2014/10/26

真名井沢

10月25~26日(土日)
真名井沢に行ってきました。
初・単独の沢でした。

土曜日に真名井、日曜日は別の沢にしようと
車中泊の予定で出かけましたが、
沢の帰りの林道でカメラを落としてしまい、
翌日それを回収するためにまた同じ沢へw

親切なバイク乗りのおかげで
無事にカメラを回収し、下山。
早めの帰宅でご機嫌にビールぷっしゅうなう、
20141025-6真名井沢

・・・のはずが、下山後の林道で
車のタイヤがパンクしてしまい、
ロードサービスを呼ぶはめに(;・∀・)
(「ビールの代わりにタイヤぷっしゅう」と言った友人。
悔しいけど座布団3枚!ww)

てなわけで、2日間盛りだくさん!
大変充実した沢となりました\(^o^)/

メモ:
1.二俣あとの核心6m直滝は、巻きは右側(左岸)から。
  二俣をいったん右俣に入り少し登ったところから明確な踏み跡がある。
2.その後の5m直滝。巻きは2ルートある。
  ・滝のすぐ右側をトラバースするルートはクライミング経験のある人じゃないとフリーは厳しい。
   かといってトラバース用の中間支点もとれないのでフリーで抜ける以外ない気がする。
  ・もう1つ、滝のずっと手前から右上の尾根に乗って大高巻きをするルートがある。
   途中まで行ったのだが、中途半端にトラバースに入ると危険だった。
   私は引き返してしまったが、思い切って右奥まで登ってから巻くようだ。
   踏み跡が途中から薄くなるので注意。
3.脱渓点はわかりやすい。2条の滝が終わってすぐ。植林帯に明確な踏み跡がある。
  ただしその後平たい広場のような所に出てから踏み跡はなくなるので、左側の尾根に取り付き登る。
  詰めあげた所に登山道がある。脱渓点から登山道まで20分位。
4.最初の堰堤4つはどれも明確な巻き道あり。


ビデオはこちら。(2分54秒)
スポンサーサイト
2014/10/12

源次郎沢

10月12日(日)
表丹沢の水無川支流の源次郎沢へ。

数年前に連れて行ってもらったことがあり、
お気楽な感じで臨んだのですが、、、

まずは入渓間違い(;・∀・) 
隣の沢(水無川本谷)行っちゃいました(;・∀・)
引き返して源次郎沢に入渓しなおし。

源次郎沢、数年前と違い、超荒れてました。
正直2度と行く気がしない位。

そして、トポと地形図が合わない
 =地形図と何度も読み合わせしたので時間食った
F6で私の判断ミスにより超時間食った
F10で時間食った

で、お決まりのヘッデン下山となりました(;・∀・)

20141012げんじろう

トポと実際の滝のナンバーがずれている件。
いまだかつてそういう「名称のずれ」はなかったため、
本を疑うということがありませんでした。Orz

帰宅してから数年前の遡行時の写真を見たところ、
その頃は滝のナンバーがトポと一致しており、
知らぬ間に滝の番号が1つ進んだようです。

トポなんて見なきゃいいって話ではあるのですが。
トポに書いてある支沢の流入とか滝マークとか、
バカ丁寧に追ってたので失敗いたしました。Orz

今年後半からのテーマは、自力で行きたい沢に行く、です。
そのためにはもっともっと鍛錬が必要ですね。Orz

ビデオはこちら(3分弱)
2014/10/11

本間沢

10月11日(土)
東丹沢の本間沢に行ってきました。
この地域はとてもヒルが多い為、
寒い時期しか行くことが出来ません。
20141011本間沢

しかし水温は10.5℃。
さすがに長時間のシャワクラは厳しく、
結局ヒヨってしまいました。汗
夏に大量の蛭を覚悟で武装して行くか
寒い時期にウェット着て行くか。
楽しそうな滝2本の直登をヒヨった事を
今さらのように後悔しておりますw

今回の主眼はtちゃんのスピードトレと
gちゃんのリーダートレでした。
色んな課題が出てきて盛り沢山な
中々良い1日になったと思います。
私も久々真剣に地図読みして楽しかった♪
お二人とも有難うございました。(^^)

2014/10/04

白毛門沢

10月4日(土)

10月4日(土)
白毛門沢(谷川岳)に行ってきました。
3年前に来たことがありますが、
すべてCLやSLにお任せのラクチン沢行でした。

今回は自分がCLで。
今年6月の沢での膝の怪我以来、
自信を失くしビビりになっていたのですが、
そろそろ感覚を戻さないと次に進めないから、
ということで、内心少し緊張しながら行ってきました。

同行メンバーのステップアップも目的ですが、
今回の同行者gちゃんは体力もあり運動神経も抜群なので
自分にとって負荷が少ないのも有難たかったです。

おかげさまで天候にも恵まれ、
無事に遡行し戻って来れました♪
gちゃん、いつもありがとう。<(_ _)>

以下、いくつか気づいたことを。

1.白毛門Pの湧き水が涸れていた。
  ので、指導センターまで行ったのですが、そこでも涸れていました。
  こんなの初めてでびっくりしました。
2.キシャヤスデ大発生の年らしく、ヤスデだらけだった。(;・∀・)
3.トウホクサンショウウオがいました。
4.3年前に比べると倒木が多く部分的に荒れた感じがしました。
5.水少な目、コケ多め。赤いコケ部分で何度か滑りました。(;・∀・)<M社アクアクリッパー
6.熊が居るようです。登山道の熊臭がハンパなかった。熊鈴お持ちください。
7.デジカメ拾いました。2010年8月に遡行された方が落とされた模様。(SD拝見しました)
  お心当たりの方、コメント欄にてご連絡下さい。
8.紅葉はちょうど当たりだったようで堪能しました。

メモ:今回のタイム。
出発8:41。山頂14:59。登り6時間18分。
うち先行P待ち数回や休憩で1時間以上は消費してるので、実質は5時間半位か。
下りは15:39発の17:47到着なので、2時間8分。
写真を撮ったりしてのんびり下ったけど意外に早く降りられた。

しらがもん2


帰りは、いつも谷川岳周辺に行く時に、
下山遅れじゃない場合には必ず寄る、
大大大好きな高月夫妻の冒険小屋へ。
アドフェス開催中だというのに、
ヒロちゃんと物凄く長く話してしまいました。
ヒロちゃん忙しい所ごめんね&有難う♪
gちゃん今回も待っててくれてありがとう。

期せずして紅葉も楽しめ、
とても充実した素敵な一日でした。(^^)

沢のビデオ(3分半)はこちら。