほうの軌跡。直線のは関係ありません。汗)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント