--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005/09/21

伊豆ヶ岳から子の権現

今日はあさっての富士登山のトレのため、近場の伊豆ヶ岳に行きました。
天気予報では降らないと思う、でも山沿いはにわか雨かもなんて言ってましたが、夕方、土砂降りにやられました。・゚・(つД`)・゚・

いろいろあって出るのが遅れ、昼前に正丸駅到着。
そこから伊豆ヶ岳を目指しますが、麓にはマンジュシャゲが咲いていました。
sumP1030855.jpg


ちょうど西武線秩父線は今、高麗の駅で巾着田のマンジュシャゲ祭りをやってて、25日が見ごろらしい。


麓の道の植物にはこんなかわいい水滴がびっしり。

sumP1030856.jpg


ちなみにこれを撮ったらもうデジカメは電池が切れてしまいました。・゚・(つД`)・゚・

さて、麓を順調に歩いてきて、いよいよ山道にさしかかり、沢沿いの道を左に入ったところで、いきなりルートをロストしますた。(;´Д`)
小さな枝尾根に早く登りすぎたようなのですが、目印と踏み跡があるからいいやってことでそのまま登って沢から登ってきた本線に合流しました。しかしこれはかなりきつい登りでちょっとバテた。タイムもかなりロス。

そのあとは順調に伊豆ヶ岳のふもとまで。
いったんは女坂に入りますが、某さんの「伊豆ヶ岳は低いのに面白い」というセリフを思い出し、これは男坂のことを言ってるんだろうと推量するわけです。事故が起きてもオウンリスクですよという警告看板の前を進み、とりつきからちょっと登ってみた。
ん、これは楽しい。イケそう。ということでグイグイ登る。

が、ここでアクシデントが。
いえ、落石ではなく、霧雨で表面が濡れてる岩で、靴底がつるっといきました。(;´Д`)
もちろんきちんとホールドしてるんで、そのまま落ちるということはなかったんだけど、そのときに下を見てしまった。・゚・(つД`)・゚・
忘れていた高所恐怖症が爆発的に蘇ってしまいました。

ふと気づくと、鎖につかまったまま岩の真ん中で身動きできない蝉になった私がいました。(自爆)
体を岩から離せ、大丈夫だから、と自分に言い聞かせるのだけど、体はまったく言うことをきかず、これはこのままだとどうしようもなくなるなぁということで撤退を考えますた。
しかーし。かなり登ってきてしまったのでもう降りるのは難しい。・゚・(つД`)・゚・
かといってもう登る意欲はなくなってるので、右のほうへトラバースして岩場から離脱することにしました。
みな同じことを考えるのか、岩場の下のヤブの中に人の通ったような跡があり、それを辿ってヤブコギをして無事に女坂まで下りることができました。
激しく凹み、タイムロスもあってさらに凹みました。_| ̄|○

山頂に到着。
sumF1000020.jpg



霧で景色も見えないし、デジカメは電池切れだし、携帯も電池切れになりそう(;´Д`)なので、写真は最小限しか撮らずにお昼ごはんを食べて去ります。このあたりから霧雨が強くなり、雨合羽の上着のみ着る。

伊豆ヶ岳から天目指峠までに1人だけ登山者とすれ違いました。
さすが平日、ガラガラです。雨だしなあ。
で、問題は天目指峠から先。
ガイドブックを読んだ感じではすぐに子の権現につきそうな感じだったので、それを信じていたらとんでもない。(;´Д`)
結構意なアップダウンが続きます。これは痛い。体力的にはもう使い果たしてしまってるし、残りは下りだけだぁって信じてたので、登りがあるとかなり萎える。(笑)

もうこれ以上は絶対ヤだってところで、やっと子の権現に到着。
境内をお参りしてお土産も買って、そして帰途につきます。

最後、沢沿いの登山道が林道に変わり、それがアスファルトに変わった場所があり、やっとこれで薄暗い森林から出られると喜んだのもつかの間、そこは一面うっすらとコケが生えてる、うっすら緑色のアスファルなんです。これがもう、足を1歩乗せるだけでツツーっとすべるんですな。まるでアイスバーンや青氷に乗ったみたいに靴がすべる。1歩踏み出すごとにスーっとすべる、あわてて片側の足で踏みなおすとそいつもツーっとすべる、、という具合。めっちゃくちゃ怖いです。

ここを歩いて降りるとなると、もう尻スキーしかない、いや、スノボーみたいに横向きに滑って降りるか、などと考えていた矢先、立て続けに3回、それも後ろ向きにこけました。_| ̄|○  もしもザックを背負ってなかったら後頭部強打で逝っちゃってたかも。(;´Д`)

なんとかかんとかここを離脱すると、もうあとは麓の村です。
しかし途中から大雨が降ってきました。・゚・(つД`)・゚・
今思うとその場で雨具のズボンを着用すればよかったのに、駅が近いからとサボったので、途中本降りになってからズボンを履くまでにかなり濡れちゃいました。(´・ω・`)

そしてやっと国道沿いの道に出て、半べそで歩いてやっと吾野駅に到着し着替えて電車に乗りましたが、体がすっかり冷えてしまい、風邪をひきそうになりました。(;´Д`)
自宅に戻ってお風呂に飛び込んだのは言うまでもありません。

距離14.5キロ、累積標高差890mだったらしい。
タイムは下りで盛り返し、なんとかヤマケイ標準タイムを死守。
うぅ、かなり疲れますた。。。
それにしても、男坂のない伊豆ヶ岳なんて。。(自爆)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。