2008/02/12

07-08 season day16 天元台(山形)

2月12日(火)

滑走16日目
スノーボード
ゲレンデ:山形県 天元台スキー場
天候:吹雪


息子のホームゲレンデなのですが、遠い(東京から350キロ)のもあって
今回がはじめての訪問となりました。

<前日>

ロープウェイで上がるスキー場なのですが、
スキー場そのものがロープウェイで上がるため、
ゲレンデ前の宿に泊まるためには、車から荷物と板をおろして、
全部持ってロープウェイに乗る必要があります。
なので、駐車場でボードのズボンと靴に履き替えて、
なるだけ荷物を軽くして行きました。(笑)
駐車場は無料。これは有難いですね。

ロープウェイは往復で1200円。
宿泊者にはリフト券の割引があります。l
1時間に3本のロープウェイで上がると、広いゲレンデが出迎えてくれました。

まるで簡素なゲレンデなのですが、簡にして要を得るとはこのことでしょうか。

その日は、地元の草大会があったらしく、息子は入賞したものの、
ケガをしてしまいました。・゚・(つД`)・゚・

その晩は、ペンションオーナーやほかの宿泊メンバーとおおいに盛り上がりました。

<当日>

目をさますと吹雪いています。
やったーワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ
昨日までが3日連続で快晴だったそうなので、
連休だし、パウダーは食い尽くされてるだろうと諦めていたので、
この吹雪は大歓迎です。
オーナーの奥さんが「寒いのにこの天候で滑るんですか」とおっしゃるのを
ニコニコと受け流しながら、行ってきまーす!とリフト2番乗りです。

R0011416.jpg


ここはリフトが縦に3本連なってるだけの簡単な構造ですが、
その左右にコースが何本かあるらしい。
一番上のリフトを降りて右側の一番奥のゲレンデは未圧雪ゾーンらしい。
ってことで、吹雪でホワイトアウトする中、そこを滑りました。

R0011423.jpg


最初は地形がよくわからないのでおっかなびっくりでしたが、
だんだんわかってくるにつれ、慣れてきました。

ここのパウダーは常に風にさらされているため、ウィンドパックされています。
だから硬めの締まり雪。
降雪してくる雪も、風のため結晶が粉々になったタイプの雪です。

R0011422.jpg
R0011420.jpg
R0011418.jpg


今日の風速は10m、気温はマイナス8度なので暖かく感じました。
(普段ここはものすごく低温でものすごい強風ゾーン)

3本目のリフトのそのパウダーゾーンと、
一番下のリフトの降りて右側のハシッコパウダーが面白かったです。

ウィンドパックとかウィンドクラストした雪にゲレンデで会えるのにはびっくり。
ウィンドクラストした雪にはコテンパンにやっつけられましたが、
いい勉強になりました。

足がもうありえないほど疲れて、午前中だけでノックアウト。

お昼をいただいて帰りました。


また近いうちにパウダー練習に来たいです。
春山のオフピステツアーも面白そうだし、夏山にも行きたい!
ってことで、もしかしてまた通う先が出来ちゃったかな?(^^)

3番目のリフト降りたところにあった看板。
相当気象条件が厳しいのはよくわかりました。
先日の奇跡の生還(12日間彷徨した遭難)を思い出しました。
R0011419.jpg






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント