2017/03/18

【雪】小出俣山~阿能川岳

3月18日(土)
「今シーズンの雪山はこれで最後だからガッツリ行きたい」というgちゃんのリクにお応えして、昨年隊長とトライして敗退した阿能川岳に行くことにしました。とはいえ、昨年あまりにもアップダウンの往復が辛かったので、隣の小出俣山と組み合わせて、周遊ルートで。累積標高差も歩行距離も伸びますが、アップダウンよりはマシw

入山地点と下山地点が5km位離れているため、普通は車2台で行くそうですが、1台しかないので、自転車と那智2号(キックスケーター)を下山地点にデポ。今回も標高差を調べて、標高が高いほうを下山地点にしました。

最近は朝の関越が大渋滞して予定が狂うことが多いため、前夜中にうちに来てもらい、仮眠してからの、いつもより早い出発にして渋滞を回避。お天気にも恵まれ、先行者のラッセルにも助けられ、無事にミッションコンプリートできました♡

累積標高差約1,300m、距離14km、時間10時間。
たっぷり使い切った久々の充実感。今シーズンの雪山を締めくくるとても良い1日でした。
ご一緒していただいたgちゃん、ありがとう♡

おいずまた1
おいずまた2
おいずまた3
スポンサーサイト
2017/03/13

【道具】山で使うマスク

花粉症ではないのですが、重度の寒冷アレルギーです。
自分の場合、左の鼻に冷たい空気が入った場合(なぜか片鼻のみ)と、
太腿が冷えた時に、突如として発作が起き、ずっと続きます。
発作の内容としては、シャックリのように延々と続くクシャミと止まらない鼻水で、
鼻水の滝を放置すると、鼻から足元まで繋がる滝になります。(;・∀・)
ティッシュなどで対処できる量ではないので、鼻水専用のタオルやらハンカチを持って行きます。
私の場合はマイナス5度位が発症ラインで、下山するなどして気温が上がると止まります。

というわけで、冬場はマスクが必要です。
しかし、マスクすると呼吸がしんどいし、マスク内にこもった蒸気で顔が濡れるし、
寒いとそれが凍りつく、おまけにサングラスしてると曇って何も見えない、、、
ので、鼻に綿球を詰めて登るなどということもしていました。(;・∀・)

しかし、先日、良いマスクを見つけました。



アマゾンのレビューだと、黄色は黄ばむというので、黒(グレー)にしましたが、
バラクラバも黒なので違和感ないです。↓
aDSCN3867.jpg

レビュー通り、呼吸もラクで、空気がよく通ります。
ので、マスクや顔が呼気でビチョビチョになるということはないです。
花粉症のランナーや登山者にはお勧めかと。

袋を開けた時にちょっと石油製品臭がするので、使う1日前に袋から出して、
さらに私はローズマリーなどのアロマオイルを垂らして使っています。
サイズは小柄な女性はSのほうが良さそうです。
(洗って何度か使えるのですが、何度か使うと伸びてくるため。)
2017/03/11

【雪】鹿俣山~獅子ヶ鼻(途中敗退)

3月11日(土)
またもや関越が事故大渋滞で目的地を変更。(>_<)
沼田で降りて、たんばらスキーパークへ。
鹿俣山~獅子ヶ鼻へスノーシューで登ることにしました。
出発は10時20分と超遅い(;・∀・)
それでもリフト使ったら負けな気がして下から歩いて登ります。

途中、森の中でコンパスナビだの地形の読み方だの色々勉強会をしてしまい、
さらに、新雪が30cmほど積もっていて、思ったよりラッセルが大変だったので、
目的地の獅子ヶ鼻までは時間内に到達できず。(;・∀・)
またもや頂上直下130mで敗退しました。(;・∀・)

稜線上は風が強く、ガスもかかったりしてたけど、きれいに続く雪庇が見られて
、ラッセルのおかげで適度に疲労できて、なかなかの満足感でした。
この日はあれから6年目の日だったので、黙祷して帰りました。
また来年リベンジに行きたいと思います。

かのまた1
かのまた2
2017/03/05

【雪】甲子山~旭岳(途中敗退)

3月5日(日)
念願の那須へ。
今シーズン何度か計画するも、天候が悪くてのびのびに。
やっと行くことが出来ました。
今回は、2015年怪我人復活セッションです。

理由や時期は違えど、2015年中に足に重傷を負った3人が集まり、
また無事に登山出来るようになったことを祝いました。

甲子山へはハイキング程度なのですが、
そこから旭岳へは冬季限定のバリエーションルート。
結果、山頂の130m下の核心部分下にて敗退。
モナカ雪でピッケルもアイゼンも効かなくなってきた為、引き返しました。
私達より先に当日早朝登ってた地元の知人によれば、かなり状況が悪く、
下山は別ルートでスノーボラートによる懸垂下降を混ぜてのことだったらしい。
ということで、ロープは持ってたものの、ムリせず、また後日リベンジすることに。

kashi1.jpg
kashi2.jpg
kashi3.jpg


帰りは踏み抜き地獄を楽しみながらの?高速下山、からの、
時間が早かったので那須湯元まで移動して、
いつもの温泉で貸し切り入浴♡を楽しんで帰りました。(^^)v