--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/03/03

07-08 (23) ヤマボク

3月2日(日)

滑走23日目
スノーボード
フィールド:長野県 YAMABOKUワイルドスノーパーク
天候:快晴

土曜日の練習の結果、もう少しパウダーの練習をしたほうがいいだろう、
ということで、最初は妙高の関温泉に行くような話になってたのですが、
ふと思い出したのがヤマボクのタコチコース。
考えてみたら隠れ家から結構近いのでした。

ってことで、前々から行ってみたかったヤマボクに早速行って参りました♪


晴れてるわ、人少ないわ、パウダーだらけだわ、で、
噂にたがわぬ場所で、早速興奮気味にリフト券を買う私。(笑)
1日券は3500円で、タコチコースを滑るのは回数券では不可で、
午前券か1日券じゃないとダメらしい。
タコチコースを滑るための協力金が500円。
さらにタコチの終点からここに戻ってくるシャトルバスが1回300円かかるので、
1日券の場合、都合4300円かかるらしい。

ってことで、最初は1本ぐらいゲレンデを滑ってから行こうとか言ってたのですが、
いきなり1本目からタコチに突入することに。w

まずはリフトを乗り継いで
(といってもリフトは3本しかなくて、そのうちの2本なのだけど)
タコチコースの入り口まで行きます。

2本目のシングルが、今時珍しいような古いリフトだったのだけど、
これがもう天国に行くようなすてきなリフトでした。\(^o^)/

P3020356.jpg


上について下を見下ろすと、欧州のゲレンデのような風景♪
欧州も牧場のところ多いですからねぇ♪

P3020357.jpg


上に登ってみてわかったのですが、タコチコースは基本が車道なんですね。(;・∀・)
車道を利用した林間コースだったらつまんないなぁなどと思った私がバカでしたが。w
P3020358.jpg


車道は尾根沿いに下りていくのですが、
その尾根をショートカットしてノーピスの気持いいバーンが広がっていました。
P3020359.jpg


雪は今朝まで軽く降っていたようで、
サンクラストした雪の上に軽いパウダーが積もってました。
P3020360.jpg


ちょっと降りたところから上を見上げる。
P3020361.jpg


その後、車道は九十九折に折れて行きますが、
その間の段差は自由に滑り降りていいらしい♪
しかも、その段差はほとんどが唐松の植林された林なのですが、
そこをいただいちゃえるのです。これは嬉しい!

P3020363.jpg



唐松の樹林の中を滑るというのは昨日と同じノリですが、距離が違います。
なにせタコチコースは13キロもあり、途中、足がかなり疲れてきます。(;・∀・)
同行のEちゃん、楽しいながらも足は限界になってたらしい。

P3020362.jpg


ちょっと覗いてみて、入れそうなところ、
またトレースのあるところはすかさず突っ込み、
徹底的にツリーランを楽しみました。


標高が下がるにつれてだんだん雪が悪くなってくるのがわかります。
そして唐松が減ってきて杉が出てきたところで終点。

終点からは、なんと長い長い登り坂でした。(爆)
この登りがなければタコチはきっともっとメジャーで人気なんでしょうね。
でもこの不便さがいいです。(笑)

カーブミラーはこれぐらい埋まってます。
下部でこれなので上部はほんとに鏡だけって感じ。


P3020365.jpg


ヘトヘトになりながら歩いて、やっと本当の終点のバス停のあるところに到着。
ここは牧場なのか、元ゲレンデなのか、
広い雪原が広がっていて、一見のんびりしてます。
暇人な皆さんがハイクアップしててすごいなぁと思ったり。

731890658_76.jpg


バス停について、シャトルバスの時刻を見てびっくり!
時間は11時半だったのですが、なんと、次のバスは13時25分だそうな。(;・∀・)
2時間待ちですか???????

バスの時刻表をよく見ると、なんと、1日に4本しか便がないらしい。 Σ(゚Д゚)
それならそうと、なぜリフト券売り場で言ってくれないかなぁ。
いや、せめて時刻表をその場に張り出してくれてたら質問したのに。。。。


愕然としながら、とりあえずゴハンを食べるべく食堂に向かいます。
何軒かあるうちの1軒を選んだのですが、そこがよかったのかどうかは・・・
ゴハンはこんな感じ。
P3020367.jpg

お味は・・・・
苺と飲み物がついてなければ1000円はぶったくり(;・∀・)

建物がトイレ臭かったし、トイレが今時珍しいボットンなのにもびっくり。 Σ(゚Д゚)
紙もほとんどなかったし。
そういえばリフト券売り場のトイレも(水洗だったけど)紙がなかった。(;・∀・)


そんなわけでタコチを滑ってた時はめっちゃゴキゲンだったのに、
ゴールについてからはどんどんsagesageな気分が続き、だんだんヤケクソモードに。

ゴハンを食べ終わっても1時間余ってたので、
よっしゃー、んじゃこの1時間であの見える山の一番高いところまで
3本ハイクアップして滑ってやる!と、
ヤケクソで意気込んで建物の外に出ました。

ふと見ると、バス停になにやら中型のバスが止まっており、ボーダーたちがいる。
ツアーかなと思ったのだけど、一応聞いてみようと思って聞きにいくと、
なんと臨時バスだというではないですか! Σ(゚Д゚)
「今すぐ出ますよ」とか言われて慌てて板を載せてもらって乗り込みました。

よかった!!!!! これで振り返らずにハイクアップしてたら1時間損してた。(;・∀・)


・・・つか、そういうののアナウンスもないんですけど。(;・∀・)
臨時バスあるとはどこにも書いてないし、
店の人もリフ券売り場の人も言わないし。(;・∀・)


なんちゅうか、営業マインドのない人たちだなぁと驚き呆れつつ、でもよかったー!
ということで振り出しに戻るで山田牧場のゲレンデに戻ってきました。

渋滞を避けて帰りたかったので、そのあと2本だけリフトに乗って
残ってるパウダーをいだたきました。(午後なのでクラスト気味)
(しかも気を抜いて滑ってたらなんかでめっちゃ顔面からこけたり。(;・∀・))

向こう側には北アが一列に全部見えます。
手前の白い大きな山は妙高山です。
P3020369.jpg



いやー、楽しかったです、ヤマボク!!最高でした!!(ゴール地点での色々を除いて)
2泊3日のオニのようなスケジュールにつきあってくださったEちゃん、ありがとう♪

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。