2014/11/30

二十女沢

11月30日(日)

gちゃんと2人で二十女沢に行ってきました。
沢本には
「ヒルに守られた知られざる美渓」とありますが、
本当に今年一番の美渓でした!
紅葉がちょうど降り積もっていたせいか、
びっくりするほどの美渓で、
セラドナイトの緑色もあり、
見惚れて足の進みが遅くなりました。

しかし、核心部に入ると様相は一転します。
CT滝は私には結局リードできず
右側の尾根から巻きました。
続く2段滝の右側(左岸)巻きもそうですが、
巻きはかなり悪く、初級とは思えません。
(CT滝を巻いたら懸垂も必要です。)
3つめの滝の巻きは、沢本には悪いとありますが
意外にもしっかした踏み跡が崩れずに残っており
全然怖くありませんでした。

泥壁+落ち葉。これにつきます。
晩秋だと、景色はきれいだけど、
落ち葉(による滑り)が加わるので、
かなりスリリングな展開に。(;・∀・)

20141130二十女沢2
20141130二十女沢1


鍋嵐経由で北尾根を下りましたが、
紫のテープが下山口までしっかり誘導してくれたので
地図読みしなくても降りられる状態でした。
(実際には地図読みしながら降りたので、
紫のテープは後からの確認的に見てたのですが、
わりとそのあたり気を使ってテープを設置してるようで、
パッと見てはわからない場所に貼ってありましたw)

北尾根は地形図を見ただけではわからない、
すっかり痩せ細った尾根が続くので、
雨の後や今回みたいな落ち葉の時は、
足元注意が必要だと思いました。

二十女沢、ヒルが守っているだけあって、
本当に素晴らしく美しい沢でした。
これはぜひ毎年秋には来てみたいものだと思いました。(^^)
ご一緒していただいたgちゃん、有難うございました。(^^)

時間メモ
フェンス 07:12(林道行き過ぎ、引き返す)
林道から降下 8:20
入渓 8:25
トポの最初の滝到達 9:41
オオユナラノ沢分岐 9:59
3mCS 10:03
炭焼き窯跡 12:11 (大休止)
奇岩 13:03
鍋嵐13:38
林道 15:32
フェンス 15:41

※気づいた点などのメモ
1.湖畔の林道歩きでまっすぐ行き過ぎ、トンネルで気づいて戻った(;・∀・)
2.二十沢沿いの林道に入って最初の造成地域の人工の沢を下って沢床に降りた
3.そこからトポに登場する場所まで30分以上かかる。
  (沢中に産業廃棄物は多いものの美渓なので時間がある人にはお勧め。)
4.トポに出てない支沢が非常に多く地形図と磁石は重宝します。基本は水の多いほうへ。
5.トポの3mCSとあるのは、6mCS位ありました。靴はRSお勧め。巻きはあまりよくない。
6.この沢は全体的にRSお勧めです。(ブラシは持参のこと)
7.トポの3番8mは、右(左岸)から小さく巻こうとすると突然足元がなくなるので、中巻きの踏み跡を辿ったほうがよい。(泥壁でかなり悪いため、バイルかアイゼンがあったほうがいい)
8.トポの4番は意外にもしっかりした巻き道があり、足跡明瞭、崩れず安心でした。
9.トポの5番は、目視したところ、やはりトポ通り行くのが一番ラクそうでした。
10.下りは意外に両側切れ落ちてるので雨の後とか落ち葉の季節は要注意。
11.私達が降りた時は紫テープが下山まで完全なるルートを示していましたw

ビデオです。3分42秒。
スポンサーサイト
2014/11/24

原小屋沢

11月24日(月)

久しぶりに隊長との沢です。
原小屋沢(東丹沢)に行ってきました。
ここ東丹沢はヒルの巣窟。
気温の低い今ならヒルは居ません。

はらこや1


気温9.3℃、水温7.6℃。
釜はきれいだけどさすがに泳げないw
滝はシャワクラなら直登トライできそう。
でも、シャワクラできる温かい時期は
ヒルがウジャウジャいるらしい。
そのジレンマに悩む美渓でした。
下りも真剣地図読みで楽しかった。

はらこや2

隊長、今年も有難うございました。
来年もよろしくお願いいたします。(^^)

ビデオはこちら。(3分15秒)


以下、時間のメモ

0630 ダム待ち合わせ
0700 ゲート着
0730 出発
0835 入渓
1310 原小屋平着
1340 原小屋平発
1525 ゲート着

(CT/実際)
ゲート→入渓点 1:05/1:05
入渓点→原小屋平 04:30/04:35
原小屋平→ゲート 02:15/01:45

入渓前の沢支度や沢中の休憩を
行動時間に含めているので
タイム的にはまあこんなものかと。
2014/11/22

水根沢(奥多摩)

11月22日(土)
1か月ぶりに沢登ってきました。
師匠の知人で、まだ沢初心者だけど、
水ジャブ泳ぎの大好きな2人とご一緒。
先方の希望により奥多摩・水根沢へ。
(泳ぎ系の沢で真夏推奨の沢ですw)
お天気はドピーカンで、
紅葉が驚くほどきれいでした♪
3mmフルウェットを着てったのですが
まさかほんとに泳ぐハメになるとはww
お二人はウェットなんて持ってないのに、
ワァワァ言いながらも楽しく泳いでて、
ほんとにアホだなぁwww というか、
もしかしたら同好の志を得たのかもww

ちなみに気温は吐息が白くなる程度、
水温は7.6℃でしたw
20141122みずね

ビデオはこちら(2分53秒)
2014/11/09

みなかみBMFFと清掃ラフト

11月8日(土)
群馬のみなかみ町に
「バンフ・マウンテン・フィルム・フェスティバル」
を観に行ってきました。
午前7本、午後7本、合計4時間映画を見た結果、
自分の印象はこんな感じ。

一番楽しかった:Sufferfest
一番感銘を受けた:35
一番やりたい:Beyond the Drop

その後、温泉に入って、お世話になってる冒険小屋へ。
宴会ののち、初・宿泊。
何しろ普段みなかみの山ではテント泊か車中泊なので、
ゲストハウスとはいかなるものか理解しておらずw、
シュラフにマットに自炊道具を持参したら笑われました(;・∀・)
(よく考えてみたらそれは避難小屋宿泊の装備だろうww)
懐かしい方々にもお会いできてすっごく嬉しかったです。
1108バンフ

11月9日(日)
翌朝は、「ラフティングシーズンの最後、
今年のシメに今までお世話になった利根川を清掃しましょう」
という趣旨のイベントに参加。

清掃しながら川を流れ下る・・・これ以上私に合ったイベントはないでしょうw 
班分けして4艇に分かれて着岸してはゴミを拾い、
ラフトに載せ、また流れて着岸してはゴミを拾い、、、、
ものすごく楽しかったです。

が、私が乗るということは、結果は想像通りww 
本気出してやってしまうので皆にも雰囲気が伝染するのか、
わが艇はものすごいゴミの量ww 

舳が重すぎて浅いところでは座礁したり、
ゴミ回収に時間かかりすぎて他のラフトから遅れを取ったり。(;・∀・) 
あちこちゴミ見つけて積極的に回収に行ってたら、
ついに「突撃隊長」の呼び名を拝命しましたw

途中、立ち寄った谷川本谷は淵がものすごくきれいだったので、
ヘツって奥のほうへ行かせてもらいました。
もっと行きたかったけどここまでといわれ、夏のリベンジを決定。
水の綺麗さハンパなかった。Σ(゚Д゚)

ゴミ集めてると震災の瓦礫撤去思い出して熱中しちゃうし、
沢遡行してるとどんどん奥行きたくなるし、
ラフト乗ってると海まで乗って行きたくなるし、
紅葉はきれいだし、で、最高に楽しい1日でした♪ 
ご一緒させていただいた皆様有難うございました。\(^o^)/
清掃ラフト1

清掃ラフト2