2005/10/16

快晴の谷川岳(3)

10時56分 肩の小屋到着
肩の小屋の避難小屋は新築なのか、すごくきれいで、あそこなら泊まってみたいと思いました。
泊まった人は結構多かったようで、降りてくる人たちが口々に絶賛してました。
自分へのお土産にバッジを買ってすぐにトマの耳に向かう。

小屋の万太郎山側には「谷川の鐘」があった。
DSC_1214.jpg


トマの耳直前から肩の小屋を振り返る
DSC_1224.jpg


11時10分トマの耳 到着
トマの耳のほうがオキの耳より3m標高が低い。
DSC_1225.jpg

ここまで登り 計02:16 (参考コースタイム2:50)

トマの耳は立錐の余地がないほど混んでたので、オキの耳に向かう。

トマから見るオキの耳
DSC_1226.jpg


が、オキのほうも混んでて自分が滑落しそうだったので^^;、間のコルで座りこんで昼食とする。(11:20)
実は右足が攣ってたので、靴まで脱いで熊のように足を投げ出してマチガ沢の絶壁を見下ろしながらゴハンを食べた。(笑)

トマの耳、いい感じで切り立ってるわぁ♪
sumDSC_1230.jpg


そこから伸びるのが西黒尾根。
DSC_1231.jpg

ぜひ今度登ってみたい。ものすっごい急みたいだけど。^^;

オキの耳からは東尾根が一直線に一ノ倉に向かって降りてる。
DSC_1253.jpg


オキの耳から一ノ倉岳、茂倉岳と続く稜線がとてもきれい。
DSC_1229.jpg



反対側のトマの耳から万太郎山、平標と続く主稜線もめっちゃきれいで、ほんとに雲上の極楽を味わいました。
DSC_1228.jpg


(4)につづく
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント