2008/03/27

07-08 (30) 根子岳BC

3月27日(木)
滑走30日目
スノーボード
フィールド:長野県 根子岳 2207m(BC)
天候: ガス~晴れ

週末に守門岳のBCツアー(行程10数キロ、標高差700m)に行くので、
その足慣らしというか、筋肉作りのために根子岳に行ってきました。

2年前にテレマークで行ったことがあるのですが、今回はボードで。

出発地点も、前回は菅平牧場でしたが、今回は峰ノ原のゴルフ場にしました。


菅平に入る頃からガスが酷く、フォグランプをつけないと見えないぐらいの濃霧で、
出発地点に到達してからも目視ではまったく何も見えないため、
行くかどうかかなり悩みました。
でも今回から私はGPSという武器を使えるようになったため、
試しも兼ねて行ってみようと意を決して出発。
事前にポイント等をPCから移していなかったので、
車の中で地形図と照らし合わせてポイントを登録、登山ルートを確認しました。
最悪完全なホワイトアウトになったとしても、
GPSの軌跡を使って戻ってくれば大丈夫だろう、ということで、
昨日の裏山で軌跡ログの取りかたなんかも練習したりして。

ということで、いざ出発。
沢を渡るといきなりゴルフ場です。
ゴルフしないでゴルフ場にいるのって妙な感じ。
しかも妙に広くてシアワセそうな空間です。(笑)

P3270617.jpg


白樺についた樹氷がきれい。
P3270620.jpg


ゴルフコースを横切る形で標高をあげていきます。

P3270623.jpg


最初に登録したポイントは「避難小屋」のある位置。

しかし、そこに到達しても、小屋はなく、なにかのアンテナしかありませんでした。

P3270626.jpg


まわりを見渡しても小屋がなく、狐につままれたような気分。
地形図とGPSをもう一度照らし合わせますが、道は間違っておらず、
このまま登っていけばいいらしい。
(というか、根子岳はどこからどう登ってもたどり着けちゃうんですけど。(汗))

小休止。
P3270627.jpg


天候はめまぐるしく変わり、こんな感じで暗雲もやってきます。

P3270630.jpg


普段なら迷わず下山というか、
山に登るの自体を取りやめています。(汗)


しかし、しばらくすると晴れ間が継続するようになってきました。
P3270631.jpg


次なる設定ポイントのピークを目指して登っていると、
右側に定期的に設置された看板があるのが見えました。
近寄ってみると、なるほど、これがスキー場へ滑り込むヘリスキーコースらしい。

P3270632.jpg


幸いなことに今年は菅平スキー場のヘリスキーは点検のため中止だとかで
まぁ今日は平日だからヘリが頭上を飛ぶことはないんだろうけど、
普段ヘリスキーのあるときはこの看板沿いにピステンがかかるという
ウソみたいな話を聞いたことがあるので、それがなくて本当にラッキーです。

P3270633.jpg


天候はグングン回復して、視界も開けてきました。
湯の丸烏帽子方面です。

P3270637.jpg


菅平方面。

P3270644.jpg


気持ちよさそうなバーン。帰りが楽しみです。

P3270643.jpg


いよいよ山頂への最後の登り。

P3270647.jpg


そして山頂到着。

P3270653.jpg


向こう側は四阿山。

P3270658.jpg


山頂は風が強くて寒かったので、写真をとっておにぎりを食べてそそくさと退場。

下山は丁寧に丁寧に楽しみながらと思っていたのですが、
たまたま4人のテレマカーに会い、
それがバラバラに間を空けて登ってきていて、
「お!うまいねえ!!」」などと声をかけてくれるものだから、
つい調子にのってカッコつけて「こんにちわ!」とか挨拶しながら滑っていたら、
あっという間にアンテナの場所まで降りてきてしまいました。(自爆)

ってことで、シュプールの写真はこれ1枚。(汗)

P3270664.jpg


そしてゴルフ場上部に滑り込んできたら、おっとっと!危ない危ない!
行きにも確かに横断した、カート道があったのでした。(汗)
これは飛べる距離じゃなし、まともに突っ込んだら大怪我です。(汗)

P3270665.jpg


天気はすっかり回復して、朝は見えなかった根子岳がはっきり見えました。
P3270669.jpg


その後はゴルフ場の微妙なアップダウンと
微妙に一部分が融けて芝地が露出した難しいホール(笑)に苦しめられて、
意外にゴルフ場で時間をとられたのち、無事車を停めた場所に戻ってきました。

全行程で3時間半の楽しいツアーで、GPSの威力に目を見張った1日となりました。(^▽^)V

↓今日の軌跡
nekodake-kiseki.gif
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント