2007/07/13

雨の山歩き

3連休の山のために、どうしても事前トレが必要で、
雨の予報の中、奥多摩は三頭山まで出かけてきました。
予報では「関東地方は早いところでは昼頃から雨、夕方には土砂降り」
となっていたので、じゃあ午前中ならなんとかなる!ということで。

雨なのはわかっていたので、クルマで出かけました。
中央道の上野原で降りて峠を越えて都民の森へ。
(都内の渋滞だのなんだので到着が昼前になってましたが。^^;)

駐車場の標高が1000m弱。
山頂が1531m。
累積標高差は550mぐらい。
コースタイムは2時間ちょっと。
誰でも登れるハイキングルートですが、
雨の時はこういう場所じゃないと気が滅入るので。(笑)

11時27分スタート。
歩き始めて30分で雨がポツポツ。(はやっ!)
しかし深い森なので雨は木の葉がさえぎってくれ、
山頂で雨具を出して着替えるまでは雨具もなしで歩きました。
蒸し暑いので、冷たい雨が体を適度に冷やしてくれてちょうどよい感じ。
(この、雨具に着替えるタイミングが難しいということを、
昨年10月の涸沢で体験しました)

ギンリョウソウ(けっこうあちこちに咲いてました)
2sumP1010614.jpg


山アジサイ
2sumP1010620.jpg


鞘口峠
2sumP1010622.jpg



12:37 山頂直下の展望台着。
2sumP1010624.jpg

雨量が増えたのと、雨を冷たく感じ始めたので、雨具装着。
この雨具も昨年10月以来(靴も)だなぁ。

12:46 東峰到着。

2sumP1010625.jpg

となりの中央峰に向かおうとしたところ、
先ほどから空耳のように聞こえていたイヤな予感が、やはり的中。
それは、雷の音でした。
比較的に近くで落雷の音がしたのです。

うぎゃー。。。

昨年、この近くの山で、登山者が落雷で亡くなったのを記憶しています。
その方はカーボンのストックを持っていて、
カーボンは電気の伝導性がすごくよいので云々、、と、
当時、はじめて知ったのでした。

で、そのカーボンストック、私も持って登っており、
雷は一気に40kmも飛んでくるというし、
あと200mで中央峰というところだったのですが、
一目散に引き返すことに。

そしてそこからは土砂降りの中のトレランで一気に下山。

2sumP1010626.jpg


雨の中、森の中を走るのってすごく楽しかった!
(何箇所かで足滑らせそうになったり、
蛙を踏みつけそうになったりしたけど。^^;)

2sumP1010627.jpg



2sumP1010628.jpg


なんだかいろんな散策道に入り込んで遠回りしてしまったのだけど、
13:37、無事駐車場に戻り、数馬の湯で一風呂浴びて戻ってきました。

駐車場。さすがに誰も居ません。
2sumP1010629.jpg


雨で登るのは嫌いだし、普段はやらないのですが、
今日はなぜか楽しかったです。
最初から雨だと覚悟していったせいなのかな。
それともぶなの森だったからかもしれません。
久しぶりに本当にリラックスして歩けました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント