2008/03/15

07-08 (27) かぐらBC

3月15日(土)
滑走27日目
スノーボード
フィールド:新潟県 かぐらスキー場
天候: 快晴

ネットで知り合ったkegさんのご紹介で、
エクストリームスキーヤーの和田さんのガイドツアーに参加してきました。
1日ツアーで12000円。
驚いたことに、ガイド1名+アシスタント1名、
それに対してお客2名の超贅沢マンツーマンツアーでした。 Σ(゚Д゚)
普通、かぐらのツアーだと、お客さん10人にガイド2人とかで
かなりの大人数だという印象があります。
たまたまその日のお客さんが予定を延期されたとかで、
とっても贅沢な貸切ツアーを体験させていただきました。

第五ロマンスの終点までリフトやらゴンドラやらロープウェイやらを乗り継ぎ、、、

そして第五ロマンスの終点で、シールつけたり板をザックにつけたりの準備。
オレンジのフェンスのむこうがオフピステ(バックカントリー)エリア。
登山届けのポストが見えますが、当然、本ツアーは登山届けを出しています。
今回、和田さんのほうでも保険をかけてくださいましたが、
参加者は2人とも冬期登山を付保した山岳保険にはあらかじめ加入しています。
P3150504.jpg


かぐらはゲレンデとオフピステの境目がほかのスキー場より緩い気がします。
スキー場側はたくさんの看板で警告していますが、皆、お構いなしに入っていきます。
なにせ山頂から登山道があり、しかもその部分が平たく、視野が開けてるので、
入っていきやすい雰囲気なんですね。

そこで、「ゲレンデ外での事故はパトは助けに行かない。
もしも助けに行ったとしたら、カネは実費で請求するかんな。ヽ(`Д´)ノ
1日に70万かかったこともあるからなー。ヽ(`Д´)ノ
ゲレンデ外に出るならそれを覚悟しろよーヽ(`Д´)ノ」
というようなことがかぐらスキー場によって書かれてます。

また、警察の設置した看板もたくさんあり、
●入山届けは絶対に出すこと、
●出さないやつの登山は禁止、
●雪崩危険ゾーンには絶対立ち入り禁止、
●ビーコンつけてたら、発見は早い、でも、生存率は低い。
とも書いてありました。


下を見ると雲海になってます。 Σ(゚Д゚)
P3150503.jpg


用意が出来たので登り始めます。
P3150506.jpg


途中からトラバース。
P3150509.jpg


これから進む方向
P3150510.jpg


雲海で下が見えません
P3150511.jpg


雲海がとれると、すばらしい景色でした!
P3150513.jpg



さて、一段落したら、ビーコントレーニングです。
前から実際にやってみたくて仕方なかったものです。
雪崩が発生し、遭難者が出たという無線連絡が入ったという設定です。
(スタッフがビーコンを1つ、皆が見えない離れた雪面の下に隠し、
雪崩に埋まった人の代わりにします)

無線を受信したと同時に、早速全員、ビーコンを受信モードに切り替えます。
(このビーコンはツアー費用に含まれており、和田プロからお借りしたものです)

P3150518.jpg


早速捜索に向かえ!とのことなので、ビーコンの指示する方向に向かいます。
数字は目標までのメートル数です。(つまり埋まってる人まで35mの距離。
方向は直進またはやや右前方。)
P3150519.jpg


どんどん歩いていき、目標物に近づいてきました。
3m切るぐらいの数字になったら、雪面にビーコンをつけるんだそうです。
(遭難者は雪の下に埋まってるため)
P3150520.jpg


そして、これだけ接近したら、もうビンゴは確実らしい。
シャベルで掘りだします。
P3150525.jpg


このビーコントレーニングを場所を変えて2回行いながら、合間に
ゾンデ捧(プローブ)の使い方(捜索方法、またゾンデを使った弱層の見つけ方)も学びました。

次に、弱層テストの勉強です。

今回は2種類の方法でテストします。


まずはコンプレッションテスト。

シャベルで雪面を堀り、断面を観察してから、
P3150529.jpg


スノーソーで雪面を切り、上からみて凸状の雪柱を作ります。
P3150530.jpg


本で読んで知ってはいたけど、見るのははじめて!
凸状の柱のテッペンにシャベルを当てて、まずは手首で叩き、
P3150531.jpg

次に肘から、そして肩から、そしてゲンコツで。
そして最後に後ろ側にシャベルを入れて手前に引く。

今回の弱層は20cmぐらいのところに1つ。(ゲンコツで崩れた)
P3150533.jpg


それからその下40cmぐらいのところに1つありました。(シャベルを入れて崩れた)
P3150534.jpg


次に、ハンドテスト(新田式)を行います。P3150527.jpg


私とEちゃんが一生懸命本気で手前に引張ってもまったくびくともしませんでした。
P3150535.jpg


しかし、体の大きなkegさんが渾身の力で引張ると、先ほどの1つ目の弱層で手前に崩れました。

P3150536.jpg


この2つのテストによれば、弱層は今回は問題ないらしく
(このあたりの勉強が私が不足のため、どういう根拠で大丈夫なのか、とかは、
今後勉強したいと思います)
普段アンマリ入れないらしい?コースを滑ることになりました。


ちなみに、私たちは今回、BC用のヘルメットがないので岩登り用のメット着用です。
で、これが、どう考えても本当におかしい。(;・∀・)
どうみても、頭は岩屋の格好です。(笑)
岩用のメットでもないよりはずっとマシなのですが、
いかんせん、ゴーグルをメットの上から出来ないのが難点で、
メットのフチに当たってゴーグルが顔の下半分までずれてきてしまいます。(;・∀・)
やっぱ、メットは専門のものがいいです。(・ω・)ノ

P3150538.jpg


さて、コースのスタート地点です。見上げると樹氷がきれい。

P3150542.jpg


まずは和田プロが華麗に滑り降ります。

P3150547.jpg


下から写真を撮ってくださるとういので皆張り切って降りましたが、全員こけました。(爆)
これはkegさんの滑り。
P3150544.jpg


中間地点から再スタート。Eちゃんです。
P3150548.jpg


kegさん
P3150552.jpg


気持ちよく斜面をいただいたあとはトラバースして、お昼ご飯の場所に到着。
スノーボードを2台並べて即席ベンチにして、それぞれ持参の食事をほおばりました。
和田さんが入れてくださったカフェオレがおいしくてびっくりしました。 Σ(゚Д゚)
Eちゃんお手製のケーキもありました。(^^)

P3150556.jpg


食事の後はまた斜面をトラバースします。
上部は晴れていたのですが、どうやら雲海の中(ガスの中)に突入してしまったようです。
とても幻想的な風景の中を滑って行きます。
P3150557.jpg


最初の予定では沢沿いに降りる予定だったそうですが、
ガスが濃くて視界が悪いため、尾根沿いトラバースに変更し、
いくつかの尾根と沢を越えて、かぐらスキー場に滑り込みました。

途中、雪質がどんどん変わっていき、ざらめ雪の細い尾根上では
板のコントロールを誤って、目の前の白樺の木とコッツンコ。(;・∀・)
皆さんにご心配をおかけしてすみませんでした。
幸い太腿の外側をちょっとかすっただけだったのでたいした事はなかったのですが、
はからずもヘルメットの重要性を痛感することとなりました。
やっぱツリーランするなら絶対メットは要りますね!


こうして、楽しかったツアーが終了しました。
あまりにも楽しくて、部屋に引き上げて夕食を待ってる間、
さっそく次のツアーに向けての金策を考えたりとかしてました。(笑)

夕食は4人でいただきました。
いやはや、このビールはまじでおいしかったです!
今日帰るというkegさんは飲めずでお気の毒でした。(;・∀・)
又今度ぜひ!

P3150560.jpg


食事のあと、軽くビールを1本飲んで、バッタリ意識喪失です。(笑)
久々のハイクアップはやっぱりこたえました。
やっぱ、シールつきの人はずるい。(笑)
でも、登りの楽さを考えると、シールつきの板が欲しいけど、
滑り降りる楽しさは、圧倒的にボードのほうが上(と私は思ってる)なので、
ボードは捨てられない。
あぁ悩ましいなぁ。。。。

ってことで、今後の買い物リストです。


【買う必要のあるもの】

今回、ツアーに行くのに際して、新しく、
BDのストック(それまではゲレンデスキー用のストックを使っていた)、
グレゴリーのBC用ザック「ドリフト」(20リットル、日帰り用)
無線機(Vx-2)を用意したのですが、

P3150523.jpg


あらたに、

絶対買うものとして、
●ビーコン
●ヘルメット(今回は登山用で代用)
●プローブ
●シャベル

出来れば買うものとして、
●スノーソー
●グレゴリーのターギー(BC用の35リットルのザック)
●スノートレック(スキーベンチャー)



また、今回の経験で、↓もメモっておきます。

【今回忘れたけど次回必ず持参するモノ】

無線機のマイク(無線機を通話時にいちいちポケットとかザックから出すのが面倒)
経口鎮痛剤(ボルタレン、ロルカムなど)
経皮鎮痛剤(モーラステープ、ボルタレンテープなど)
普通の湿布


いやー、しかしほんとに楽しかった!!!
Eちゃん、一緒に行ってくれてありがとう!
kegさん、ナイスな企画たててくださってありがとうございました!
和田さん、またよろしくお願いいたします。m(__)m
今度はロングルート行ってみたいなぁ。
あと、お泊りのも行きたいなぁ。・゚・(つД`)・゚・<金策が。。。(;・∀・)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

POPさん

コメント気づかず長時間放置ですみません。
しっかり治して来シーズンはフルに楽しんでくださいね。
(今シーズンは貯金できてよかったという説もない?w)

ぱちぱち

すばらしい!
うらやましいっ!!


装備もってても役にたたない今シーズン。
マムートのビーコンは人気ですね。